天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。麻雀勉強やMリーグの記事もありますので是非参考に。読者登録、twitterフォローお願いします。 twitter名:t-yoko

Mリーグ2021 12月2日 試合結果 佐々木寿人の三倍満!朝倉の8000オール!ド派手な試合が2試合連続

第1試合の出場選手はこちら

東家:UーNEXTパイレーツ 瑞原明奈
南家:セガサミーフェニックス 茅森早香
西家:EX風林火山 二階堂亜樹
北家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 佐々木寿人

東場の展開

東1局、佐々木がタンヤオ赤1のカン6sテンパイをダマに受ける。これを亜樹から出アガり、2600点とする。

東2局、瑞原にドラの中がトイツ。親番茅森がタンピンイーペーコー赤1のイーシャンテンから中を打ち出して、瑞原がポン。マンガンテンパイが入る。

しかし、親番茅森が速度を合わせて仕掛けを入れて、タンヤオ赤1でかわす。1000オールのアガりだ。

東2局1本場は流局。親が流れた。

続いて東3局2本場、茅森が仕掛けてチャンタのテンパイ。親番の亜樹も仕掛けてピンズのホンイツへ。

この仕掛けに茅森はオリに回るが、寿人は1枚切れの北を押してテンパイ。亜樹と寿人の2人流局となった。

東3局3本場、茅森がドラの中と役牌の東のダブルバックで仕掛ける。
しかし、親番の亜樹がフリテンターツを引き戻して親リーチ。

瑞原もテンパイしリーチといくが、亜樹の一発ツモ。4000オールに仕上げた。

次局の4本場、茅森が純チャン三色でリーチするが、亜樹がドラまで押してアガりに向かう。

これが実ってなんと赤5sのツモ!再びの4000オールで5万点超えのトップ目に浮上した。

5本場、寿人が6-9mで先制リーチ。その後、茅森、瑞原もリーチとなり三者のめくり合い。制したのは茅森。2600のアガりだが、5本場とリーチ棒2本で6100点の収入だ。

東4局、トップ目の亜樹がピンフドラドラをダマテン。茅森のリーチ宣言牌を捉えて3900のアガりとした。

南場の展開

南1局、親番瑞原が3巡目にリーチ!そのままツモって1300オールとする。

しかし、1本場では寿人がドラポンの仕掛け。これをツモって2000-4000のアガりで2着目に浮上する。

南2局、瑞原が中スジの4pでチートイツのリーチ。
しかし、寿人に超弩級のテンパイが入る。ドラの南を暗刻にした7m9m待ちのメンホンをリーチ。茅森もリーチに行くが、競り勝ったのは寿人。

f:id:cjr14137:20211202233656p:plain

9mツモで三暗刻がつき、なんと三倍満をツモ!6000-12000でトップ目の亜樹と2200点差に迫る。

南3局、親番亜樹が先制リーチも瑞原が追っかけリーチ。このめくり合いは瑞原が制し、亜樹から3900をアガる。

南4局、ラス親の寿人が発中をポンしてピンズのホンイツへ向かう。
茅森もマンズのホンイツでマンガンテンパイを入れるも、寿人が競り勝つ。

600オールをツモアガり、ホンイツコンサルタントの面目躍如。一気に勝負を決めた。

南4局1本場は茅森が着順アップのマンガンをツモアガりゲーム終了。

第1試合の結果はこちら

1位 格闘俱楽部 佐々木寿人 60200(+80.2pt)
2位 風林火山 二階堂亜樹     35500(+15.5pt)
3位 フェニックス 茅森早香   3900(-36.1pt)
4位 パイレーツ 瑞原明奈        400(-59.6pt)

ここまでやや調子の悪かった寿人が本日は大暴れ!三倍満のアガりからのトップ獲得。魔王復活を印象づけた。

ただそんな中でも風林火山は本当に強い。佐々木が暴れたこの半荘結局亜樹は2位に収まった。


第2試合の出場選手はこちら

東家:EX風林火山 二階堂瑠美
南家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 高宮まり
西家:セガサミーフェニックス 東城りお
北家:UーNEXTパイレーツ 朝倉康心

東場の展開

東1局、東城が高目一通の先制リーチ。

マンズのホンイツに向かっていた高宮が回りながらテンパり返すが、最終的には放銃。東城が8000のアガりを決める。

東2局、高宮の親番だが朝倉が白のみでさらっと流す。

東3局、高宮が1m単騎でチートイツのリーチ。瑠美が粘るも高宮がツモ。
1600-3200で点数を回復する。

東4局、親番朝倉が先制リーチも流局。だがここから朝倉のアガりラッシュ!
まずは1本場、リーチツモドラの2000オールをアガる。

2本場では高宮からハネマン18000を直撃。さらに3本場でリーチツモピンフドラ1の2600オールをツモアガり。一気にトップ目に躍り出た。

4本場は流局し、5本場。ここは東城が2000-4000をツモアガり。なんとか朝倉の親番を終わらせた。

南場の展開

南1局、トップ目の朝倉にまたもチャンス手。ピンフドラドラ赤をダマテンにし、親番の瑠美から打ち取りさらに8000を加点。

南2局、ラス目の親番である高宮。ここで点数を増やしたいところだったが東城がピンフ赤1をダマでさらっとアガり、親を流す。2着を盤石にしようという構えだろう。

南3局、朝倉がタンヤオドラ赤で仕掛ける。親の東城も追いつくが、そのまま朝倉がツモ。1000-2000で7万点を超える。

南4局、親番の朝倉がなんと4巡目にリーチ。瑠美が3-6mをダマで待つが、朝倉が高目3sを一発でツモアガり!

f:id:cjr14137:20211202234952p:plain

これを倍満に仕上げ、8000オールのアガり。

南4局1本場でも朝倉がホンイツでアガり、3200オール。10万点超えで先日の麻雀格闘倶楽部伊達の最高スコア記録が見えてきた。

南4局2本場、朝倉が先制リーチに行くも、瑠美がピンフドラ1をツモってゲーム終了となった。

第2試合結果はこちら

1位 パイレーツ 朝倉康心    102400(+122.4pt)
2位 フェニックス 東城りお 19600(-0.4pt)
3位 風林火山 二階堂瑠美     -1600(-41.6pt)
4位 格闘俱楽部 高宮まり   -20400(-80.4pt) 

なんと朝倉はアガり8回、放銃0回というパーフェクトゲームに近い内容。

麻雀格闘倶楽部 伊達の最高スコア記録更新とはならなかったものの、10万点超えのトップを記録した。

youtu.be
一方で高宮は前回試合に引き続いてのラスとなった。

朝倉の牌譜検討動画はこちら!

youtu.be



第1試合と第2試合の結果をまとめた本日の結果がこちら。

1.EX風林火山        +569.3pts
2.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +299.8pts
3.KADOKAWAサクラナイツ    +56.2pts
4.渋谷ABEMAS                            -15.4pts 
5.U-NEXTパイレーツ                  -50.5pts
6.セガサミーフェニックス        -139.4pts
7.赤坂ドリブンズ            -176.5pts
8. TEAM雷電                               -543.5pts

麻雀格闘倶楽部とパイレーツの2チームが暴れた結果、首位の風林火山のポイントが久々にそれなりの減衰を見せた。

パイレーツは朝倉の活躍で第1試合瑞原がラスだったものの、60ポイントほどプラスした。逆にフェニックスはポイントを減らし、2チームの順位が入れ替わる結果となった。
 


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!



前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com