t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

どちらに行くか?チートイツとトイトイの使い分け!


トイツ手の基本となる2つの役。
それこそが「チートイツ」と「トイトイ」です。

2枚ずつそろえるチートイツ、3枚ずつそろえるトイトイ。
どちらも一長一短あり、上手く使い分けることが必要です。

本記事ではチートイツとトイトイのどちらに進むべきかの基準について解説させていただきたいと思います。

 

 

チートイツのメリット・デメリット

チートイツという役はメンゼンで進める役です。
このことがメリットにもデメリットにも効いてきます。

チートイツのメリットは守備力を持ちながら手を進められるところです。

チートイツという役はトイツを7組揃えて成立する役です。ということは通常の手組のように3~7のような真ん中の牌を持っておく必要がありません。

そういった牌は他の人も使いやすく、山に残っている可能性が低いです。
それよりも普段は使いにくい、1・9・字牌のほうがトイツにはしやすく、こちらを手の内に残していくことになります。

すると相手からリーチを受けても、それらの1・9・字牌を切っていくことで安全にオリやすいです。それらを2枚持っていて2巡しのげることも多いですから。

また、チートイツの性質上、鳴かずに手を進めるため、手牌が短くならないのもオリやすさにつながっています。



チートイツのメリットはもう一つあってハネマンを狙える役、ということです。
チートイツはメンゼンで進めるので、最強の役であるリーチと複合できます。

そしてチートイツの性質上、牌をトイツで持っているので裏ドラが乗るときは必ず2枚乗るのです。

リーチ・ツモ・チートイツ・裏裏…..これでハネマンです。
チートイツは守備力だけでなく、一撃必殺の攻撃力も兼ね備えた役なのです!



これだけ書くと、チートイツってスゴい役じゃん!と思うでしょうが、チートイツにもデメリットはあります。

1つめはトイツを7組作らないといけないので、テンパイへの受け入れが少ないことです。
メンツ手だったらリャンメン2つのイーシャンテンでも4種類16枚を待てます。

チートイツの場合、イーシャンテンからテンパイになるには3種類しか牌がなく、しかも自分が1枚持っているので、3種類9枚でしかテンパイしません
つまり通常の手に比べてかなりテンパイしづらいわけです。


また、テンパイしたとしても、絶対に単騎待ちにしかならず、アガり牌が最大でも3枚しかない、というところも苦しいところです。

普通のメンツ手であれば、ペンチャンやカンチャンといった愚形でも待ちは最大4枚、リャンメンなら最大8枚!この差は大きいです。

このため、先手を取っても相手に追いかけられたらキツいですし、逆に追っかけもかなりしづらいです。相手の勝負手にぶつけていくのは難しいですね。

 

トイトイのメリット・デメリット

トイトイのメリットはなんといっても鳴きが使えるというところです。
チートイツは受け入れも狭くて、メンゼンで進めないといけないので、なかなかテンパイまでたどり着けません。

しかし、トイトイは鳴いても成立し、しかも鳴いても翻数が変わりません
なので迷わず仕掛けていくことができます。

鳴いても2翻ある役であり、ドラや役牌などと複合することで高打点を作りやすい役です。また、鳴きながらの進行で相手に対してプレッシャーをかけることもできます。



ただその反面、デメリットは守備力が低いところです。
鳴いて仕掛けると手牌が短くなります。3回ポンして手牌が4枚なんてことも割とあります。

さらに通常のメンツ手などと違い、持っている牌の種類が少ないため、オリるのはなかなか難しいです。

全て仕掛けるだけではなくて、字牌のトイツを手牌に残しながら進行するなど、工夫が必要なところがあります。

チートイツとトイトイの使い分け

チートイツとトイトイの使い分けですが、まず基本はチートイツを狙うものと考えてください。

やはり、トイトイは守備が難しいです。また、仕掛けてアガりにいくというのは諸刃の剣で、上級者には手を読まれてしまいうまくいかないというケースもあります。

ではどういったケースならトイトイを狙っていくのか?その条件を考えていきます。


1.トイツの中に役牌がある

トイトイというのは鳴きを基本的に用いるもの。
チートイツと比較して、鳴きを使えるので速度は上がりますが、守備力の低下がデメリットです。

トイトイのみのアガりになってしまうと、2600で安いわりに守備力も低いという、あまり良くない状態になってしまいます。

では、その守備力の低下を何でカバーするかといえば攻撃力しかありません。
役牌を鳴いていければ、トイトイ+役牌で大抵5200以上。役牌が2種あればマンガンも見えます。
また、字牌はやはり他の牌に比べて圧倒的に鳴きやすい、というのも大きいです。

f:id:cjr14137:20211111131342p:plain

例えば、こんな手牌ならトイトイを狙ってもいいですね。役牌の白があって、他のトイツも鳴きやすそうなところ。

トイトイ以外に役をつけられるか?が大きな判断基準になります。


2.トイツが鳴きやすいものが多い

トイトイは鳴きが使えるといっても、やはり3~7牌は他の人が手牌で使い切ってしまうケースが多く、鳴けずに手が進まなくなってしまいます。

そういう3~7牌のトイツは多くても2組まで。3組以上ある場合はチートイツを狙った方が賢明でしょう。

f:id:cjr14137:20211111131229p:plain

こういう手牌なら下手に鳴かない方がいい、ということですね。

逆に、1・9・字牌のトイツが多ければトイトイに行きやすいです。

 


3.できれば仕掛け始める前に1暗刻欲しい

トイトイは鳴きが使える分、チートイツより揃えやすいとはいっても、やはり通常のメンツ手よりは遅いです。

ですからすでに暗刻が1つ手牌の中にあって、速度負けしなさそうなときにできれば仕掛けていきたいです。

f:id:cjr14137:20211111131457p:plain

だから一番トイトイにいきやすいのはこんな手牌。役牌あって、暗刻があって、しかも鳴きやすいトイツが多くて…。

このくらいよければさすがにトイトイにいくべきですが、それ以外ではチートイツでいいケースが多いです。



チートイツとトイトイの使い分けとしてはこんなところですね。

チートイツは守備力の高い役なので、やはり上級者同士の対戦になるとトイトイよりチートイツのほうが増えてきます

ただ、やはりトイトイの鳴けるというメリットは大きく、役牌などで打点が狙えるときは機敏に仕掛けていきたいです。

各個人の間でもチートイとトイトイは意見が分かれる部分です。
この記事を参考にしつつ自分なりの判断基準を作っていただければ最高だと思います。


それでは。


天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事