天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 2月7日 71日目試合結果 パイレーツが朝倉石橋の連続ラス

f:id:cjr14137:20220207213435p:plain

本記事ではMリーグ2021の試合結果をまとめていきます!

前日までの試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

YouTube配信 

KADOKAWAサクラナイツ

MリーグチームのYouTubeチャンネルについては以下の記事にまとめています。

前日までのポイント状況

1位:U-NEXTパイレーツ                 +406.2pts
2位:渋谷ABEMAS                           +180.9pts
3位:EX風林火山        +172.6pts
4位:KONAMI麻雀格闘倶楽部   +121.1pts 
5位:KADOKAWAサクラナイツ    +109.0pts
6位:セガサミーフェニックス        +36.9pts
7位:赤坂ドリブンズ            -116.3pts 
8位:TEAM雷電                               -930.6pts

残り20試合。ここからはチーム状況がより重要な局面に突入する。

雷電はとにかくトップを目指す。風林火山とサクラナイツはとにかく上を目指す。首位のパイレーツはどこまでポイントを伸ばせるか?

本日の出場チーム

KADOKAWAサクラナイツ
TEAM雷電
U-NEXTパイレーツ
EX風林火山

第1試合の出場選手

東家:岡田紗佳
南家:朝倉康心
西家:萩原聖人
北家:松ヶ瀬隆弥

全体の展開

東場の展開

東1局

萩原が先制リーチ。親番の岡田がカン4sを鳴いて喰いタンで対抗。
さらに朝倉が追いつくが、宣言牌が岡田のアガり牌。岡田が2900で連荘。

東1局1本場

松ヶ瀬が一通ドラ赤のカン5s待ちでテンパイしこれをダマテンに。朝倉も中盤に良形リーチ。

さらに岡田がタンヤオチートイツドラドラ赤の18000をテンパイ。この3者でめくり合うと、岡田が5sを掴む。これを押して松ヶ瀬が8000のアガり。

東2局

岡田がピンフのみのテンパイ。ドラの6sを引くと一通とドラで3翻アップのためダマテンに受ける。

そして狙いの6sを引き入れてハネマンを狙ってリーチ。しかし、これはアガれず岡田の1人テンパイで流局。

東3局1本場

松ヶ瀬がタンヤオドラ赤赤で仕掛け。1-4-7pの4-7pだけでアガれる形。

そこに萩原が高目一通のリーチ。だがリーチをかけた次の松ヶ瀬のツモが7p。2000-4000のアガり。

東4局

岡田が3枚目の1pを鳴いて三色のテンパイ。萩原が赤赤でリーチにいくが、その次のツモで岡田がアガり。500-1000のツモでまたも萩原の手がつぶされた。

南場の展開

南1局

松ヶ瀬がドラの4mを暗刻にして、喰いタンで仕掛けてのテンパイ。ここに岡田がカン4mでリーチ。

松ヶ瀬がオリればチャンスだったが、松ヶ瀬は危険牌を引かず。さらに朝倉がイーペーコーでリーチ。

3者の戦いとなったが、朝倉が松ヶ瀬のアタリ牌を掴み、8000。松ヶ瀬がリードを広げていく。

南2局

岡田が南とドラの8sの片アガりシャンポンテンパイ。トップ目の松ヶ瀬から南が出る展開を狙うと、8sをそのままツモアガり。2000-4000。

南3局

3着目の親番、萩原がフリテンだが先制リーチ。このリーチに3者がオリ。萩原の1人テンパイで流局。

南3局1本場

岡田がイーペーコー赤のカン5p待ちで先制リーチ。ラス目の朝倉がこれに押していき放銃。5200のアガりでハコ下まで沈む。

南4局

萩原がドラ単騎のチートイツでリーチ。これにトップ目の松ヶ瀬がテンパイから放銃。これが8000のアガりで順位は変わらず。松ヶ瀬が見事トップを獲得した。

第1試合の最終順位

1位:松ヶ瀬隆弥 +61.6
2位:岡田紗佳  +16.0
3位:萩原聖人  -15.6
4位:朝倉康心  -62.0

第2試合の出場選手

東家:黒沢咲
南家:二階堂亜樹
西家:堀慎吾
北家:石橋伸洋

全体の展開

東場の展開

東1局

石橋がドラ1のカン8sを先制リーチ。これを一発でツモって2000-4000でスタート。

東2局

亜樹が序盤にダブ東を仕掛けてテンパイ。これを堀からアガって2900で連荘。

東2局1本場

親番の亜樹が5sのドラ単騎をダマテンにすると、これをあっさりツモって4000オールでトップ目に。

東2局2本場

白ドラ3の堀とメンタンピンリーチの親の亜樹で戦う。同じ5-8pを引き合うと堀が5pをツモアガって2000-4000。

東3局

親番堀が白赤の手を仕掛けてテンパイ。これを石橋からアガって3900で連荘。

東3局1本場

トップ目の亜樹が1-4pのピンフでテンパイ。これをダマテンにすると黒沢からすぐにアガり、1000点。局を流していく。

東4局

親番の石橋がタンピン三色の親マンをテンパイしダマテン。だが堀が5-8mのピンフテンパイを入れるとこれを黒沢からアガり1000点。石橋のチャンスをつぶした。

南場の展開

南1局

序盤、全員の手がなかなか進まなかったが、終盤なだれ込むようにテンパイ。

親の黒沢が3-6pでリーチにいくと、堀も赤赤ドラのカン4sでドラを切り飛ばしてリーチ。

このドラを亜樹が鳴いてトイトイのテンパイ。さらに石橋がハイテイの1枚前に国士無双9s待ちテンパイ。

ハイテイは黒沢。引いてきたのは3p。ハイテイツモで2000オールで連荘。

南1局1本場

堀がメンタンピン赤で先制リーチ。亜樹が追いついてリーチを打つが、堀がその後すぐにツモ。2000-4000+亜樹の1000点を回収。

南2局

石橋が自風の西と白を鳴いて仕掛ける。最終的にドラ単騎のテンパイ。

親番の亜樹も仕掛けを見ながら、喰いタンでテンパイを入れる。さらに堀がテンパイ。

6-9sにしたいところだが、9s手出しの石橋にドラの8sは切れず、7sと発のシャンポンでリーチ。

そして石橋が5mを押して亜樹のアガり。2900で連荘した。

南2局1本場

ラス目の黒沢がドラ1のカン5sで先制リーチ。他は対応を迫られるが、堀が上手く回って3-6sのテンパイ。

これをツモって500-1000。トップ目の堀が上手く局消化した。

南3局

石橋がドラの6pを切ってタンヤオのフリテンリーチ。これで親の堀を降ろして、1人テンパイで流局。

南4局

亜樹がチートイツの発単騎でリーチ。これをツモか堀から直撃ならトップ。

しかし、黒沢が追いつきタンヤオ三色ドラ赤のカン4pで追っかけリーチ。これを亜樹から直撃なら2着まで上がる。

石橋と堀はオリ。2人のめくり合いは亜樹が勝利。最後のツモ番で発をツモアガり、裏2枚で3000-6000。これで亜樹がトップを獲得!

第2試合の最終順位

1位:二階堂亜樹 +65.3
2位:堀慎吾   +15.0
3位:石橋伸洋  -28.9
4位:黒沢咲   -51.4

2試合の合計ポイント

KADOKAWAサクラナイツ +31.0
TEAM雷電        -67.0
U-NEXTパイレーツ    -90.9
EX風林火山        +126.9

チーム順位

1位:U-NEXTパイレーツ                 +315.3pts
2位:EX風林火山        +299.5pts
3位:渋谷ABEMAS                           +180.9pts
4位:KADOKAWAサクラナイツ    +140.0pts
5位:KONAMI麻雀格闘倶楽部   +121.1pts
6位:セガサミーフェニックス        +36.9pts
7位:赤坂ドリブンズ            -116.3pts 
8位:TEAM雷電                               -997.6pts

雷電は-1000ポイントが現実的に見えてきた。これを捲るのはさすがに難しいだろう。ということはあとはセミファイナル争いがどうなるか。

今日は首位のパイレーツがポイントを減らすのみ。風林火山が一歩リードして、3位~7位のチームでの争いと言ったところだろうか。

Mリーガー紹介記事

Mリーガーの紹介記事をまとめています。Mリーグを見て、興味を持っていただいた方はこちらもぜひご覧いただければと思います。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!