天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

天鳳5段奮闘記 #277 何切る2つ

5月23日結果:1着1回

今回はトップを取れたのはいいんですが、かなり迷ってしまう局面が2つありました。そのあたりをシミュレーターの結果を見ながら振り返っていきたいと思います。

今回の牌譜

東1局 ゴツゴツした手

東1局、この形。チートイツのイーシャンテンかつ、メンツ手でもイーシャンテンの形。ここに6pを持ってきて訳が分からなくなってしまいました。

4sを切ってしまいましたが、これはミスでしたね。

4sを切るとメンツ手の方向に向かいますが、6pを引いたことで三暗刻や四暗刻が見えてきたことに気づけませんでした。

ここは4pや5pを切ることで暗刻の手を目指すのが最善。さらにカン3p受けの残る赤5pが最高でした。

その後、トイトイで仕掛けても最低限の打点はありますしね。これは結構難しいですね…。ゴツゴツした手は中々来ないのでうっかりします。気をつけたいです。

東3局 シャンテン戻し

東3局、4sを引いて一応のテンパイ。しかし白は1枚切れです。結構迷って即リーチを打ってしまいましたが、これが良くなかったですね。

6pだとかなり期待値が低いです。中ぶくれで良形になりやすいし、タンヤオや三色変化がありますから白を落としてシャンテン戻しが正解です。

白が1枚切れていることも影響しています。白が2枚のこりなら6p切ってもそれほど差は出ませんでした。

良形変化も打点上昇もあるこの手はシャンテン戻しに適しています。これは戻していいということを一つ覚えておきたいです。

今回は迷ったところが2つとも間違いになってしまいました。やはりちゃんと振り返って、一つ一つ身につけていきましょう。

それでは。

麻雀奮闘記のまとめはこちら

日頃の麻雀を牌譜検討して掲載しています。人の振り見て我が振り直せ。私の反省をあなたの麻雀に活かしていただければ幸いです。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!