天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。麻雀勉強やMリーグの記事もありますので是非参考に。読者登録、twitterフォローお願いします。 twitter名:t-yoko

雀魂3周年記念大会「雀魂感謝杯3rd」4月23日18:00から開催!情報をまとめます。

オンライン麻雀ゲーム「雀魂」は今年で3周年を迎えます。

来る4月23日に3周年記念大会となる「雀魂感謝杯3rd」が開催されることとなりました。

本記事では大会のルールや出場者などについてまとめていきます。

情報が更新されるにつれ、本記事も更新していきますのでよろしくお願いします。

大会ルール

3周年記念ということで、三人麻雀の大会を開催。

基本ルール

・各チーム3名で先鋒・中堅・大将を決め、各2半荘戦う

・全チーム10万点持ちスタートで点数引き継ぎ制

・最終持ち点が最も高いチームが優勝

詳細

・ツモ損あり、トビなし

・2m~8mを抜く

・北は抜きドラ

・アガりやめ、テンパイやめなし

・3周年大会にちなんだボーナス役、役満賞がある
  三暗刻:+3000点
  小三元:+5000点
  三色同刻、三槓子、大三元:+10000点
  役満1回につき、高級すき焼きセット

優勝賞品

・トロフィー
・限定称号
・公認プレイヤーの称号

出場チーム

にじさんじチャンピオンズ

三枝明那
椎名唯華
成瀬鳴

にじさんじの麻雀に限らず、様々な大会の優勝者を集めたチーム。豪運を持ったメンバーがそろっており、爆発力は随一か。

有閑雀荘あにまーれ?

因幡はねる
柚原いづみ
兎鞠まり

「有閑雀荘あにまーれ」というVTuber事務所に所属するメンバーを集めたチーム。(約1名異なるが) 麻雀の実力が未知数な柚原いづみの活躍がカギか。

麻雀スクワッド

歌衣メイカ
鬼灯わらべ
白雪レイド

FPSをよくやっている共通点で集められたメンバー。普段から漢気麻雀という似たルールの麻雀を打っている歌衣メイカの活躍に期待。

実況解説陣

天開司
ルイス・キャミー
舞元啓介
郡道美玲

にじさんじ公式番組である「にじたま」「社務所通信」のMCを勤めるメンバーで構成。

YouTube配信

試合結果

先鋒戦

出場選手

鬼灯わらべ
柚原いづみ
三枝明那

1半荘目の展開

東1局、出親の鬼灯が6s7sのシャンポンリーチ。ここに三枝がホンイツの仕掛けで追いつき、そのままツモ。3000-6000のアガりで順調なスタート。

東2局、三枝が中ポンから6s8pのシャンポンテンパイ。ここに鬼灯が放銃。7700のアガり。

東3局、鬼灯が大ミンカン2回で暴れる。最終5-8pでテンパイし柚原からロン。60符1翻の2000点のアガりで南入。

南1局、三枝が四暗刻のイーシャンテンとなるが、暗刻になる牌がもう山にない。結果、全員ノーテンでの流局となった。

南2局、柚原がテンパイを入れるが役なし。そこに三枝が7p1sのツモり三暗刻のリーチ。そこに鬼灯がホンイツトイトイのテンパイで7pをプッシュ。2600のアガり。

南3局、鬼灯がカン2sで4巡目先制リーチ。北抜きからリンシャンカイホウでのツモアガり。裏裏で倍満まで行き、4000-8000。三枝がトップで終了した。

1半荘目終了時

三枝明那   112500点
鬼灯わらべ 96500点
柚原いづみ 91000点

2半荘目の展開

東1局、親の三枝がカン3sで先制リーチ。鬼灯も白ポンからさらに加カンして攻めて5s8sシャンポンテンパイ。

さらに柚原が追っかけリーチ。三枝がアンカンとめまぐるしい展開。最終的には鬼灯のツモアガり。カンドラも乗せて3000-6000のツモアガりとなった。

東2局、鬼灯がホンロートイトイの仕掛け。だが三枝が自風の西を仕掛けて4-7sテンパイ。これをツモって1000-2000でチャンスを潰した。

東3局、親の鬼灯が1sポンから白バックの仕掛け。これをあっさり柚原からアガり2900で連荘成功。

東3局1本場、三枝がまたも四暗刻のイーシャンテン。だが鬼灯が9p3sのシャンポンで先制リーチ。

三枝は残りツモ1回で4p8pのツモリ四暗刻をテンパイも、残り1枚のアガり牌8pはワンパイ。ここは鬼灯と三枝の2人テンパイで流局。

東3局2本場、三枝がピンズのホンイツの仕掛け。先制のテンパイは柚原。8p5sのシャンポンでリーチ。これを一発で鬼灯から打ち取り5200のアガりで南入。

南1局、親の三枝が2p7pのツモり三暗刻で終盤に先制リーチ。だがこれに鬼灯が仕掛けてホンイツのテンパイ。これを三枝から直撃し12000。鬼灯がトップ目に立つ。

南2局、親の柚原が1-4sで先制リーチ。ここに鬼灯が追っかけリーチも、宣言牌が柚原のアガり牌。12000のアガりでかなり平たい点数状況に戻った。

南2局1本場、鬼灯が1m9pのシャンポンリーチ。その後三枝がトイトイでテンパイ、親の柚原も追っかけリーチに来るが、同巡に鬼灯がツモ。裏を乗せて3000-6000のアガり。

南3局、柚原がチートイツ3p単騎で先制リーチ。ラス親の鬼灯も2p8pのシャンポンで追っかけ。

2人のめくり合いは柚原に軍配。ハイテイで鬼灯から3pを打ち取り16000を直撃。柚原がトップで終了した。

先鋒戦終了時

柚原いづみ 108600点
鬼灯わらべ   98000点
三枝明那    93400点

中堅戦

出場選手

成瀬鳴
兎鞠まり
歌衣メイカ

1半荘目の展開

東1局、親の成瀬は国士無双狙い。兎鞠がチートイツ6p単騎で先制リーチ。ここはアガりはなく、兎鞠の1人テンパイで流局。

東2局1本場、メイカが得意の漢気麻雀の打ち方でソーズを払ってピンズのホンイツへ向かう。親の兎鞠がカン7sで先制リーチ。そこにメイカがペン7pで追っかける。

この7pは親の兎鞠の現物。成瀬が7pを打ち出し、メイカに放銃。裏3枚乗せて16000の直撃となった。

東3局、メイカがトイトイの仕掛け。四暗刻を狙わないメイカに実況陣からブーイング。

成瀬がリーチに来るが、メイカも6s9sでテンパイ。これを成瀬から打ち取り、3900のアガり。成瀬のチャンスを潰すも、安いアガりにやはり実況陣ブーイング。

東3局1本場、先ほど小さいアガりだったメイカが6種7牌から国士無双を狙う。しかし、兎鞠がペン3pで先制リーチ。

そこに成瀬が追っかけリーチも3pを掴んで放銃。12000のアガり。

南1局、メイカがトイツ4組のところから無理矢理の四暗刻狙い。当然テンパイできず、成瀬が1p9mで先制リーチ。そこに兎鞠が追っかけるもここは2人テンパイで流局。

南1局1本場、メイカは一生役満狙い。親の成瀬はテンパイもフリテン。ここは成瀬の1人テンパイで流局。

南1局2本場、兎鞠が5-8sの喰いタンでテンパイ。成瀬も純チャンで仕掛けて9m単騎のテンパイだが山に9mがない。メイカから5sが出て兎鞠に2000点を放銃となった。

南2局、メイカはホンイツに向かう。成瀬が先制リーチもここは流局。オーラスへ。

南3局1本場、兎鞠がカン3sで先制リーチ。これに鳴瀬が振り込み5200。兎鞠がトップで終了した。

1半荘目終了時

兎鞠まり  132500点
歌衣メイカ 111800点
鳴瀬鳴     55700点

2半荘目の展開

東1局、メイカは相変わらずの漢気麻雀。兎鞠がトイトイで仕掛けてテンパイ。だがアガりは出ず、兎鞠が1人テンパイで流局。

東2局1本場、親の兎鞠が1p2pのシャンポンで先制リーチ。そこに鳴瀬がカン5pで追っかける。しかし、ここも2人テンパイで流局。

東2局2本場、兎鞠がメイカから3副露してホンイツトイトイのテンパイ。これをそのままツモって6000オール。

東2局3本場、鳴瀬がドラポンから4-7pでテンパイ。これをツモって2000-3900で他2人を追いかける。

東3局、メイカが四暗刻のイーシャンテンまでいくが、兎鞠が3-6sで先制リーチ。

メイカもホンイツのフリテンテンパイを入れるが、兎鞠が3000-6000のツモアガり。さらにリードを広げる。

南1局、親の鳴瀬が国士無双リャンシャンテンの配牌。北が全部無くなったところからホンローに向かう。

兎鞠、メイカはソーズのホンイツ。メイカは緑一色まで見える。だが、それを狙っていった結果、兎鞠が1m南でテンパイしていた鳴瀬に倍満放銃。24000直撃で一気に点数を詰める。

南1局1本場、鳴瀬が5p中で先制リーチ。そのまま鳴瀬が中をツモって4000オール。

南1局2本場、鳴瀬が南単騎で先制リーチ。これをメイカから打ち取り、7700の直撃。92300点まで戻ってきた。

南1局3本場、鳴瀬が5p8sでまたも先制リーチ。なんと赤5pをツモり、6000オール。トップ目が見えてきた。

南1局4本場、メイカがついに国士無双でテンパイ。1s待ち。しかし、6s7sのシャンポンでリーチしていた兎鞠に鳴瀬が放銃。8000でメイカの役満がつぶれた。

南2局、鳴瀬が2s9sのツモり三暗刻で先制リーチ。メイカから9sが出て1600。

南3局、兎鞠がカン4pで先制リーチ。鳴瀬が終盤に4-7sで追っかけリーチ。さらにメイカもチンイツのカン7pでリーチも、最後は兎鞠がツモ。

兎鞠が1300-2600のツモアガりでトップで終了した。

中堅戦終了時

兎鞠まり  134000点
鳴瀬鳴     95400点
歌衣メイカ   70600点

大将戦

出場選手

椎名唯華
因幡はねる
白雪レイド

1半荘目の展開

東1局、親の椎名が356pで先制リーチ。これをツモって2000オール。

東1局1本場、椎名がドラの北を3枚抜いてのハネマン確定の5-8pリーチ。しかし、ここは1人テンパイで流局。

東1局2本場、因幡はねるの九種九牌で流局。

東1局3本場、因幡はねるが南をポンして6p9pのシャンポンテンパイ。だが椎名が3-6pでリーチ。これで因幡はねるはオリ。

すると椎名がツモアガり。3900オールでさらに連荘。

東1局4本場、因幡はねるが1m7pで先制リーチ。これに椎名が一発放銃。3200のアガりで椎名の親が流れた。

東2局、椎名が2-5sで先制リーチ。山に残り1枚の5sをツモアガり。2000-3900でトップとの差が約1万点まで来る。

東3局、因幡はねるがカン7sで先制テンパイもここは役なしダマ。その間に椎名が3-6sで先制リーチ。この6sを一発ツモで2000-4000。

南1局、親の椎名が5-8pで先制リーチ。そこに因幡はねるが4s8pが追っかけリーチ。

このめくり合いは椎名に軍配。裏1枚で6000オール。ついに椎名がトップ目に立った。

南1局1本場、椎名が白ポンから4-7sでテンパイ。これを白雪からアガり、1500で連荘。

南1局2本場、因幡はねるが2-5pで先制リーチ。そこに白雪が4-7pのメンホンで追っかけリーチ。椎名はきっちりオリ。ここはアガりが出ず、2人テンパイで流局。

南2局3本場、白雪が1s3sのシャンポンで先制リーチ。そこに親の因幡はねるがペン7pで追っかけ。

2人のめくり合いは白雪の勝ち。3sをツモって2000-4000のアガり。

南3局、白雪がドラの北を3枚抜いての2-5sでテンパイ。ここはダマテンに受ける。

国士無双のイーシャンテンまでいった椎名に2sが浮いており、出るかと思われたがギリギリ打たず。白雪レイドが先にツモアガって8000オール。椎名は助かったが、白雪は一歩詰め寄る。

南3局1本場、白暗刻の椎名が3pをポンして5-8pテンパイで終わらせにいく。これを白雪から打ち取り1000点。椎名がトップ目で終了した。

1半荘目終了時

椎名唯華  121600点
因幡はねる 104600点
白雪レイド   73800点

2半荘目の展開

東1局、因幡はねるが白をポンして1-4sテンパイ。これをあっさりツモって700-1300。トップ目の椎名の親を流した。

東2局、因幡はねるがカン6sで先制リーチ。しかし椎名も2-5sテンパイ。さらに親の白雪も578sで追っかけリ-チ。

因幡はねるが7sを一発で掴んで放銃。12000ロンで点数を稼ぐ。

東2局1本場、白雪が8p単騎で先制リーチ。だが因幡はねるが4p3sのツモり四暗刻で追っかけリーチ。

しかし、同巡に白雪がツモアガり。6000オールで白雪がついに2着目に浮上した。

東2局2本場、白雪がカン3pのメンホンでテンパイ。これを一旦ダマテンに受けると、椎名が3p南のシャンポンで先制リーチ。

すると白雪が47p西の変則3面で追っかけリーチ。これを一発でツモってまたも6000オール。ついに白雪がトップ目に躍り出た。

東2局3本場、因幡はねるが1m単騎のチートイツで3巡目先制リーチ。しかし、椎名が中ポンから4sを勝負して3-6-9sでテンパイ。

椎名がこれをきっちりツモって700-1300。因幡はねるのチャンス手をつぶした。

東3局、白雪がドラポンから仕掛ける。因幡はねるはピンズのチンイツへ向かう。

ただ先制リーチは椎名。カン7pでリーチ。そこに因幡はねるもカン3pで追っかけ。2人でめくり合うがここは2人テンパイで流局。

東3局1本場、因幡はねるがカン6pのメンホンで先制リーチ。そこに白雪が3-6sで追っかけリーチ。

すると椎名もテンパイ。追っかけリーチにいくが、宣言牌が6s。白雪への放銃となり、16000の直撃。一気にリードを作った。

南1局、白雪がタンピンドラ1の2-5sでテンパイ。トップ目のここはダマテン。親の椎名も5-8sでハネマンテンパイ。

ここにホンイツのテンパイとなった因幡はねるが5sを放銃。ダブロンで椎名が18000、白雪が8000のアガり。

南1局1本場、因幡はねるが2枚目の白をポンしてチャンタのペン3sテンパイ。そこに椎名がメンホンの1-4pでリーチ。

白雪レイドがテンパイしたことで4pを勝負。これで椎名が2局連続の18000のアガり。再び椎名がマクリ返した。

南1局2本場、白雪レイドが白ポンからテンパイ。これを椎名からアガって1000点。椎名の親を流した。

南2局、白雪がソーズのホンイツ、椎名がピンズのホンイツでぶつかる。これは白雪が先にテンパイしそのままツモアガり。6000オールでさらにマクリ返す。

南2局1本場、椎名が5-8pで先制リーチ。白雪と因幡はねるはオリ。あとは椎名がツモれるかの勝負だったが、ここで椎名の豪運発揮。

ハイテイでのツモアガりで4000-8000。椎名がまたもトップ。

南3局、白雪と椎名の点差が11600点。椎名が4s単騎のチートイツで先制リーチ。さらに因幡はねるも4s中で追っかけリーチ。しかしお互いのアガり牌を持ち合って、2人テンパイで流局。

南3局1本場、白雪がチートイ赤赤のドラ単騎でテンパイしダマテン。これを出アガリなら逆転。

これが椎名から出て12000直撃。きっちりまくって白雪レイドがトップを獲得した!

大将戦終了時

白雪レイド 135900点
椎名唯華  123100点
因幡はねる   41000点

雀魂とは

雀魂は人気オンライン麻雀ゲーム。様々なキャラクターを用いて麻雀を打てる点が最大の特徴。

雀魂についての詳細は下記の記事も参照いただきたい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!