天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 12月14日 試合結果 ドリブンズ丸山が6万点超えのトップ獲得!

f:id:cjr14137:20211214192012p:plain

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

第1試合の出場選手はこちら

東家:セガサミーフェニックス 近藤誠一
南家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 佐々木寿人
西家:赤坂ドリブンズ 鈴木たろう
北家:チーム雷電 萩原聖人

東場の展開

東1局、萩原に配牌にドラで自風の北と、場風の東を持っているというチャンス手。
しかし先にテンパイしたのは近藤。白を2鳴きしてカン7mのテンパイ。

その後、萩原が東を仕掛ける。近藤はドラの北を引いてきた時点でオリに回り、萩原がテンパイを入れてそのままツモ。2000-4000のアガりでまずはリードを奪う。

東2局、前局の勢いそのままに萩原が自風の西を暗刻にしてドラ赤のリーチ。
自風の南を仕掛けていたたろうがテンパイを入れるも勝負した牌が萩原のアタリ牌。
8000の放銃で、萩原は2局連続のマンガンとなった。

東3局、親のたろうがカン3mのテンパイを外したところから、もう一度テンパイを作り346mでリーチ。その後、近藤がカン3sのメンホンテンパイを入れダマテンに。

さらに萩原にもテンパイが入るが、勝負した牌が近藤に放銃。5200のアガりとなった。

東4局、たろうがダブドラの赤5pを持った状態で白を仕掛ける。その後、近藤がダマテンを入れると、続いてたろうもテンパイで追いつく。これを近藤から打ち取り5200のアガりで南入した。

南場の展開

南1局、終盤に寿人がペン3m待ちの一通でリーチ。しかしこれは空振りに終わり1人テンパイで流局。

南2局1本場、親番寿人が3-6s待ちのピンフドラ1でリーチ。一方で近藤がソーズのホンイツで仕掛ける。たろうが打った字風の北をポンしてテンパイ。

近藤の待ちも3-6s。この同テンを制したのは近藤。2000-4000のツモアガりでトップの萩原を追う。

南3局、親のたろうがタンヤオ赤赤ドラのテンパイ。萩原、近藤はオリに回るが、寿人が南と白のシャンポンリーチで対抗。しかし結果は寿人とたろうの2人テンパイで流局。

南3局1本場はたろうの1人テンパイで流局して、2本場。近藤が白と南をポンして6-9sテンパイ。そこに萩原が放銃。3900の直撃で近藤がトップ目に。

南4局、近藤は発を仕掛けてテンパイを入れるも、ドラの5pを引きオリに回る。
たろうは4mをアンカンしテンパイ。カン6m待ちをダマテンに取る。

その後6mを引いてくるもアガらずに萩原の連荘を待つ。しかし、親番の萩原もテンパイを入れられず流局。たろうの1人テンパイとなった。

第1試合の結果はこちら

1位 フェニックス 近藤誠一 34300(+54.3pt)
2位 チーム雷電 萩原聖人 29900(+9.9pt)
3位 格闘俱楽部 佐々木寿人  18400(-21.6pt)
4位 ドリブンズ 鈴木たろう 17400(-42.6pt)

萩原はマンガンを2連続でアガるなど得点を稼ぐも悔しい2着。
南場でキッチリ萩原からの直撃を奪った近藤が嬉しいトップとなった。


第2試合の出場選手はこちら

東家:チーム雷電 黒沢咲
南家:赤坂ドリブンズ 丸山奏子
西家:セガサミーフェニックス 近藤誠一
北家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 滝沢和典

東場の展開

東1局は全員ノーテンの静かなスタート。

東2局1本場、親の丸山がカンチャン3つを埋めてのテンパイ。マンズで一通がある、赤5s単騎の仮テンに受ける。その後9mを引いて3-6-9mのリーチとした。

なんと丸山はもう1枚9mをツモってきて一通完成!6000オールでロケットスタートだ。

東2局2本場、丸山がダブ東をポンしてテンパイ。そこに滝沢がドラのペン3p待ちでリーチ。近藤も回りながらテンパイを入れるも、結果黒沢以外の3人がテンパイで流局した。

東2局3本場、黒沢がメンホンチートイのイーシャンテン。だが先にテンパイを入れたのは丸山。ドラも赤も自分の目から見えていないため、1-4mのピンフをダマテンに受ける。

近藤も中赤赤のカン4s待ちをテンパイしダマテンとした。その後、滝沢から4mが打ち出され丸山のアガり。1500だが連荘を続ける。

東2局4本場、丸山の1人テンパイで流局。続く5本場、近藤が東をポンしてマンズのホンイツへ。道中、ドラの白を重ねハネマンのテンパイとなる。

しかし、滝沢が4-7m、黒沢が5-8mで2軒リーチ。これに近藤は2pが打ち切れずにオリに回った。リーチのめくり合いを制したのは黒沢。滝沢から5mでアガり、8000点を加点した。

東3局、丸山がタンヤオ赤3イーペーコーをダマテン。さらに黒沢がドラの中を切り出しこちらもテンパイ。

この勝負は丸山の勝ち。黒沢の現物で打ち出した7sがそのまま丸山のアタリ牌。
8000放銃で滝沢はハコ下に沈んだ。

東4局、滝沢が南をポンしてソーズのホンイツに向かうと、ダブ東を暗刻にし親マンのテンパイ。

滝沢のホンイツに近藤が白を切りきれず、白単騎のテンパイとするが、それをそのままツモアガってしまう。近藤が1000-2000のツモで南入した。

南場の展開

南1局、滝沢がピンフドラ1のリーチ。ここに黒沢が8mで放銃。3900のアガりとなった。

南2局、黒沢が赤赤ピンフの先制リーチ。親番丸山はドラ3の手牌でプッシュ。
その後黒沢のアタリ牌を引き、テンパイ。カン2mでリーチをかけた。

2軒リーチとなったこの状況。自分が4m暗刻の滝沢がワンチャンスから2mを勝負し放銃。丸山が12000のアガりでトップを盤石にしていく。

南2局1本場は全員テンパイで流局。続く2本場、滝沢が高目純チャンのピンフ三色でリーチ。この高目を一発で引き入れ、4000-8000。なんとかハコ下から回復した。

南3局、黒沢がピンフでリーチ。これをあっさりツモり2着目に浮上してオーラスへ。

南4局は黒沢がチーしてタンヤオのテンパイを入れてアガりきる。黒沢にしては非常に珍しい鳴いてのタンヤオのみをアガりきり、2着キープで終了となった。

第2試合結果はこちら

1位 ドリブンズ 丸山奏子    60500(+80.5pt)
2位 チーム雷電 黒沢咲         20100(+0.1pt)
3位 フェニックス 近藤誠一 17100(-22.9pt)
4位 格闘俱楽部 滝沢和典       2300(-57.7pt) 

6000オールや12000と派手なアガりを見せた丸山が6万点を超えるトップを獲得!
2着には終盤でキッチリアガりを決めて逃げ切った黒沢が滑り込んだ。
連投で試合に臨んだ近藤は3着に終わった。


第1試合と第2試合の結果をまとめた本日の結果

1.EX風林火山        +394.1pts
2.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +246.8pts
3.U-NEXTパイレーツ                  +73.4pts 
4.渋谷ABEMAS                            +47.1pts
5.KADOKAWAサクラナイツ    +42.2pts
6.セガサミーフェニックス        -35.2pts
7.赤坂ドリブンズ            -242.0pts
8. TEAM雷電                               -526.4pts

本日は下位の3チームがポイントをプラスする結果となり、争いが面白くなりつつある。一方、2位の格闘倶楽部はポイントを減らし、1位の風林火山との差が広がった。

現状、雷電1チームだけが蚊帳の外に追いやられている感がある。なんとか頑張ってまずはドリブンズに追いついて欲しい。

ドリブンズ クラブハウスLIVE中継はこちら。

youtu.be


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!



前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com