t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

プリンセスオブザイヤー2022 ベスト8試合結果 水崎ともみ・佐月麻理子・田なべもえ・安達瑠理華の4名が決勝進出!

2022年4月10日より開催中の女流麻雀プロのタイトル戦「プリンセスオブザイヤー2022」。本記事ではベスト8戦の試合結果をまとめています。

プリンセスオブザイヤー2022の詳細情報については下記の記事を参照ください。

出場者一覧

A卓

佐月麻理子
中里春奈
水崎ともみ
大島麻美

B卓

田なべもえ
涼宮麻由
安達瑠理華
会田日和

YouTube配信

A卓試合結果

1回戦

席順

東家:佐月麻理子
南家:大島麻美
西家:中里春奈
北家:水崎ともみ

試合展開

東1局、水崎が佐月とのリーチ対決を制し12000をアガってまずはリード。東2局は大島が6000オールをツモアガり。大きな手の飛び交う派手な展開。

流局とアガりを続けながら南1局では7本場まで積んだところで中里が親の佐月から8000を直撃。佐月がハコ下に沈んで、他3人のトップ争いになる。

ここで南3局大島が水崎から8000を直撃。これで一気に抜け出した。大島がトップで決まりかと思われたが、ラス親の水崎がなんとか連荘して可能性を繋いでいく。

そして南4局2本場、水崎が先制リーチからの一発ツモで6000オール。これで水崎が逆転。最後は中里が8000を水崎からアガり終了。水崎がトップを獲得した。

1回戦結果

1着:水崎ともみ +59.1
2着:大島麻美  +24.5
3着:中里春奈  -18.9
4着:佐月麻理子 -64.7

2回戦

席順

東家:水崎ともみ
南家:佐月麻理子
西家:中里春奈
北家:大島麻美

試合展開

東1局、1回戦トップで親の水崎が中里から7700ロンで好調なスタート。だが1本場では中里がハイテイツモで3000-6000を決める。

さらに東2局では佐月がテンパイしていた大島から12000を打ち取る、とめまぐるしい展開。1本場、佐月はさらに中里から12000。1回戦のハコラスを取り返す勢い。

だが東4局、水崎は両面チーからテンパイを入れて佐月から8000を打ち取る。佐月はトップ目のままも水崎が一気に迫って南入。

南場でもさほど点差は変わらないまま、水崎がさらにトップの佐月と少し差を詰めていく。オーラスは大島が中里から7700をアガって1本場。最後は水崎が中里のリーチに回りながらチートイツでアガりきり、佐月をかわして2戦連続のトップを獲得!佐月が2着となった。

2回戦結果

1着:水崎ともみ +47.9
2着:佐月麻理子 +12.6
3着:大島麻美  -21.1
4着:中里春奈  -39.4

3回戦

席順

東家:佐月麻理子
南家:水崎ともみ
西家:中里春奈
北家:大島麻美

試合展開

東1局、佐月が中里から5800をアガってスタート。佐月は東2局でも2000-4000。トータル2位の大島との差を詰めていく。

さらに東3局、佐月はチートイツをリーチから一発でツモって3000-6000。さらに点数を稼ぐ。その後、南場では水崎がアガりながら局が進む。ただ佐月はまだトップのまま。

南3局4本場、佐月が700-1300をツモアガり、これで一気に有利な状況になった。中里は役満ツモが必要となり厳しい。ラス親の大島が佐月をかわせるかというオーラス。

しかしオーラスは全員テンパイを入れられずに流局。水崎と佐月が決勝進出を決めた!

3回戦結果

1着:佐月麻理子 +53.5
2着:水崎ともみ +17.5
3着:中里春奈  -28.8
4着:大島麻美  -42.2

A卓最終結果

1位:水崎ともみ +124.5
2位:佐月麻理子     +1.4
3位:大島麻美     -38.8
4位:中里春奈     -87.1

B卓試合結果

1回戦

席順

東家:会田日和
南家:安達瑠理華
西家:田なべもえ
北家:涼宮麻由

試合展開

東1局、涼宮が田なべとのめくり合いを制して3000-6000で開局。東3局では安達が2000-4000ツモ。涼宮トップ、安達2着目で南入する。

南1局、安達がハネ満の3-6pのテンパイを入れてダマテン。これに田なべが3pをすぐ掴んでしまい不運な18000放銃。安達がトップを逆転する。

だが安達は南3局の田なべの親番で5800を田なべに放銃。涼宮との差が縮まってオーラスへ。最後は田なべが3着のままとなる1000-2000のアガり。安達が僅差で逃げ切りトップを獲得した。

1回戦結果

1着:安達瑠理華 +47.2
2着:涼宮麻由  +14.2
3着:田なべもえ -20.3
4着:会田日和  -41.1

2回戦

席順

東家:涼宮麻由
南家:安達瑠理華
西家:田なべもえ
北家:会田日和

試合展開

東1局、涼宮・田なべ・会田の3軒リーチに発展。ここは会田が田なべに12000を放銃するスタートとなった。東3局、東4局では涼宮が連続和了。田なべとほぼ並びの2着まで来ての南入となった。

南場に入って涼宮がテンパイノーテンで一度まくるも、南2局1本場で田なべが安達から5200をアガり、リードを作る。さらに田なべは南3局でも涼宮・安達との3軒リーチに競り勝ち4000オール。これで勝負は決まった。オーラスは涼宮が500-1000。田なべがトップを獲得した。

2回戦結果

1着:田なべもえ +66.0
2着:涼宮麻由  +17.8
3着:安達瑠理華 -28.4
4着:会田日和  -55.4

2回戦までのトータル

1着:田なべもえ +45.7
2着:涼宮麻由  +32.0
3着:安達瑠理華 +18.8
4着:会田日和  -96.5

3回戦

席順

東家:会田日和
南家:田なべもえ
西家:安達瑠理華
北家:涼宮麻由

試合展開

東1局、安達が2000-4000ツモで涼宮を逆転するのに快調なスタート。東2局は会田が3000-6000ツモでデカトップに一歩前進。

その後は大きなアガりは出ず南1局。親の会田がリーチもアガれず流局。これで会田はかなり厳しくなった。さらに2回戦までトップの田なべが3回戦ラス目で通過できないポジション。

オーラス、安達・涼宮はこのままなら通過。田なべは1000-2000ツモ条件。僅差の最終局、田なべが3巡目に先制リーチ。これをそのままツモって裏2枚でオマケの3000-6000。安達・田なべが決勝進出!前回優勝者の涼宮がここで敗退となった。

3回戦結果

1着:会田日和  +38.9
2着:田なべもえ   +7.7
3着:安達瑠理華  -14.4
4着:涼宮麻由   -32.2

B卓最終結果

1位:田なべもえ +53.4
2位:安達瑠理華   +4.4
3位:涼宮麻由    -0.2
4位:会田日和  -57.6

その他タイトル戦の試合結果はこちら


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事