天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

麻雀最強戦2022「タイトルホルダー頂上決戦」ノーテン罰符に始まり、ノーテン罰符に終わる

2022年6月25日に開催された、麻雀最強戦2022「タイトルホルダー頂上決戦」。試合内容については下記の記事を参照してください。

この戦い、最後の最後でとんでもないことが起こりました。決勝戦のオーラス、点数状況は以下の通り。

渋川難波:36700
奈良圭純:32800
佐々木寿人:19600
河野高志:10900

現状のトップ目である渋川プロと2着目の奈良プロの点差が3900点。つまり、奈良プロの1人テンパイか、渋川プロの1人ノーテンなら流局時のテンパイ料で逆転できる点差です。

オーラスの親は渋川プロ。ここでノーテン流局となると試合終了となるため、少なくともテンパイは取っておかなければなりません。

もちろん奈良プロも渋川プロがテンパイして流局したときに逆転の条件がキツくならないようにテンパイを取りたいところ。

残りの2人は逆転を狙えるような大物手を見つつ、テンパイが安全に取れそうなら取るといったところでしょうか。

そしてこの局面。なんと渋川プロはテンパイを取り切れず。奈良プロはテンパイを取ることができました。

寿人プロはノーテン、河野プロはテンパイを入れて流局。最強戦では東家から順番に南家→西家→北家とテンパイ宣言をしていきます。

まず東家の渋川プロはノーテン宣言。南家の奈良プロはテンパイを宣言します。

ここで困ったのが西家の河野プロです。寿人プロがかなりノーテンが濃厚な状況。自分がテンパイを宣言すれば渋川プロが優勝、ノーテン宣言なら奈良プロが優勝。

優勝とは関係ない位置にいる自分の行動が、優勝者を決めてしまうという状況になってしまったのです。

河野プロはこの状況に一時戸惑い、周りに確認を取っていましたがその場にいた近代麻雀の黒木さんの助言でテンパイ宣言。優勝は渋川プロとなりました。

河野プロ自身はTwitterで以下のようにツイート。ノーテンの渋川プロを咎めるのであれば、もちろんノーテンという選択もありでしょう。河野プロ自身で判断する前に周りと話をしたのは少しいただけませんが。

しかし、こんな状況が起きてしまうのが麻雀というゲームの面白さであり辛いところでもあるのでしょう。

さらにもう一つこの試合では伏線がありました。この試合の東3局、奈良プロはテンパイしていたにもかかわらず、間違ってノーテンを宣言。

これにより、渋川プロとは4000点の差がつきました。勝負の世界で「たられば」は禁物ですが、もしこのテンパイ宣言を間違えていなければ奈良プロが優勝だったかもしれません。

まさしくノーテン罰符に始まり、ノーテン罰符に終わった1戦だったといえるでしょう。

ですが、こんなドラマが生まれるほどに実力が拮抗した勝負だったともいえます。渋川プロの優勝を素直にたたえたいとこの記事を終わりたい思います。

ちなみに奈良プロは自身のTwitterの名前を「奈良・ノーテン・圭純」にしています。(2022年6月27日現在)これだけ図太い人ならもう一度出てきて活躍してくれる、そう祈っています。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!