t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

神域リーグ第8節試合結果 アトラスがまた一歩優勝に近づく展開!

神域リーグ第8節は8月19日(金)18:00より開催されます。本記事ではその試合結果についてまとめていきます。

過去の試合結果および試合のルールについては下記の記事を参照してください。

パブリックビューイング開催

本日の試合はパブリックビューイングが行われています。第8節以降についても行われる予定ですので、詳細は上記の記事を参照ください。

YouTube配信

▼過去のアーカイブはこちら▼

実況・解説

実況:小林美沙
解説:松本吉弘
ゲスト:青森りんこ

前節までの順位

1位:チームアトラス +195.6
2位:チームゼウス    +67.1
3位:チームアキレス    -62.0
4位:チームヘラクレス    -200.7

第1試合

出場選手

東家:渋谷ハジメ
南家:村上淳
西家:天宮こころ
北家:天開司

試合展開

東場の展開

東1局、親の渋谷ハジメの配牌がいい。2巡目にはイーペーコー確定。3巡目にはイーシャンテンになる。リャンペーコーにも取れるところで、場に安いチートイツの5p単騎でリーチ。

他3人はオリ。一人旅となったが結局ツモれず、渋谷の一人テンパイで流局。

東1局1本場、渋谷がダブ東から仕掛ける。トイトイに向かって一直線。だが村上が3-6pで先制リーチ。これをツモって2000-4000のアガり。

東2局、天宮が喰いタンの仕掛け。5-8sの先制テンパイ。渋谷は北ポン仕掛け。親の村上は三色の仕掛け。だが天宮がそのままツモって500-1000のアガり。

東3局、親の天宮がペン3pのモロヒッカケで4巡目先制リーチ。これに渋谷が中盤振込んで7700の放銃。

東3局1本場、渋谷が西ポン。天開が東ポンからソーズのホンイツを見た進行。だが染まりきらずカン3sでテンパイ。

だが天開は一度テンパイを崩してホンイツへ向かう。天宮がその間にペン7pでリーチ。すると天開もカン5sでテンパイしめくり合い。

さらに渋谷もカン8pでテンパイを入れる。天開は4pを引いてオリ。渋谷も4pでオリ。最後のツモ番で天宮がツモ。2000オールのアガり。

東3局2本場、村上が5mポンしてマンズのホンイツ。一旦ポンカスのカン5mでテンパイ。その後2-5mに待ちが変わる。さらに南をポンして1-4mでテンパイ。

天宮がチートイツの3p単騎でテンパイし一旦ダマ。その後スジかつ5mポンが見えている7m単騎でリーチ。2人のめくり合い、村上は7pを引いて役なしの単騎テンパイに受け変え。ここはアガりは出ず。村上と天宮の2人テンパイで流局。

東3局3本場、天宮が5pチーから白発のバックの仕掛け。村上が8p9mのシャンポンで先制リーチ。そこに天開が4-7sで追っかけリーチ。

このめくり合いは村上が制する。天開から5200をロンアガり。

東4局、親の天開が中ポンから仕掛け。東を引っ張っていき暗刻にして56mのシャンポンテンパイ。これを村上から打ち取って12000ロン。場に安いマンズを残しての見事な手順のアガりを決めた。

東4局1本場、天開が発バックでとりあえずの仕掛け。天宮が3-6mで先制リーチ。終盤渋谷がカン8sでリーチも山になし。天宮と渋谷の2人テンパイで流局。

南場の展開

南1局2本場、親の渋谷はソーズのホンイツ。發ポンから仕掛ける。村上も南バックで仕掛けてテンパイ一番乗り。渋谷はペン3sでテンパイ後、2-5sに待ちが変わる。

これに村上は5pを切ってオリ。そこに天宮がタンヤオで仕掛けて4sを勝負し3s7pのテンパイ。この7pを渋谷が掴んでしまい2000放銃。チャンス手を逃した。

南2局、天開が自風でドラの西トイツを持って仕掛け。ただ親の村上が1-4-7pで先制リーチ。そこに渋谷が2-5pで追っかけリーチ。この2軒リーチに天宮が1pを打ち出して村上に放銃。3900のアガりとなった。

南2局1本場、村上が2pチーからピンズのホンイツへ向かう。3副露して4-7pでテンパイ。天開がそこにカン7pのテンパイで追いつくがダマに受ける。

天開は6pを引いてオリ。渋谷がカン4pで追いついてリーチ。このめくり合いは村上に軍配。4000オールのツモアガり。

南2局2本場、村上が發ポンからソーズのホンイツの仕掛け。天開が中盤に1-4sで先制リーチ。そこに村上が1s5sのシャンポンで追いつく。

このめくり合いは天開の勝ち。天宮が1sを打ち出して天開に2000の放銃。

南3局、渋谷が3-6pでテンパイも三色を見てダマテン。村上は西ポンから白バックのテンパイ。渋谷はダマのままツモ。700-1300のアガりでオーラスへ。

南4局、渋谷がカン5sテンパイもハネ満を狙ってテンパイ外し。次巡に4-7pでテンパイし先制リーチ。天宮はカン5sでテンパイしダマ。さらに村上も6-9sでテンパイしダマ。

このめくり合いは村上の勝ち。天開が9sを打ち出して1000のロンアガり。村上がトップで終了した。

最終結果

1位:村上淳   45800(+65.8)
2位:天宮こころ 31600(+11.6)
3位:天開司   18000(-22.0)
4位:渋谷ハジメ   4600(-55.4)

第2試合

出場選手

東家:Fra
南家:天宮こころ
西家:村上淳
北家:渋谷ハジメ

試合展開

東場の展開

東1局、村上がタンヤオの仕掛け。天宮はソーズのホンイツで仕掛け。渋谷が4m6pのシャンポンで先制リーチ。村上が中スジの6pで放銃。渋谷が1300のアガり。

東2局、渋谷が発ポンから仕掛け。Fraがカン3sで役なしテンパイしひとまずダマ。渋谷がペン7mのテンパイ。親の天宮が3p単騎でリーチ。

渋谷は8mを抜いてオリ。Fraがそのままツモって300-500のアガりでチャンスを潰した。

東3局、Fraが3-6-9sで先制リーチ。天宮は三色の仕掛け。親の村上がカン5sでテンパイし一通の役ありダマ。このカン5sをあっさりツモってしまい6000オールを決める。

東3局1本場、天宮が終盤に2pをポンしてトイトイ。渋谷は4-7pでリーチ。天宮が124sのテンパイ。ここは村上もテンパイを入れての3人テンパイで流局。

東3局2本場、渋谷がメンホンチートイのイーシャンテン。白を仕掛けて4-7pで先制テンパイ。そこに村上が2-5pでリーチ。すると同巡テンパイしたFraから7pが飛び出る。渋谷の8000のアガり。

東4局、村上がドラドラ赤の喰いタンで仕掛けてカン6mのテンパイ。そこに親の渋谷が白中シャンポンのリーチ。天宮は形式テンパイの鳴き。

ここは村上から中が出て渋谷が12000のアガりを決めた。渋谷がトップ目に浮上。

東4局1本場、天宮が高目一通の1-4-7sで先制リーチ。これに渋谷がイーシャンテンから押していき8000放銃。

南場の展開

南1局、親のFraが346pで先制リーチ。天宮がそこにダブ南バックで仕掛けてテンパイ。テンパイの天宮が4pを掴んでしまいFraに放銃。12000のアガり。

南1局1本場、村上が南ポン、ドラの発ポンと仕掛けて1-4pテンパイ。Fraがイーシャンテンから1pを押していき村上に8000放銃。

南2局、村上がなんと3巡目に6-9sのメンホンリーチ。渋谷が9sを暗刻にして四暗刻のイーシャンテン。Fraは6-9mのフリテンでダマ。

渋谷は2sポンして6m4pのトイトイテンパイ。天宮も粘って7p単騎の喰いタンテンパイ。渋谷は8pを大ミンカン。リンシャンからツモってきたのはなんと6m!1600-3200のアガりで村上のチャンス手も潰した。

南3局、Fraがマンズのホンイツで仕掛け。渋谷が3-6pで先制リーチ。これをあっさりツモって1300-2600。かなりトップが見えてきた。

南4局、村上が北ポンから2着を狙った仕掛け。ゼウスのFraを4着にすることも狙っているか。Fraは1000点アガりに喰いタン仕掛け。天宮はチートイツ。

Fraがカン3sで先制テンパイ。村上も2-5sでテンパイ。天宮がチートイツの5m単騎でリーチに行くと、そのリーチの現物である3sが村上から打たれる。Fraが1000点をアガり3着浮上。渋谷がトップを獲得した。

最終結果

1位:渋谷ハジメ  46900(+66.9)
2位:村上淳    32500(+12.5)
3位:Fra     11300(-28.7)
4位:天宮こころ    9300(-50.7)

第3試合

出場選手

東家:ルイス・キャミー
南家:千羽黒乃
西家:鈴木たろう
北家:郡道美玲

試合展開

東場の展開

東1局、千羽が中ポンから仕掛け。たろうは2sチーからソーズのホンイツで仕掛け。千羽が2-5mで先制テンパイ。たろうにも5-8sテンパイ。

2人のめくり合いは千羽に軍配。たろうが2mを掴んで2600を千羽に放銃。

東2局、たろうが245pで4巡目先制リーチ。これを赤5pツモで2000-4000に仕上げた。

東3局、たろうが三色バックの仕掛け。郡道は中盤しぶしぶ鳴いて3900の2-5sテンパイ。ルイスはカン3pで終盤テンパイしダマ。結局、郡道が5sをツモって1000-2000。

東4局、たろうが発ポンから仕掛け。たろうがカン6sで先制テンパイ。ルイスは形式テンパイの仕掛け。テンパイを取ったルイスから6sが出てたろうが2000のアガり。

南場の展開

南1局、郡道が5-8p亜リャンメンで3巡目先制リーチ。親のルイスはマンズのホンイツで仕掛けて押し返す。だが5sを引いて回っていく。そして6p単騎のテンパイで追いつく。

ここは手詰まったたろうから8pが出て郡道に放銃。3900のアガりとなった。

南2局、親の千羽が6-9sで先制リーチ。たろうは4-7pテンパイも3sがキツすぎて回りながらホンイツの復活を目指す。そしてフリテンのカン7sで一旦テンパイ。その後6sとダブ南のシャンポンテンパイ。

たろうは2s単騎のチートイツに待ちを変えてテンパイを取りきる。たろうと千羽の2人テンパイで流局。

南2局1本場、ルイスが手牌に発暗刻。7sチーからアガりに向かう。たろうは6sチーから喰いタンの仕掛け。そこに郡道が4-7mで先制リーチ。ここは郡道がドラをツモって2000-4000。郡道がトップ目に立つ。

南3局、親のたろうが5-8mで先制リーチ。これに一つでも上の順位が欲しい千羽が8mを押して放銃。たろうが12000のアガり。

南3局1本場、ルイスが西バックでドラの1pポンから仕掛ける。郡道はカン4sを仕掛けて喰いタンの8p単騎でテンパイを入れる。

郡道は西を引いてルイス警戒で止める。ただルイスは西バックでテンパイ。郡道は次巡に完全にオリ。だがルイスがラストの西をツモりあげ2000-4000ツモ。

南4局、たろうが白ポン。後から赤5pを引いてトップ条件クリアの手牌に組上げる。346p待ちで先制テンパイ。

ルイスは2-5pでテンパイを入れる。千羽が6-9mでリーチ。4pが出るもたろうが見逃し。ドラを勘違いして2000点と思って見逃してしまった。

すると千羽が一発ツモ。2000-4000のアガり。郡道がトップで終了した。

最終結果

1位:郡道美玲  32600(+52.6)
2位:鈴木たろう 31800(+11.8)
3位:ルイス・キャミー 22700(-17.3)
4位:千羽黒乃  12700(-47.1)

トータルポイント

1位:チームアトラス +256.6
2位:チームゼウス    +28.2
3位:チームアキレス    -48.5
4位:チームヘラクレス    -236.3

出場選手一覧はこちら

個人成績一覧はこちら

神域リーグ記事一覧はこちら

神域リーグに関する記事をこちらで一覧にしてまとめている。神域リーグの情報について知りたい方はこちらのページも参照いただきたい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

MリーグをNAGAで牌譜検討!

外部ページのnoteにてMリーグを麻雀AI「NAGA」を用いて解析した記事を販売しております。下記のリンクから無料で公開している記事をご覧になれますので、興味を持たれましたらご購入を検討いただければと思います。

またお得なメンバーシッププランもありますので、よろしければこちらもぜひ!

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事