天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。麻雀勉強やMリーグの記事もありますので是非参考に。読者登録、twitterフォローお願いします。 twitter名:t-yoko

Mリーグ2021ファイナルシリーズ2日目試合結果 フェニックス首位浮上!

本記事ではMリーグ2021の試合結果をまとめていきます!

これまでの試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

前日までのポイント状況

1位:KADOKAWAサクラナイツ   +196.9pts
2位:セガサミーフェニックス     +143.6pts
3位:渋谷ABEMAS                        +17.0pts
4位:KONAMI麻雀格闘倶楽部     -18.6pts

第1試合の出場選手

東家:白鳥翔
南家:堀慎吾
西家:茅森早香
北家:佐々木寿人

全体の展開

東場の展開

東1局、親の白鳥がタンピンドラ赤2のマンガンをダマテン。これをすぐにツモって6000オールで快調なスタート。

東1局1本場、全員の手がそこそこ育ちぶつかりそうな形。茅森がカン5sの役ありテンパイだがダマ。

同巡に白鳥が2-5pのテンパイでリーチ。するとすぐに茅森もリャンメンに変化して5-8sで追っかけリーチ。

茅森が東を引いてアンカンすると、リンシャンが8s!さらに裏を2枚乗せて3000-6000のツモアガり。東1局から凄い展開になってきた。

東2局、親番の堀が微妙な配牌からいつの間にかテンパイ一番乗り。2s南のシャンポンテンパイで先制リーチ。ただ、ここは堀の1人テンパイで流局。

東2局1本場、白鳥が中ポンからカン3s待ちのテンパイ。さらに茅森が終盤に1-4sでリーチ。

2人のめくり合いは白鳥の勝ち。1000-2000のツモアガりで茅森との差を広げ直した。

東3局、白鳥がチートイツ赤2のテンパイ。トップ目ということもあり、發単騎に受けてダマテンに。

そこに堀が6-9pでリーチ。白鳥は7s北荷待ちを変えて粘る。

この北が茅森から出て5200。白鳥にとってはかなり大きいアガりとなった。

東4局、白鳥が東をポンしてドラドラ赤の手で仕掛けていく。ペン3mでテンパイするとこれがすぐに堀から出る。

8000のアガりで白鳥が5万点超えのトップで南入した。

南場の展開

南1局、親を迎えた白鳥がまたも赤赤のいい手牌。喰いタンで仕掛けてカン3mテンパイ。

そこにラス目の堀もフリテンだが2-5-8sでリーチ。白鳥はしっかり押していくが8sを引いて止め。ここは堀の1人テンパイで流局した。

南2局1本場、親の堀がカン4sで先制リーチ。しかし、この4sが山にない。他3人はオリてまたも堀の1人テンパイで流局。

南2局2本場、堀が中をポンから5s6sのシャンポンテンパイ。そこから4-7sテンパイに変化。

茅森が1-4-7pでリーチして対抗。2人のめくり合いとなり、茅森が制した。堀から3900をアガり2着がかなり見えてきた。

南3局、親の茅森が南を仕掛けて2-5sテンパイ。これを白鳥から打ち取って1500で連荘。

南3局1本場、茅森がペン3pでテンパイし一旦ダマテン。その後一通に変化して5巡目にカン5pでリーチ。

これをツモって4000オール。一気に白鳥に詰め寄りトップが見えてきた。

南3局2本場、親番の茅森がドラドラから役牌を仕掛けていく。しかし、トップ目の白鳥が親を終わらせる1-4pの先制リーチ。

これをツモって500-1000。茅森の親を蹴ってトップが見えてきた。

南4局、寿人と白鳥の2人テンパイで流局。1本場では寿人はアガりには向かわず3着を確定。堀と茅森の2人テンパイで流局。

白鳥がトップを獲得。堀は一度もアガれず、苦しいラスとなった。

第1試合の最終順位

1位:白鳥翔   51400(+71.4)
2位:茅森早香  41100(+21.1)
3位:佐々木寿人   6000(-34.0)
4位:堀慎吾     1500(-58.5)

第2試合の出場選手

東家:東城りお
南家:伊達朱里紗
西家:多井隆晴
北家:堀慎吾

全体の展開

東場の展開

東1局、親の東城メンホンの見える配牌。堀が中を仕掛けて4-7mの先制テンパイ。さらに伊達も仕掛けて4-7pテンパイ。

親の東城も南ポンから2-5-8pでテンパイ。3人のめくり合いは東城に軍配。堀から2900をアガって連荘した。

東1局1本場、東城の配牌が赤3ドラのチャンス手。だが最初にテンパイしたのは多井。東を暗刻にしてのカン2mの役ありテンパイをダマ。

そこに東城から3-6mのリーチが入る。多井は6mを一発でキャッチし回る。さらに伊達がメンホンチートイの5s単騎で追っかけリーチ。

壮絶な2人のめくり合いとなったがアガりは出ず。東城、伊達の2人テンパイで流局となった。

東1局2本場、親番の東城がドラポンから三色のバック仕掛け。堀がタンピンの3-6mで先制リーチ。

同巡に東城も堀の現物の4mでテンパイするが、次のツモが3m。堀に8000を放銃となった。

東2局、東城がホンイツの見える手牌だったが、素直にメンツを残して1s発の最速リーチ。

他3者がこれに丁寧に対応。東城の1人テンパイで流局した。

東3局1本場、多井がオタ風から鳴いてのホンイツ仕掛け。だが東城がドラ4sをアンカン。

苦しい4-7pを埋めての1-4mでリーチ。倍満まで見える恐ろしいリーチ。

しかし、ここは流局。親の多井はなんとかテンパイを取りきり、東城と多井の2人テンパイ。連荘に成功した。

東3局2本場、伊達がドラの2mと南のシャンポンで先制リーチ。2mを浮かしていた多井がテンパイして放銃。伊達が8000のアガりでトップ目に。

東4局、伊達が配牌から東発中とトイツ3組。これを鳴いていき、ホンイツを絡めてハネマンの5-8sテンパイ。

親番の堀もタンヤオで仕掛けて5800のテンパイ。だがテンパイしたために8sを勝負し12000を放銃。伊達がトップ目で南入した。

南場の展開

南1局、親の東城が海より広いイーシャンテン。カン6mテンパイになったが即リーチを打った。

他3人を降ろして東城の1人テンパイで流局した。

南1局1本場、堀が役なしのカン4mでテンパイしダマ。そこに東城が赤赤のリーチに来る。

東城が4sを2回空切りしたことでテンパイの伊達から5sをつり出した。東城が伊達から12000の直撃でトップ目に躍り出た。

南1局2本場、多井が3-6sのダママンガンをテンパイ。これをそのままツモって2000-4000。多井が一気にトップ目争いに参戦してきた。

南2局、多井が中ポンから早い仕掛け。1-4sの1000点仕掛け。この手をツモって300-500。他3者を上手く対応させての1局となった。

南3局、多井がドラドラ赤の手牌だがなかなかテンパイせず。先制リーチは堀。2-5-8mのタンピン高目三色。

伊達が仕掛けて2-5mテンパイ。多井が2mを引かされてオリに回る。

終盤、多井がテンパイを入れようと8mを勝負。堀への放銃となり8000。多井がラス目となった。

南4局、伊達が5p単騎のドラ赤テンパイ。一旦ダマテンに。東城が積極的に仕掛け、逃げ切りの4-7pテンパイが入る。

これを多井からアガって1000点。東城がきっちり逃げ切りを決めた。

第2試合の最終順位

1位:東城りお  34100(+54.1)
2位:伊達朱里紗 29600(+9.6)
3位:堀慎吾   21200(-18.8)
4位:多井隆晴  15100(-44.9)

2試合の合計ポイント

KADOKAWAサクラナイツ    -77.3
セガサミーフェニックス     +75.2
渋谷ABEMAS                        +26.5
KONAMI麻雀格闘倶楽部      -24.4

チーム順位

1位:セガサミーフェニックス     +218.8pts
2位:KADOKAWAサクラナイツ   +119.6pts
3位:渋谷ABEMAS                        +43.5pts
4位:KONAMI麻雀格闘倶楽部      -43.0pts

Mリーガー紹介記事

Mリーガーの紹介記事をまとめています。Mリーグを見て、興味を持っていただいた方はこちらもぜひご覧いただければと思います。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!