t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 12月24日 試合結果 雷電黒沢がトップ獲得!下位2チームがポイントを増やす結果に

f:id:cjr14137:20211224170117p:plain

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

MリーグYouTube

サクラナイツパブリックビューイングはこちら。

youtu.be

ドリブンズLIVE中継はこちら。

youtu.be

第1試合の出場選手はこちら

東家:KADOKAWAサクラナイツ 岡田紗佳
南家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 高宮まり
西家:赤坂ドリブンズ 丸山奏子
北家:チーム雷電 黒沢咲

東場の展開

東1局、丸山が仕掛けてドラ赤のテンパイ。しかし、高宮が一通赤赤のペン3sをダマテン。これに捕まり丸山が高宮に8000放銃。

東2局、丸山が東を仕掛けてツモ。ドラ1で500-1000のアガり。

東3局、黒沢がピンフドラ1を6巡目にリーチ。これをツモって裏1枚で2000-4000のアガり。高宮をかわしてトップ目に立つ。

東4局、親番黒沢がダブ東をポン。黒沢が仕掛けたからには安いはずがない。ダブ東ドラドラをツモアガり、4000オールを決めてリードを広げる。

東4局1本場、自風の北が暗刻の岡田。仕掛けて4-7sのテンパイを入れると、メンタンピンのイーシャンテンから高宮が放銃。2600のアガりで南入した。

南場の展開

南1局、ラス目の丸山がピンフイーペーコー赤の先制リーチを打つと、すぐに黒沢が4-7mのリーチのみで追いかける。さらに終盤には高宮もリーチ。

3軒リーチとなったこの局。制したのは高宮。丸山から1mを打ちとり、2600のアガり。

南2局、親番高宮の手にドラの白がトイツ。終盤テンパイを取った岡田から白が打ち出され、高宮がポンテンに取る。その一方で黒沢もメンチンのテンパイを入れている。

ただここは高宮の勝ち。この手をツモりきって4000オール。わずかな差だがトップ目に立つ。

南2局1本場、親の高宮が東を暗刻にして、赤赤のカン4mテンパイをダマ。しかし、これがアガれずにいると、岡田がタンピンでリーチ。これに高宮が打ち込み3900の失点となった。

南3局、ラス目の親番丸山が喰いタンでテンパイを取るも、中盤に岡田がリーチしてツモアガり。1000-2000で親が流れる。

南4局、岡田が白暗刻、ドラトイツの手を仕掛けて進める。着順アップがほぼない丸山は素点回復で発ドラ赤のテンパイを入れる。

親番の黒沢もテンパイしドラを打ちだしてダマテン。このドラを岡田がポンするも、丸山が1000-2000をツモアガりゲーム終了。

第1試合の結果はこちら

1位 チーム雷電 黒沢咲       36500(+56.5pt)
2位 格闘俱楽部 高宮まり   33500(+13.5pt)
3位サクラナイツ 岡田紗佳 24600(-15.4pt)
4位ドリブンズ 丸山奏子       5400(-54.6pt)

最下位のチーム雷電。黒沢がトップを獲得し、上昇の兆しを見いだせるか。
2着には子でも親でもマンガンをアガった高宮が入った。


第2試合の出場選手はこちら

東家:チーム雷電 萩原聖人
南家:赤坂ドリブンズ 園田賢
西家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 伊達朱里紗
北家:KADOKAWAサクラナイツ 沢崎誠

東場の展開

東1局、タンヤオドラ赤のカン5mをダマテンにしていた沢崎。3m引きで2-5mのフリテンリーチを敢行。その一方、伊達がピンフイーペーコードラドラをダマテン。

しかし、この2人に園田が中を仕掛けて追いつく。勝負は園田が制し、沢崎から3900を打ち取った。

東2局、沢崎が中スジのカン6s待ちでテンパイ。1巡後にツモ切りリーチ。
ドラ3赤の伊達が喰いタンで仕掛け、6sを勝負。沢崎に5200の打ち込みとなった。

東3局、萩原が赤赤の手牌で白をスルー。メンゼンでテンパイを入れ、3面待ちのリーチ。しかし園田がフリテンの1-4sでテンパイし、これをツモって1000-2000。萩原のチャンス手を潰した。

東4局、萩原がドラの西を雀頭にしてリーチ。イーペーコーがつく高目9sをツモアガり、これを3000-6000のアガりに仕上げる。萩原がトップ目で南入した。

南場の展開

南1局、ラス目の伊達が4巡目に先制リーチ。そのままツモって500-1000のアガり。

南2局、親番園田が発をポンしてペン3mのテンパイ。伊達がピンフのテンパイを入れドラの1sを園田に勝負。これが通ったため、次巡にリーチ。これを終盤にツモり、裏1枚で1300-2600。

南3局、園田が自風の北を仕掛けて3副露でテンパイ。これをあっさり伊達から打ち取り2000点のアガり。

南4局、3着目の伊達は3着キープも辞さない構えで発ポンから仕掛けていく。しかし、伊達が打ち出したドラの中を園田がポン。早い段階でテンパイが入る。

伊達も攻めていくが園田のアタリ牌を掴み、放銃。ドラの中だけでなく赤赤を持っていた園田が12000のアガりでトップとなり終了。

第2試合結果はこちら

1位 ドリブンズ 園田賢      42800(+62.8pt)
2位 チーム雷電 萩原聖人   32700(+12.7pt)
3位 サクラナイツ 沢崎誠   16500(-23.5pt)
4位 格闘俱楽部 伊達朱里紗 8000(-52.0pt) 

ドリブンズ園田が、1戦目ラスとなった丸山のポイントを取り返すトップを獲得!
2着目にはハネマン1回のリードを守り切った萩原が入った。

ドリブンズ園田の検討配信はこちら。

youtu.be


第1試合と第2試合の結果をまとめた本日の結果

1.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +383.6pts
2.EX風林火山        +198.5pts
3.U-NEXTパイレーツ                  +53.6pts
4.渋谷ABEMAS                           +33.8pts
6.セガサミーフェニックス        +18.3pts
6.KADOKAWAサクラナイツ     +8.5pts
7.赤坂ドリブンズ            -184.1pts
8. TEAM雷電                               -512.2pts

最下位の雷電、7位のドリブンズがポイントをプラスする結果となり、展開としては面白くなりつつある。

今年の試合はまだ残っているため、そこでなんとか下位チームが巻き返すような結果になると、後半戦も面白くなってくる。特に雷電の躍進に期待したい。

サクラナイツ試合後メッセージはこちら。

youtu.be


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!



前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事