t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

天鳳5段奮闘記 #124 トップ目の立ち回り

 

6/28結果:1着1回

 

ラスを立て続けに引くことはあったものの、またトップも出始めて結局今月は勝ち越して終われそうです。あー、ちょっと安心した。

このままいければ、来月か再来月には6段に復帰できそうです。そこを目標に打っていきたいと思います。さて今日も自分を戒めるために反省していきますか。

 

 

東2局

f:id:cjr14137:20210629000313p:plain

対面が抜けたトップの局面。自分は親で、ピンフドラ1のリャンシャンテンの状態でリーチを受けました。

ただ、そこで引いてきたのが4p。リーチがなければ3面チャンに受けるんでしょうがさすがに5pは5-8pでアタるケースが結構あるので、2p切って4-7pに構えます。

1sも相当切りたくないところですが、テンパイすれば十分勝負になるのでテンパイなら切り飛ばす予定です。

ただし、巡目も遅いのであと2巡くらいでテンパイしなかったら、今度は自分のアガりが薄いので1sを切らずにオリるつもりでした。

 

f:id:cjr14137:20210629000317p:plain

そうこうしていると1sが重なり、安全牌の1mを打って回れるようになりました。

ただもうアガりは無さそうなので、上家からリーチの現物の4mとか打ってくれたらチーして形式テンパイを取るつもりです。

 

f:id:cjr14137:20210629000216p:plain

と思ったら次巡、4mを引いてきてテンパイ。

リーチを打つかはちょっと考えましたが、安全牌を切りながらリーチができ、一発やホウテイを考えるとマンガンの可能性もあるテンパイということで思い切ってリーチとしました。

4-7p待ちも自分の目から2枚しか見えていないので、山に1枚くらいはありそうと思っていてそれを高打点でとらえるためのリーチですね。

 

f:id:cjr14137:20210629000221p:plain

ラッキーなことにホウテイで7pをつかんでくれて、11600のアガりになりました。これでのちの展開が楽になります。

 

東2局2本場

f:id:cjr14137:20210629000227p:plain

もう1発マンガンクラスをアガり迎えた2本場。

自分の手はドラいっぱいですが、形式テンパイでアガれません。そこに持ってきた6m。

8mが4枚見えで3mが全員に通っているので、全員に対してまあまあ安全そうに見えますが、トップ目のアガれないテンパイからドラ打って、万が一のシャンポンや単騎すらアタるのがイヤやなあ、と思って一旦9pを打ちました。

9pを切ったのは6pが入ったときに出アガリの効くテンパイになるからです。でも普通にテンパイが大きいので6m切り飛ばしてよかったように思います。

今回は下家が6m単騎でしたけど、レアなパターンですからね。

南2局

f:id:cjr14137:20210629000238p:plain

トップ目で迎えた親番。

対面の2着目との点だがあまりないので、ここでもう一アガり欲しいところ。自分の手はピンフ形の好手です。

6ブロックで持っていたところから、三色やドラ引きを考えて67mターツを払っていきます。

ただこの辺りの牌は明らかに危険なので、2巡前の9sツモ切りのあたりで先に処理すべきでしたね。トップ目ですからもっと安全に行った方がいいです。

 

f:id:cjr14137:20210629000244p:plain

そのままイーシャンテンが続き、上家からドラの4mを切ってリーチ。

一発消しを兼ねてチーしてテンパイとしました。4pの片アガりですが5800で打点は十分です。チーせずにツモを見る手もありますが、さすがに巡目が遅いのでテンパイ優先です。

 

f:id:cjr14137:20210629000248p:plain

結局この手は下家が1pを切った後に、7pが通ったことで中スジになった4pを捉えるというラッキーでアガりきりました。これでいよいよトップが見えてきたかな?

南3局

f:id:cjr14137:20210629000253p:plain

次の局はトップ目の麻雀でひたすら我慢。

この手も形式テンパイで粘っていましたが、対面と上家の親に通っていない3mを持ってきてオリにまわりました。

 

f:id:cjr14137:20210629000258p:plain

 1本場でもそれは変わりません。自分は5200のテンパイなので、この8m押したいところですが、親が9mを途中で手出ししているのを見てやめました。

79mと持っているところから、6m引いて5-8m待ちになった可能性があると考えたからです。

この局はそうこうしている間に対面がダマのホンイツをツモって、ほぼこちらと横並びでオーラスを迎えることになりました。

南4局

f:id:cjr14137:20210629000303p:plain

トップとの差は400点。とにかく何でもいいからアガればトップです。

ただそこにラス目の上家からリーチが入ります。こいつをツモってくれれば、最低でもリーチツモの500-1000なので、親っかぶりでこちらがトップになれます。

もう上家に任せて、のんびり打とうかなという感じです。対面が振り込んでくれてもトップですしね。

 

 

f:id:cjr14137:20210629000308p:plain

 最終的にはリーチに対してオリていた牌が下家のラス回避のダマテンに刺さって終了。トップを取ることができました。

まとめ

この半荘は無茶する局面がまるで無いままトップを取ることができました。

こういう安全な勝ち方を増やせるようにすることが一番必要なことです。とにかく焦って打たないように、ちまちまと勝ちを積み重ねていきたいです。

 

それでは。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

 

他のオススメ記事はこちら!

top3776.hatenablog.com

 

天鳳6段奮闘記のまとめ記事はこちら!

top3776.hatenablog.com

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事