天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 10月7日 3日目試合結果 本田のトップで雷電がチーム3連勝

f:id:cjr14137:20220219220641p:plain

本記事ではMリーグ2021の試合結果をまとめていきます!

前日までの試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

前日までのポイント状況

1位:TEAM雷電                               +109.0pts
2位:渋谷ABEMAS                           +68.5pts
3位:赤坂ドリブンズ            +43.5pts 
4位:U-NEXTパイレーツ                 -2.5pts
5位:KONAMI麻雀格闘倶楽部   -29.4pts
6位:EX風林火山        -44.3pts
7位:KADOKAWAサクラナイツ    -67.7pts
8位:セガサミーフェニックス        -77.1pts

本日の出場チーム

TEAM雷電 
赤坂ドリブンズ 
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス

YouTube配信

赤坂ドリブンズ

第1試合の出場選手

東家:本田朋広
南家:村上淳
西家:白鳥翔
北家:近藤誠一

全体の展開

東場の展開

東1局は白鳥が先制リ-チも1人テンパイで流局。

だが東2局1本場、白鳥がまたも先制リーチ。今度はツモアガって3000-6000で一歩抜け出す。

東3局は親の白鳥以外の3人がテンパイでこれまた流局。白鳥以外のアガりが出ないまま局が進む。

東4局1本場、村上がピンフドラ1の先制リ-チ。だが終盤に本田が追いつきリーチにいくと、これをツモって1000-2000。本田が2着目に浮上して南入した。

南場の展開

南1局、親番の本田がテンパイ。一旦ダマに受けた後、リャンメンに変化してリーチとした。これに村上もドラ単騎のチートイツで追っかけリーチ。

2人のめくり合いとなったが、勝ったのは本田。6000オールのツモアガりで一気にトップ目に立つ。

南1局1本場は村上が先制リ-チも1人テンパイで流局。

南2局2本場、親の村上がリーチにいくも、近藤が500-1000をツモアガりこれをかわす。

南3局、近藤が先制リーチ。しかしこれに親の白鳥が追っかけ、そのまま近藤から5800を打ち取る。

南3局1本場、本田が役牌を仕掛けて3900を村上からアガり、2着目の白鳥との差を広げてオーラスへ。

南4局、ラス親の近藤が仕掛けてテンパイ。だが村上もリーチでこれに対抗。結果、村上が1000-2000をツモ。村上は今度をかわして3着に浮上。本田がトップを獲得した。

第1試合の最終順位

1位:本田朋広 47400(+67.4)
2位:白鳥翔  34000(+14.0)
3位:村上淳  10600(-29.4)
4位:近藤誠一   8000(-52.0)

第2試合の出場選手

東家:魚谷侑未
南家:多井隆晴
西家:園田賢
北家:瀬戸熊直樹

全体の展開

東場の展開

東1局、中盤に瀬戸熊が先制リーチ。これに魚谷も押していき、終盤に追っかけリーチ。さらに園田もリーチで3軒リーチとなる。

このめくり合いは園田が制する。魚谷から3900をアガり、軽くリード。

東2局、親の多井の1人テンパイで流局。東2局1本場、多井が先制リーチ。これに下家の園田が多井のツモ切りの牌を鳴いて回っていく。

結果、園田が多井から3900のアガり。多井のチャンス手をかわしてきっちりアガりをモノにした。

東3局、魚谷が4巡目に先制リーチ。これに瀬戸熊が放銃し2600。

東4局では園田が500-1000のツモアガり。園田がトップ目のまま南入した。

南場の展開

南1局、親の魚谷が先制リーチ。園田から7700を直撃し、一気に点差を縮める。

南1局1本場、園田が多井から1000点のアガり。魚谷の親番が流れる。

南2局、魚谷がチートイドラドラをダマでテンパイ。親の多井が高目三色のリーチも、魚谷が先にツモアガり2000-4000。魚谷がトップ目に躍り出た。

南3局、多井が先制リーチ。親の園田もメンチンを張るが、多井がそのままツモアガって1300-2600。

南4局は魚谷がピンフの3面待ちで瀬戸熊のテンパイに押し切り400-700。魚谷がトップを獲得した。

第2試合の最終順位

1位:魚谷侑未  38100(+58.1)
2位:園田賢   26700(+6.7)
3位:多井隆晴  19800(-20.2)
4位:瀬戸熊直樹 15400(-44.6)

2試合の合計ポイント

TEAM雷電                      +22.8
赤坂ドリブンズ               -22.7
渋谷ABEMAS                     -6.2
セガサミーフェニックス +6.1

チーム順位

1位:TEAM雷電                             +131.8pts
2位:渋谷ABEMAS                           +62.3pts
3位:赤坂ドリブンズ            +20.8pts 
4位:U-NEXTパイレーツ                   -2.5pts
5位:KONAMI麻雀格闘倶楽部   -29.4pts
6位:EX風林火山        -44.3pts
7位:KADOKAWAサクラナイツ    -67.7pts
8位:セガサミーフェニックス        -71.0pts

Mリーガー紹介記事

Mリーガーの紹介記事をまとめています。Mリーグを見て、興味を持っていただいた方はこちらもぜひご覧いただければと思います。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!