天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 12月9日 試合結果 黒沢が個人3勝目!ABEMASは連続逆連対で4位に

f:id:cjr14137:20211209185428p:plain

多井隆晴プロのMリーグ同時視聴はこちら。

youtu.be

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

第1試合の出場選手はこちら

東家:渋谷ABEMAS 日向藍子
南家:セガサミーフェニックス 近藤誠一
西家:KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎
北家:チーム雷電 黒沢咲

東場の展開

東1局は黒沢の1人テンパイで流局。

東2局1本場、親番の近藤がドラをヘッドにしてのピンフリーチ。これをツモアガり、裏1枚でハネマンに仕上げる。

東2局2本場、またも近藤がペン3pで先制リーチ。ドラを暗刻にした内川が追っかけリーチにいくが、結果2人テンパイで流局。

東2局3本場、黒沢がドラ1枚を抱えて1sと中のシャンポンリーチ。ここに日向が4-7mで追いつきリーチ。しかし、日向が中をつかみ5200を放銃した。

東3局、親番内川がダブドラの赤5pを従えてのリーチ。高めの4sをツモアガり、リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ1・赤1の6000オールを引き上がる。これで一気に近藤に迫る。

東3局1本場、黒沢がチンイツのイーシャンテン。内川が警戒しつつもドラドラ赤赤のテンパイが入ったためリーチ。内川の1人テンパイで流局した。

東3局2本場、黒沢がドラ雀頭のカン3mテンパイを入れるも、2mを切ってテンパイを外す。しかし、次巡のツモがなんと3m。2-5mのフリテンリーチとした。

内川もペン7pで追いかけるが、黒沢が5mをツモ。裏1枚でハネマンとなりトップ目に立った。

東4局、内川にドラ暗刻の手が入る。そこに黒沢がドラ待ちカンチャンでのリーチ。
普通は黒沢が負けそうなものだが、ラス牌のドラをツモアガり。

「ドラ引きが特技」と常々言っている黒沢だがその本領発揮か。4000オールで一気に突き放した。

東4局1本場、内川のリーチイーペーコーに近藤が放銃。2600の移動で南入した。

南場の展開

南1局、黒沢と日向の2人テンパイで流局。

南1局1本場、日向が中を仕掛けてカン2sのテンパイ。そこに内川がドラ単騎のチートイツでリーチ。そこにさらに近藤がタンピンドラ1の2-5-8pで追いかける。
3者のめくり合いとなるが、結果3人テンパイで流局した。

南1局2本場、久々の黒沢の副露。7sポンから仕掛け、中ホンイツをツモ。1300-2600のアガりとなった。

南2局、日向がメンホンチートイドラドラという倍満確定のリーチ。内川も5-8sのリーチドラ1で追いつきリーチをかけるが2人テンパイで流局。親が流れた。

南3局、内川の700オールで連荘。次局の南3局1本場、近藤がソーズの仕掛け。
南単騎のテンパイからさらにソーズを引き入れ、1-4-7sのチンイツをテンパイ。

これをツモアガり3000-6000。オーラスにハネマンツモでトップになれる位置まで来た。

南4局、近藤がイーペーコードラ1のリーチ。ここに内川が放銃し、5200のアガりでゲームが終了した。

第1試合の結果はこちら

1位 チーム雷電 黒沢咲            48900(+68.9pt)
2位 フェニックス 近藤誠一     39200(+19.2pt)
3位 サクラナイツ 内川幸太郎 21600(-18.4pt)
4位 ABEMAS 日向藍子              -9700(-69.7pt)

黒沢が4回、近藤が3回、内川が3回のアガりという乱打戦を黒沢が制しトップを獲得。
これで個人3勝目をマークした。

日向は放銃1回だったが、他3者がアガるなかアガりが0回。ツモられまくってここまで点数を減らすというやや運のない展開でラスとなった。

サクラナイツ内川の感想戦はこちら!

youtu.be


第2試合の出場選手はこちら

東家:チーム雷電 本田朋広
南家:KADOKAWAサクラナイツ 沢崎誠
西家:渋谷ABEMAS 白鳥翔
北家:セガサミーフェニックス 茅森早香

東場の展開

東1局、白鳥がカン2mのイーペーコーをダマテンに構える。これを茅森から打ち取り1300のアガり。

東2局、茅森がリーチドラ1の先制リーチ。そこに親番の沢崎がタンヤオドラ1の手で追いつき、追っかけリーチ。茅森の一発目のツモは沢崎のアタリ牌。リーチ一発タンヤオドラドラで12000の放銃となった。

東2局1本場は沢崎の1人テンパイで流局。次局は茅森と沢崎が待たしてもリーチをぶつけ合うがこれまた2人テンパイで流局。

東2局3本場、茅森がまたしてもリーチ。そこに本田がリーチの現物2m待ちのタンヤオ赤1で対抗。沢崎から狙いの2mを打ち取り、2000点のアガりを決めた。

東3局、沢崎がメンタンピンの4-7mリーチ。そこに茅森も追いかけるが、リーチ宣言牌が4m。3900の放銃となった。

東4局、ラス目の親番茅森がまずはリーチツモで1000オールのツモアガりで連荘。

東4局1本場、本田がリーチピンフイーペーコードラ1でリーチ。しかし、そこに茅森が終盤追いつきリーチ。本田が一発でアガり牌をつかんでしまい7700の放銃となった。

東4局2本場、トップ目の沢崎がチートイドラドラの発単騎でリーチ。
ここに白鳥が放銃し、8000のアガり。沢崎がトップ目で南入した。

南場の展開

南1局、白鳥が2mポンからタンヤオドラ赤のテンパイ。そこに親番の本田が追いつきリーチ。結果は沢崎が白鳥に放銃し3900の失点となった。

南2局、親番の沢崎が先制リーチも1人テンパイで流局。次局では茅森が3巡目にピンフのリーチ。これを赤5sのツモアガりで決め、1300-2600のアガりとする。

南3局、またも茅森が先制リーチを放つが1人テンパイで流局。沢崎がトップ目でオーラスへ。

南4局、沢崎がピンフのテンパイをダマで待つ。そこに3着浮上のテンパイが入っていた本田が飛び込む。1000点のアガりでトップを決めた。

第2試合結果はこちら

1位 サクラナイツ 沢崎誠   45800(+65.8pt)
2位 フェニックス 茅森早香 24800(+4.8pt)
3位 ABEMAS 白鳥翔  16700(-23.3pt)
4位 チーム雷電 本田朋広 12700(-47.3pt) 

全員に放銃とアガりが生まれた半荘だったが、東場に大きなアガりを決めた沢崎がトップを獲得する結果となった。

2着には3回放銃したものの、アガりも3回決めた茅森が入った。


第1試合と第2試合の結果をまとめた本日の結果

1.EX風林火山        +469.5pts
2.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +325.7pts
3.KADOKAWAサクラナイツ    +83.9pts 
4.渋谷ABEMAS                            +1.2pts
5.U-NEXTパイレーツ                  -26.4pts
6.セガサミーフェニックス        -66.6pts
7.赤坂ドリブンズ            -250.9pts
8. TEAM雷電                               -536.4pts

ABEMASは2試合連続の逆連対となりポイントを減らした。
一方でサクラナイツは沢崎の個人5勝目もあり、ABEMASをかわして3位に浮上した。

他2チームもポイントを増やす結果となり、上下の差は縮まった。

サクラナイツの試合後メッセージはこちら!

youtu.be


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!



前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com