t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

Mリーグ2022-2023 11月28日 第65試合・第66試合結果 雷電・本田、初の個人3連勝!

本記事ではMリーグ2022-2023レギュラーシーズン・11月28日の第65・66試合の結果をまとめています。

別日の試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

NAGA解析

こちらの記事で試合結果をNAGAにて解析し検討を行っています。興味のある方はぜひご覧ください。

前日までのポイント状況

渋谷ABEMAS                         +459.2
EX風林火山                            +248.5
KONAMI麻雀格闘倶楽部         +66.3
TEAM雷電                                 -93.4
U-NEXTパイレーツ                 -101.5
KADOKAWAサクラナイツ      -102.2
セガサミーフェニックス        -158.6
赤坂ドリブンズ                     -318.3

本日の出場チーム

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
TEAM雷電

第1試合の出場選手

東家:本田朋広(TEAM雷電)
南家:堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)
西家:村上淳(赤坂ドリブンズ)
北家:滝沢和典(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

全体の展開

東場の展開

東1局、全員中々テンパイが入らない。終盤親の本田が2pをチーして2-5sのテンパイ。さらに7mもアンカンするがアガれず。堀が残り1巡でリーチに行くもこれもアガれず。本田と堀の2人テンパイで流局。

東1局1本場、堀が配牌でイーシャンテン。しかしドラの中トイツの滝沢が三色のカン8pテンパイを入れてダマ。これをそのままツモって2100-4100のアガりを決めた。

東2局、ドラ8pトイツの本田がさらに8pをチーして喰いタンのイーシャンテン。3pを暗刻にして4-7pのマンガンテンパイを入れる。親の堀はソーズのホンイツで仕掛けていき、3副露して2-5sのテンパイ。

めくり合いとなり、本田は3sが打ち切れずに回る。本田は3sを止めながらもう一度テンパイとするが、堀が5sツモ。2000オールのアガりとした。

東2局1本場、堀が4巡目に7s9sのシャンポンで先制リーチ。本田がそこに粘って2-5pで追っかけリーチ。本田はこれを一発でツモ。裏も1枚乗せて3000-6000のアガりを決めた。

東3局、村上が中盤に発をポンして仕掛ける。その直後、滝沢から5-8sの先制リーチ。手牌にドラドラでラス目の村上はこれに強く押していき、最終的にテンパイ打牌が8sとなり放銃。滝沢が5200のアガり。

東4局、親の滝沢がタンヤオチートイドラ2の3s単騎でテンパイしダマ。これに堀がイーシャンテンから3sを打ち出し放銃。滝沢が12000のアガり。堀には不運な放銃となった。

東4局1本場、本田がカン8sで先制リーチ。これを一発でツモって1100-2100のアガり。トップ目の滝沢との点差を詰めて南入した。

南場の展開

南1局、村上が終盤5sチーから三色のアガりを目指す。さらに堀も渋々5mをチーして3-6sのテンパイを取る。ここは堀が3sをツモって500-1000。

南2局、親の堀がカン7pで先制リーチ。他3者はこのリーチに回る。滝沢は終盤に仕掛けて5-8mのテンパイ。しかしアガりは出ず、堀と滝沢の2人テンパイで流局。

南2局1本場、村上が高目一通の4-7pで先制リーチ。堀がこのリーチに粘り、4pを止めて終盤にカン5pのダマテンを入れる。これを村上から打ち取り4200。ギリギリで連荘に成功した。

南2局2本場、村上がカン2pのチャンタで先制リーチ。そこに本田が村上のリーチの現物待ちである5-8pでテンパイしダマ。これがすぐに滝沢から出て1600ロン+1000のアガり。村上は2局連続リーチを潰された。

南3局、村上が終盤カン3mで先制リーチ。残り山に1枚のリーチだったがこれをツモアガり2600オール。

南3局1本場、村上が高目三色の5-8mノベタンで先制リーチ。終盤に高目となる5mをツモって6000オール。一気に本田・滝沢との点差を詰めてトップ争いに参戦した。

南3局2本場、本田が自風の西ポンからソーズのホンイツへ向かう。本田が5s南のシャンポンでテンパイを入れるが、堀もチートイツの3p単騎でリーチをかける。ここは本田が強く押していき、堀から南を打ち取って8600+1000のアガり。本田がトップ目に躍り出た。

南4局、本田が喰いタンで仕掛けて自力で終わらせにかかる。そして目論見通り、本田が2-5mで先制テンパイ。これが堀から出て1000。本田は個人3連勝となるトップを飾った。

第1試合の最終順位

1着:本田朋広 40000(+60.0)
2着:滝沢和典 33500(+13.5)
3着:村上淳  27900(-12.1)
3着:堀慎吾  -1400(-61.4)

第2試合の出場選手

東家:園田賢(赤坂ドリブンズ)
南家:黒沢咲(TEAM雷電)
西家:伊達朱里紗(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
北家:渋川難波(KADOKAWAサクラナイツ)

全体の展開

東場の展開

東1局、渋川は国士とチャンタ狙い。伊達が中盤過ぎ、赤赤ドラの手で喰いタンの仕掛け。そこに黒沢から3-6mで先制リーチ。伊達と園田がこれに粘るがテンパイできず。黒沢もアガりは出ず、黒沢の1人テンパイで流局。

東2局1本場、園田が3巡目に高目三色の5-8mの先制リーチ。これに粘りにいった黒沢が高目の8mを打ち出し8300放銃。

東3局、中盤渋川がペン3pのテンパイを入れるもドラが出て行くのを嫌ってかテンパイ外し。園田が終盤カン8sをチーして発暗刻の3-6sテンパイを入れる。園田はそのままこれをツモって500-1000のアガり。

東4局、園田が東ポンから仕掛け。園田はペン3sもチーしてカン5mのテンパイ。そこに親の渋川がカン5pでリーチ。園田は4m中に待ちを変えると、すぐにこれをツモアガり。400-700+1000のアガりで渋川の親リーチを潰した。

南場の展開

南1局、黒沢が中盤四暗刻のイーシャンテン。そこに親の園田が4-7pで先制リーチ。黒沢はカン5mのイーペーコーでテンパイしダマ。2人のめくり合いとなったがこれはアガり出ず。園田と黒沢の2人テンパイで流局。

南1局1本場、伊達が2-5mで先制リーチ。これを一発でツモって2100-4100のアガり。トップ目の園田に迫る。

南2局、渋川が発ポンからソーズのホンイツ。伊達が4巡目にカン2mでテンパイし先制リーチ。渋川もイーシャンテンから押していき4-7sのテンパイを入れてめくり合いに。しかしこれは決着つかず。伊達と渋川の2人テンパイで流局。

南3局1本場、親の伊達が9sポンからソーズのホンイツへ向かう。しかし全員テンパイしないまま終盤へ。渋川が形テン狙いの仕掛けを入れる。渋川が1-4sのテンパイを入れるが他3者はテンパイできず。渋川の1人テンパイで流局。

南4局2本場、黒沢が発ポンから珍しく仕掛けを入れる。黒沢は一旦カン3mのテンパイからピンズのホンイツへ移行。黒沢は3p西のシャンポンでテンパイ。そこにラス親の渋川から4-7sでリーチ。

このめくり合いは渋川に軍配。裏2枚を乗せて6200オールのアガりで一気に渋川がトップ目に。

南4局3本場、渋川はチャンタ、黒沢はチートイツ。中盤園田が8pポンして5-8mのテンパイを入れ2着確保のアガりを狙う。そこに伊達も2着狙いのカン8mテンパイを入れてダマ。2人のめくり合いとなり勝ったのは園田。伊達は5mを掴んで1900放銃。渋川が3勝目をあげた。

第2試合の最終順位

1着:渋川難波  42300(+62.3)
2着:園田賢   27400(+7.4)
3着:伊達朱里紗 21800(-18.2)
4着:黒沢咲     8500(-51.5)

チームポイントランキング

渋谷ABEMAS                         +459.2
EX風林火山                            +248.5
KONAMI麻雀格闘倶楽部         +61.6
TEAM雷電                                 -84.9
KADOKAWAサクラナイツ      -101.3
U-NEXTパイレーツ                 -101.5
セガサミーフェニックス        -158.6
赤坂ドリブンズ                     -323.0

試合データ

その他Mリーグの記事はこちら


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

MリーグをNAGAで牌譜検討!

外部ページのnoteにてMリーグを麻雀AI「NAGA」を用いて解析した記事を販売しております。下記のリンクから無料で公開している記事をご覧になれますので、興味を持たれましたらご購入を検討いただければと思います。

またお得なメンバーシッププランもありますので、よろしければこちらもぜひ!

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事