t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

Mリーグ2021 11月22日 試合結果 堀プロが個人2連勝!チームも5連勝でMリーグ記録に並ぶ!

第1試合の出場選手はこちら

東家:チーム雷電 本田朋広
南家:UーNEXTパイレーツ 朝倉康心
西家:セガサミーフェニックス 茅森早香
北家:KADOKAWAサクラナイツ 堀慎吾

東場の展開

東1局は茅森プロと朝倉プロの2人テンパイで流局という静かなスタート。

東2局1本場、茅森プロはドラの中と場風の東がトイツ、しかも赤5pまで持っているというチャンス手。

しかし、親番朝倉プロからピンフの先制リーチ。朝倉プロの宣言牌の6sを鳴いて手を進めるが次巡アタリ牌の1pを掴む。

さすがにマンガンまで見える手のため1pをプッシュ。朝倉プロの2900のアガりとなった。

東2局2本場も朝倉プロが4巡目に先制リーチと勢いそのままだが、今度はアガれず流局となる。

東2局3本場では堀プロが東をポンして、ドラドラ赤のマンガンをあっさりツモ。2000-4000のアガりとなった。

東3局、親番を迎えた茅森プロは三色ドラドラのカン6pテンパイをダマで構える。

タンヤオドラドラの好手が入っていた朝倉プロは終盤鳴いて手を進めていくが、出ていく牌がなんと6p。12000の放銃となった。

東3局1本場、親の茅森プロが先制リーチに行く。

しかし、直後に5mと白のシャンポンをダマでテンパイしていた堀プロが5mをツモ。1000-2000に供託1本つけたアガりとなった。

東4局は本田プロがイーペーコー赤の手をきっちり作りリーチ。そのままツモアガり2000-4000。南場へ向けて、トップに近づくアガりとなった。

これで1着から3着の3人は競った展開に。4着目の朝倉プロが13300点持ちの一人苦しい状況だ。

南場の展開

南1局は親の本田プロがリーチのみのリャンメンをツモり、1000オールで連荘。

続いての南1局1本場ではラスに沈んでいた朝倉プロが奮起。

ドラ赤を持ったカン4s待ちでリーチ!ラス牌の4sをツモアガり、2000-4000。
勝負の行方は分からなくなってきた。

南2局、堀プロの手牌に南が暗刻。
茅森プロが切った赤5mをチーしてすぐにマンガンのテンパイが入る。

これに放銃してしまったのが朝倉プロ。挽回したい親番だったがこれで苦しくなってしまった。

南3局は親番の茅森プロが5巡目にピンフ赤ドラの親マンリーチ。しかも369mの三面待ちというおまけ付きだ。

これに振込んだのがまたしても朝倉プロ。12000放銃で残り600点。ほぼラスが確定してしまった。

南3局1本場は堀プロの見せ場がくる。本田プロが5-8sでピンフの先制リーチ。

これに対して堀プロは5sを切ればピンフ赤1の147mテンパイというところから、なんと無スジの2mを切っていって放銃回避。素晴らしい守備力を発揮した。

直後に本田プロがツモアガり。700-1300のアガりとなった。

www.youtube.com

この動画の1時間10分あたりからそのシーンのことを振り返っているが、要するに

・自分はトップ目で本田プロに打ちたくない。
・5sは場に切れている2-5sや5-8sが多く、埋まっていない可能性が高い。
・5sがアタったとき、ドラ絡みで高くなるケースが多い。
・本田プロの1m手出しを見ると2mがアタる可能性は低い。

などの理由から2m切り。堀プロの読みの神髄が出た場面だった。


南4局は朝倉プロと本田プロのリーチがぶつかるが、なんとか朝倉プロが本田プロから8000をアガりきり、素点を回復した。

第1試合の結果はこちら

1位 サクラナイツ 堀慎吾     37800(+57.8pt)
2位 フェニックス 茅森早香 33400(+13.4pt)
3位 チーム雷電 本田朋広     20000(-20.0pt)
4位 パイレーツ 朝倉康心       8800(-51.2pt)

第1試合はサクラナイツ堀プロがアガり3回、放銃0回と巧みな守備でトップを獲得!
2着には親満2回と大きなアガりを決めた茅森プロが入った。

一方、朝倉プロは前回の対戦に引き続き連続でラスという結果になってしまった。


第2試合の出場選手はこちら

東家:KADOKAWAサクラナイツ 堀慎吾
南家:セガサミーフェニックス 東城りお
西家:チーム雷電 瀬戸熊直樹
北家:UーNEXTパイレーツ 瑞原明奈

東場の展開

東1局、東城プロがイーペーコー赤のテンパイ。

ドラのカン5s待ちをダマテンに受け、きっちり自力でツモアガり。2000-4000でまずはリードを奪う。

東2局、堀プロがピンフ赤1をテンパイするが、東城プロのドラポン仕掛けを警戒してリーチには行かずダマに取る。

その手をそのままツモアガり700-1300のアガりとなった。

東3局は親番の瀬戸熊プロと堀プロのリーチがぶつかりあうが流局。

迎えた1本場。またしても2人が手をぶつけ合う。
瀬戸熊プロは高目三色のピンフドラドラでリーチ。一方で堀プロはカン2mでの123の三色リーチ。

リャンメン対カンチャンだが軍配は堀プロ。リーチ三色の5200を瀬戸熊プロから直撃する。

続く東4局、手が入ったのは東城プロ。ピンフドラ1の手で先制リーチにいく。
しかし、直後に瀬戸熊プロもリーチドラ3のカン4sで追っかける。

だがまたしても放銃に回ったのは瀬戸熊プロ。東城プロに3900の放銃となり、持ち点は11400点となった。

南場の展開

南1局、親番の堀がトップ目の東城プロから軽く中ドラ1の3900を直撃。これでトップが入れ替わる。

南1局1本場、堀プロは勢いそのままに赤1枚を従えた147pの三面待ちリーチを敢行。安めの1pツモとなったが、それでも2000オールでさらに連荘。

南1局2本場、親の堀プロにもイーペーコードラ2のテンパイが入る。
ただ、フリテンの25m待ちのためリーチには行かず。

一方、瑞原プロは終盤に高目三色の25mリーチ。

25mの引き合いとなったが、流れそのままに2mを瑞原プロに引き勝ち、4000オールのアガりに仕上げる。これで5万点を超え、一気に独走状態だ。

南1局3本場、瑞原プロがピンフドラ1のリーチをかけ、そこに東城プロが放銃。
3900のアガりでようやく堀プロの親番が流れた。

南2局は全員ノーテンで流局。

続く南3局は堀プロがホンイツ赤1の3900テンパイを入れるも、なんとか親番の瀬戸熊プロがタンヤオのみで親権維持のアガり。望みをつなぐ。

南3局1本場、堀プロがタンピン赤赤をテンパイ。当然のダマテンに構える。

その後、東城プロからリーチ。堀プロはリーチの現物待ちとなったが、先に東城プロがツモ。1000-2000のアガりとなった。

南4局、親番の瑞原プロがドラ赤のイーペーコーをテンパイ。カン3p待ちでダマテンに取ると、そのままツモ。4000オールで2着目に浮上する。

南4局1本場、堀、瑞原、東城プロの3者がテンパイを入れるが、競り勝ったのは堀プロ。なんと3000-6000のアガりでさらにポイントをプラスした。

第2試合結果はこちら

1位 サクラナイツ 堀慎吾     61800(+81.8pt)
2位 パイレーツ 瑞原明奈     23000(+3.0pt)
3位 フェニックス 東城りお 17600(-22.4pt)
4位 チーム雷電 瀬戸熊直樹  -2200(-62.4pt) 

先日の内川プロに引き続き、堀プロも連投で連勝するという展開に。


これでなんとサクラナイツはMリーグ記録となるチーム5連勝。
4位以下のチームを大きく引き離す結果となった。

2着にはラス親でマンガンをツモりあげた瑞原プロが入った。



第1試合と第2試合の結果をまとめた本日の結果がこちら。

1.EX風林火山        +513.2pts
2.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +322.9pts
3.KADOKAWAサクラナイツ    +212.0pts
4.渋谷ABEMAS                           -75.7pts 
5.赤坂ドリブンズ            -75.8pts
6.セガサミーフェニックス        -229.3pts
7.U-NEXTパイレーツ                  -247.8pts
8. TEAM雷電                               -419.5pts

今日の試合で半数のチームがレギュラーシーズンの3分の1となる30試合を消化した。
成績を見ると、明らかに昨年の同時期と比べて上下のポイント差が激しい。

最下位の雷電は今日の瀬戸熊プロの4着でチームからプラスポイントの選手が消えるという事態だ。

1位のEX風林火山とチーム雷電では1000ポイント差に迫る勢い。もうすでに下位チームは正念場を迎えつつある。

このまま一方的な展開にならないことを祈るばかりである。

 



天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

 

前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com

top3776.hatenablog.com

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事