t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

ぶいすぽ雀魂女傑戦試合結果

8月6日19:00より開催される、ぶいすぽ所属のVTuber達と雀魂のコラボ企画である「ぶいすぽ雀魂女傑戦」。

本記事では大会の試合結果を詳細にまとめていく。簡易的なまとめは以下を参照いただきたい。

大会ルール

三人麻雀の大会。全チーム100000点持ちでスタートし、前の人の点数を引き継ぐ。最終的に持ち点が一番多いチームが優勝。

ウマ・オカはなく、トビもなし。その他のルールは基本的に雀魂の段位戦のルールに準ずる。役満賞あり。

出場選手

チーム如月れん

如月れん
一ノ瀬うるは
兎咲ミミ
紫宮るな
ゲスト:丸山奏子

一瀬うるはは体調により出演をキャンセルとなった。詳細は以下のツイートを確認いただきたい。

チーム花芽なずな

花芽なずな
神成きゅぴ
藍沢エマ
空澄セナ
八雲べに
ゲスト:瑞原明奈

チーム英リサ

英リサ
橘ひなの
胡桃のあ
小雀とと
花芽すみれ
ゲスト:日向藍子

実況・解説

実況:小林未沙
解説:多井隆晴

YouTube配信

本配信

応援配信

チーム如月れん

チーム花芽なずな

チーム英リサ

試合結果

第1試合

出場者

東家:紫宮るな
南家:神成きゅぴ
西家:英リサ

試合展開

東1局、英が東ポンから4-7pのテンパイ。これを神成からアガって1300。

東2局、紫宮が白ポンから仕掛ける。親の神成は2pカンツもカンせず。四暗刻狙いか。中盤に中を仕掛けてトイトイ狙い。

紫宮は9m東のシャンポンでテンパイ。英はカン3sでリーチ。2人のめくり合いは紫宮の勝ち。英から8000をロン。

東3局、神成がカン4sで先制リーチ。紫宮が神成の4sを止めながらカン3sでテンパイも一旦ダマ。そして4sをもう1枚引いて47s南で追っかけリーチ。

そこに英も7p単騎のチートイツで追っかけ。しかしここはアガり出ず。3人テンパイで流局。

東3局1本場、親の英はダブ東からの仕掛け。紫宮は1mポンから仕掛けるが役がない仕掛け。英はホンイツ狙い。神成はチートイツ狙いらしき進行。

なんと神成が5s単騎で先制リーチ。これを一発でツモって4000-8000の倍満。天才的な手順を見せた。

南1局、英が2p中のシャンポンで先制リーチ。親の紫宮がこれに中を切っていき8000のロンアガり。

南2局、親の神成が4-7sで先制リーチ。これに紫宮が放銃し5800のアガり。

南2局1本場、紫宮が1pポンからぱっと見役のない仕掛け。神成がカン4sで先制リーチ。ここに英が4-7pで追っかけリーチ。このめくり合いは英に軍配。紫宮から4pを打ち取って5200のアガり。

南3局、神成が白ポンから仕掛け。紫宮は1mポンから役なしの仕掛け。神成は2pを大ミンカンして積極的に攻める。

神成はカン7sでテンパイ。その後、3s中→1-4sと待ちが変化。1-4-7sに取らなかったことで英の7sが通り、英が5s南でリーチ。

しかし、神成がそのままツモって1300-2600のアガり。チーム花芽なずなの神成がトップで終了した。

第1試合終了時

1位:チーム花芽なずな 神成きゅぴ 122600
2位:チーム英リサ   英リサ     94000
3位:チーム如月れん  紫宮るな    83400

第2試合

出場者

東家:瑞原明奈
南家:胡桃のあ
西家:如月れん

試合展開

東1局、瑞原がホンイツで仕掛けてペン7sでテンパイ。抜きドラの北がドラでハネ満のアガりを胡桃から決める。18000。

東1局1本場、胡桃のあがカン8sで3巡目先制リーチ。これをツモって1000-2000のアガり。

東2局、胡桃がダブ東から仕掛ける。胡桃がホンイツへ向かう間に、如月が4p4s先制リーチ。そこに瑞原がドラポンから仕掛けてカン7pでテンパイ。

さらに親の英もテンパイも、如月が7pを掴んで瑞原に8000を放銃。

東3局、親の如月が1s単騎で2巡目先制リーチ。これが胡桃から出て12000のアガり。

東3局1本場、瑞原が東発を鳴いてソーズのホンイツ。胡桃が8pを大ミンカン。瑞原が6-9sでテンパイ。ここに胡桃が飛び込んで12000放銃。

南1局、瑞原が手牌に白暗刻。ドラポンから仕掛けて2-5pでテンパイ。これに如月が放銃するかと思われたが、如月がトイトイに向かい、2pをとめて2p4sのテンパイを入れる。

このめくり合いは瑞原の勝ち。北抜きからリンシャンで8000オールツモ。

南1局1本場、瑞原がピンズのホンイツで仕掛け。5-8pでテンパイしこれに胡桃が18000を放銃。瑞原が止まらない。

南1局2本場、瑞原が6p1sのシャンポンで先制リーチ。これに如月がトイトイで押し返していき、3s裸単騎で追いつく。ここに瑞原が3sを持ってきて放銃。16000のアガりとなった。

南2局、胡桃がペン7pで4巡目先制リーチ。そこに如月もカン3sで追っかける。ここは胡桃の勝ち。7pをツモって4000オール。

南2局1本場、如月が1-4sで3巡目先制リーチ。これをそのままツモって4000-8000のアガり。

南3局、胡桃が西白ポンからソーズのホンイツ。瑞原が6s片アガりのタンヤオテンパイ。瑞原はアガれない9sを引いて8s切りのオリ。

その後胡桃が5-8sのテンパイを入れてめくり合い。ここは胡桃の勝ち。如月が8sを掴んで胡桃に12000を放銃。チーム花芽なずなの瑞原がトップで終了した。

第2試合終了時

1位:チーム花芽なずな 瑞原明奈 168500
2位:チーム如月れん  如月れん   89000
3位:チーム英リサ   胡桃のあ   42500

第3試合

出場者

東家:小雀とと
南家:兎咲ミミ
西家:藍沢エマ

試合展開

東1局、兎咲が発ポンから仕掛ける。親の小雀が5-8pで先制リーチ。この8pがテンパイした藍沢から出て11600のアガり。

東1局1本場、小雀が四暗刻イーシャンテン。ドラも見逃して四暗刻決め打ち。藍沢は発ポンからソーズのホンイツ。兎咲は1-4pで先制リーチ。

小雀は4p5sでテンパイもこれが山にない。藍沢もテンパイで3人テンパイでの流局となった。

東1局2本場、兎咲が南ポンから仕掛け。ペン7pで先制テンパイ。その後4-7pに変化。そこに小雀が2-5pでリーチ。ここに藍沢が2pを一発で放銃し18000のアガり。

東1局3本場、小雀がカン7pで4巡目先制リーチ。これをあっさりツモって4000オールのアガり。

東1局4本場、小雀が9p9sで先制リーチ。これを兎咲からアガって3900。

東1局5本場、藍沢が東ポンからペン7sでテンパイ。これに兎咲が放銃して2000のアガり。

東2局、藍沢が白ポンから仕掛け。小雀が5-8sで先制リーチ。そこに親の兎咲が8s東のシャンポンで追っかけ。ここは小雀に軍配。小雀が4000-8000のツモ。

東3局、兎咲が5p単騎のチートイツで先制リーチ。小雀が白中ポンで3p7pのホンイツテンパイ。さらに藍沢が25sシャンポンで追っかけリーチ。ここは藍沢が2sをツモって4000オールのアガり。

東3局1本場、兎咲が25s9mの3面待ちで先制リーチ。これをツモって3000-6000のアガり。

南1局、兎咲が白暗刻南発トイツの大物手。しかし藍沢が8s9sで先制リーチ。ここに小雀が放銃し8000のアガり。

南2局、藍沢がダブ南ポンから仕掛け。3-6pのホンイツでテンパイ。小雀が6sポンからトイトイに向かい6p9pのシャンポンテンパイ。ここはアガりは出ず、小雀と藍沢の2人テンパイで流局。

南3局1本場、親の藍沢に東トイツ発暗刻。東ポンから5p4sのマンガンテンパイ。そこに小雀が6-9pでリーチ。さらに兎咲が6-9sで追っかけリーチ。

3人のめくり合いは藍沢に軍配。兎咲から12000をロンアガり。アガりや目で藍沢がトップで終了した。

第3試合終了時

1位:チーム花芽なずな 藍沢エマ 159300
2位:チーム英リサ   小雀とと   84700
3位:チーム如月れん  兎咲ミミ   56000

第4試合

出場者

東家:如月れん
南家:八雲べに
西家:日向藍子

試合展開

東1局、親の如月がカン5sで先制リーチ。同巡に日向が2-5sで追っかけリーチ。これに八雲が5sを打ち込みダブロン。如月が3900、日向が6400のアガり。

東1局1本場、九種九牌で流局。東1局2本場、八雲が終盤にカン6sで先制リーチ。ここに日向が8p9pでリーチもこれは山にない。日向が結局6sを掴んで放銃。1300のロンアガり。

東2局、親の八雲はチートイツの手組。日向が2-5pで先制リーチ。ここに八雲が5pを一発放銃。8000のロンアガりとなった。

東3局、八雲が6s7sシャンポンで先制リーチ。そこに如月が1-4sで追っかけリーチ。日向はチートイツのテンパイが取れる形だが、1sを止めて放銃回避。結果、如月と八雲の2人テンパイで流局。

南1局1本場、八雲が発ポンからソーズのホンイツ仕掛ける。親の如月が9p単騎で先制リーチ。その後、八雲は469sでテンパイ。

日向も4-7sでテンパイもここはリーチせず。そのまま3人テンパイで流局となった。

南1局2本場、八雲がソーズのホンイツで仕掛けて679s待ちのテンパイ。そこに如月が6-9pでリーチ。ここは如月が6sを掴んで放銃。八雲が12000のアガりを決めた。

南2局、如月が478p待ちのテンパイも四暗刻を見てダマテン。日向から出た8p籾逃した。日向は4-7sでリーチ。このリーチを見て如月も追っかけリーチ。ここは如月が7sを掴んでしまう。日向が5200のロンアガり。

南3局、親の日向が南と白のシャンポンで3巡目先制リーチ。これに如月が放銃し3900のアガり。

南3局1本場、日向が中ポンから1p2sでシャンポンテンパイ。そこに如月が8p東の四暗刻テンパイ。しかしここは八雲から2sが出て日向のアガり。四暗刻成就せず、日向の11600のアガり。

南3局2本場、日向が白ポンから仕掛ける。八雲も中ポン。日向は6s東のシャンポンテンパイ。如月がそこにペン7pでリーチ。

このめくり合いは日向に軍配。日向が6sをツモって700オールのアガり。

南3局3本場、八雲が2-5sで先制リーチ。ここは八雲が5sをツモって4000-8000の倍満。八雲がトップままで終了となった。

第4試合終了時

1位:チーム花芽なずな 八雲べに 160000
2位:チーム英リサ   日向藍子 111800
3位:チーム如月れん  如月れん   28200

第5試合

出場者

東家:空澄セナ
南家:花芽すみれ
西家:丸山奏子

試合展開

東1局、空澄セナがダブ東ポンからソーズのホンイツで仕掛け。だが花芽すみれが1m1sの先制リーチ。これに丸山が1mを一発放銃。6400のアガり。

東2局、空澄が西ポンから仕掛ける。花芽がカン3pで先制リーチ。同巡に丸山が6-9pで追っかけリーチ。さらに空澄もカン3sでテンパイ。

3人のめくり合い、勝ったのは丸山。花芽が9pを掴んで丸山に3900放銃。

東3局、親の丸山が3-6pで先制リーチ。ここに空澄が6p放銃。5800のアガりとなった。

東3局1本場、丸山が9mポンから東バックとトイトイの仕掛け。丸山が8p東のシャンポンで先制テンパイ。ここは安目の8pをツモ。2600オールのアガり。

東3局2本場、花芽が西ポンからペン7sで先制テンパイ。5pポンから8s単騎に待ちを変えた。

丸山がダブ東ポンから5-8sでテンパイ。この8sが空澄から出てしまいダブロン。丸山に18000、花芽に2000の放銃となった。

東3局3本場、空澄が2-5sで先制リーチ。これを一発でツモって3000-6000のアガり。

南1局、親番空澄が発ポンから仕掛け。花芽はチートイツ狙い。丸山は2-5pフリテンでリーチ。これに空澄はオリ。

花芽も追っかけリーチを打つが、丸山がそのままツモアガり。3000-6000のアガり。

南2局、空澄はソーズのホンイツで進める。親の花芽が4-7sで先制リーチ。ラストの4sを一発でツモり6000オールのアガり。

南2局1本場、丸山がカン4pで先制リーチ。これに花芽が打ち込んで2600のアガり。

南3局、花芽がペン3pで先制リーチ。丸山が追いついてリーチを打つも、宣言牌が3p。花芽が5200のアガり。空澄と花芽がほぼ並びで終了した。

第5試合終了時

1位:チーム花芽なずな 空澄セナ  128700
2位:チーム英リサ   花芽すみれ 120100
3位:チーム如月れん  丸山奏子    51200

第6試合

出場者

東家:橘ひなの
南家:兎咲ミミ
西家:花芽なずな

試合展開

東1局、親の橘が抜きドラ3枚白トイツ。兎咲がペン3pで先制リーチ。橘はカン4pでテンパイもリーチに対してオリ。兎咲が1人テンパイで流局。

東2局、親の兎咲は国士無双に向かう。だが橘が9p9sで先制リーチ。花芽が発ポンから押し返していく。中と7pのシャンポンでテンパイしめくり合いに。

2人のめくり合い、軍配は花芽。ハイテイで橘が中を掴み花芽に12000放銃。

東3局、橘は抜きドラ3枚でチートイツからメンツ手に移行。そこからもう一度チートイツに向かい7p単騎で先制リーチ。

兎咲はドラの中暗刻にして6-9sで追っかけリーチ。しかし、7pを掴んで橘に放銃。16000のアガりで勝負はまた分からなくなった。

南1局、兎咲がカン4pで先制リーチ。そこに親の橘が1s南のシャンポンで追っかけリーチ。花芽はしっかりオリ。このめくり合い、兎咲の勝ち。2000-4000のツモアガり。

南2局、トップ目の花芽が6-9sで先制リーチ。これを橘から打ち取って5200直撃。かなり優勝がハッキリ見えてきた。

南3局、花芽は2pポンから自力でアガりに行く。橘は役満狙い。兎咲は普通にアガりに向かう。花芽はペン3sで先制テンパイ。

兎咲も568sのテンパイ。花芽から7sが出て大ミンカン。さらに発もカンするがドラ乗らず。花芽は終盤に来てオリ。きっちりオリきってゲーム終了。花芽なずながトップで終了、チーム花芽なずなが優勝を決めた!

最終結果

1位:チーム花芽なずな 144100
2位:チーム英リサ   111700
3位:チーム如月れん    44200


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事