t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

神域リーグ最終節試合結果 チームアトラスが他3チームをマイナスにしての完全優勝!

神域リーグ最終節は9月12日(月)18:00より開催されます。本記事ではその試合結果についてまとめていきます。

過去の試合結果および試合のルールについては下記の記事を参照してください。

パブリックビューイング開催

本日の試合はパブリックビューイングが行われています。第8節以降についても行われる予定ですので、詳細は上記の記事を参照ください。

YouTube配信

▼過去のアーカイブはこちら▼

実況・解説

実況:小林未沙
解説:土田浩翔

前節までの順位

1位:チームアトラス  +240.2
2位:チームゼウス      -4.1
3位:チームヘラクレス    -42.4
4位:チームアキレス    -193.7

第1試合・Cランク戦

出場選手

東家:郡道美玲
南家:渋谷ハジメ
西家:Fra
北家:歌衣メイカ

試合展開

東場の展開

東1局、郡道が中ポンから仕掛け。Fraは自風の西仕掛けてソーズのホンイツ。メイカも東ポンから速度を合わせる。郡道は中を加カンしてカン5mのテンパイ。

郡道はドラをポンして1-4mテンパイ。Fraは3-6sのマンガンテンパイ。ここは渋谷が6sを押してFraに8000放銃となった。

東2局、Fraが2-5mで先制リーチ。これに渋谷が追っかけリーチを打つも宣言牌が5m。Fraに6400の放銃。Fraは2局連続のアガりとなった。

東3局、メイカが1300-2600ツモ。

東4局、親のメイカが4000オールツモ。

東4局1本場、メイカが発中ポンからマンガンテンパイ。郡道が4mアンカンからダマ8000をFraから直撃。

南場の展開

南1局、メイカが9mポンからホンイツ。郡道から12000をロンアガり。

南2局、親の渋谷がメイカから7700ロン。

南2局1本場、渋谷が中ポンから500オールツモ。

南2局2本場、メイカが先制リーチ。同巡、郡道が追っかけリーチ。親の渋谷からメイカが一発で打ち取って3900のアガり。

南3局、メイカが先制リーチ。渋谷が仕掛けてテンパイを入れて先にツモアガり。1000-2000。

南4局、渋谷は白中ポンしてホンイツのテンパイ。メイカは6s片アガりのテンパイ。ここで郡道から6sが打ち出された。頭ハネで渋谷の8000のアガり。

最終結果

1位:歌衣メイカ 49400(+69.4)
2位:渋谷ハジメ 23300(+3.3)
3位:Fra      21900(-18.1)
4位:郡道美玲    5400(-54.6)

第2試合・Bランク戦

出場選手

東家:天宮こころ
南家:因幡はねる
西家:天開司
北家:ルイス・キャミー

試合展開

東場の展開

東1局、ルイスが6-9pで先制リーチ。そこに親の天宮が追っかけリーチを打つ。ルイスが因幡から5200をアガり。

東2局、ルイスが天開から3900のアガり。

東3局、因幡と親の天開の2人テンパイで流局。

東3局1本場、ルイスが両面仕掛けから南のみ1000点を天開からアガり。

東4局、親のルイスが2-5mで先制リーチ。これを終盤にツモって2600オールのアガり。

東4局1本場、ルイスが6-9p先制リーチ。これをツモって2000オール。

東4局2本場、天開が先制リーチ。因幡が追っかけリーチ。これに回っていったルイスがツモアガり。4000オールでさらにリード。

東4局3本場、因幡が東ポンから300-500ツモ。

南場の展開

南1局、ルイスがメンホンツモり四暗刻のテンパイ。だが天宮と天開から2軒リーチ。ここは天開が天宮から8000ロン。

南2局、天宮がドラの3sを大ミンカン。因幡が先制リーチ。同巡天開が追っかけリーチも宣言牌が因幡に放銃。12000のアガりとなった。

南2局1本場、天宮が天開から12000ロン。

南3局、因幡と天開がリーチのめくり合い。しかしダマで張っていたルイスが天開から2000ロン。トップ目でオーラスへ。

南4局、天開がメンホンで先制リーチ。4000-8000も順位変わらず。

最終結果

1位:ルイス・キャミー 59800(+79.8)
2位:因幡はねる    20400(+0.4)
3位:天宮こころ    12300(-27.7)
4位:天開司        7500(-52.5)

第3試合・Aランク戦

出場選手

東家:咲乃もこ
南家:千羽黒乃
西家:鴨神にゅう
北家:白雪レイド

試合展開

東場の展開

東1局、親の咲乃が2600オールツモ。

東1局1本場、千羽が1300-2600ツモ。

東2局、全員ノーテンで流局。

東3局1本場、咲乃が千羽から1000ロン。

東4局、鴨神が4巡目先制リーチ。これを一発でツモって3000-6000。

南場の展開

南1局、親の咲乃が先制リーチ。そこに鴨神がツモり四暗刻の追っかけリーチ。ここは咲乃が競り勝ち、2600オールのツモアガり。

南1局1本場、咲乃が先制リーチ。そこに鴨神が追っかけリーチ。ここは咲乃に軍配。2局連続の2600オール。

南1局2本場、白雪と咲乃のめくり合い。これを咲乃が制して6000オールのアガり。

南1局3本場、千羽がタンヤオドラ3の2000-4000ツモ。

南2局、咲乃が先制リーチからツモって500-1000。

南3局、咲乃と鴨神のリーチでのめくり合い。ここは白雪が咲乃に8000放銃。

南4局、親の白雪がダマ12000を鴨神から直撃。

南4局1本場、白雪が1000オールで連荘成功。

南4局2本場、咲乃が白雪から2600ロン。咲乃がトップを獲得した。

最終結果

1位:咲乃もこ  67900(+87.9)
2位:千羽黒乃  23500(+3.5)
3位:白雪レイド   5400(-34.6)
4位:鴨神にゅう   3200(-56.8)

トータルポイント

1位:チームアトラス  +354.8
2位:チームヘラクレス    -35.2
3位:チームゼウス      -131.5
4位:チームアキレス    -188.1

試合データ

出場選手一覧はこちら

個人成績一覧はこちら

神域リーグ記事一覧はこちら

神域リーグに関する記事をこちらで一覧にしてまとめている。神域リーグの情報について知りたい方はこちらのページも参照いただきたい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事