天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

「にじさんじ麻雀杯初代優勝者」渋谷ハジメ

2022年5月より新たな麻雀リーグである「神域Streamerリーグ」通称・神域リーグが開催される。

Mリーガーを監督に迎えて行う一大イベントとなっており、監督を除いて12名の選手がドラフトで選出された。

本記事ではそのうちの1人、チームヘラクレス3巡目指名渋谷ハジメについて解説。VTuberとしての活動実績や麻雀の実績などについてまとめていく。

他チームの選手の詳細は下記を参照。

基本プロフィール

誕生日:5月5日
年齢:20歳(不老)
血液型:A型    
身長:180cm
出身:バーチャル兵庫

活動実績

2018年2月からにじさんじからデビュー。にじさんじ発足時のメンバーの1人であり、いわゆる「一期生」。

初配信では「Getting Over It with Bennett Foddy」いわゆる「壺男」の実況を行い、現在に至るまで多様なゲームの実況を行っている。

麻雀については2020年に開催された「にじさんじ最強雀士決定戦」に本格的に勉強を開始。それまでは麻雀はたしなむ程度だった。

同時期に現在の神域リーグでのチームメンバーでもある千羽黒乃から麻雀を教わるようになり、師匠と弟子の関係になる。


そして翌年、2021年に開催された「新春!にじさんじ麻雀杯2021」では全64名が参加する中、見事優勝。にじさんじ麻雀杯の初代優勝者となった。

その後、普段は麻雀配信をやるわけではないが、大会の前になると耐久配信と題して長時間雀魂を打ったり、師匠を呼んで麻雀を教わったりしている。

神域リーグ

神域リーグでは松本吉弘監督率いるチームヘラクレスに3巡目で指名を受ける。

指名以後はほぼ毎日のように麻雀配信を行っており、神域リーグにかける熱量が見て取れる。

チームメンバー

松本吉弘

神域リーグ「チームヘラクレス」の監督を務める。

男性Mリーガーの中では最年少という若手プロ。だが実力は折り紙付きで、2018年には第25期發王位を獲得している。

麻雀の実力だけでなく解説にも長けており、これからの麻雀界を引っ張っていく人材だ。

雀風としては押すべきところでしっかり押して、引くべきところでは引くというバランスの良い麻雀を打つ。

千羽黒乃

麻雀配信を中心に配信を行っている個人勢のVtuber。2018年8月から活動。ばーちゃる高尾山在住の1011歳鴉天狗。

雀魂で魂天を達成しただけでなく、天鳳でも9段を達成しており、麻雀の実力は折り紙付き。渋谷ハジメの師匠でもある。

因幡はねる

774 inc.という運営団体に属するVTuberユニット「有閑喫茶あにまーれ」のグループリーダー。あにまーれの雇われ店長。

麻雀に限らず、様々なゲームの配信を行っている。

個人成績

神域リーグでの選手個人の成績については下記を参照。個人スコアなどの表彰対象と、放銃率・和了率などのデータを掲載している。

試合結果一覧

試合結果についてはこちらのページのリンクを参照。出場選手や実際の試合展開について記載している。

神域リーグ記事一覧はこちら

神域リーグに関する記事をこちらで一覧にしてまとめている。神域リーグの情報について知りたい方はこちらのページも参照いただきたい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!