天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

日本プロ麻雀連盟タイトル「第2期鸞和戦」優勝は吉野敦志プロ!

2022年6月10日、日本プロ麻雀連盟のタイトル戦、第2期鸞和(らんわ)戦の決勝が行われ、吉野敦志が優勝を果たした。吉野はこれが初のタイトル獲得となった。

鸞和戦とは2021年に設立されたタイトル戦。日本プロ麻雀連盟に所属し、30歳以上49歳以下のプロが出場可能。第1期では魚谷侑未がタイトルを獲得している。

決勝戦は半荘4回戦を行い、トータルポイントで優勝を争う。ルールは日本プロ麻雀連盟公式ルールに則る。

決勝戦に残ったのは吉野敦志、西川淳、中島寛基、水野孝一の4名。

1回戦、西川が5万点超えのかなり大きなトップを記録し主導権を握る。2回戦も西川は2着。

だが1回戦で2着だった吉野が2回戦では1着を獲得。試合はこの2人の一騎打ちの様相を呈し始める。

だが3回戦で2人の明暗が分かれる。3回戦、吉野は2着に対し西川は4着。これでかなりのポイント差が開いた。

4回戦のオーラス、西川は倍満ツモかハネ満直撃の条件を残すも流局で決着。見事、吉野が優勝を決めた。

吉野は4半荘を戦い、トップは1回だけだったものの、残りの3半荘全てで2着をマークし、常にプラスポイントを記録。

他3人のメンバーは全員4着を1回以上記録。決勝戦で2着をマークし続ける安定感こそが優勝の原動力となったといえるだろう。

初のタイトルを獲得となった吉野。これ以降どんな活躍を見せてくれるのか、期待して見ていきたい。

他タイトル戦の結果はこちら


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!