天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

「雷電の麻雀は面白いんです!」 TEAM RAIDEN / 雷電

「雷電の麻雀は面白い」を標榜して戦い続ける、TEAM RAIDEN / 雷電。所属するMリーガーも皆個性派揃いだ。

本記事ではそんなTEAM RAIDEN / 雷電について紹介していこう。

概要

基本情報

オーナーは株式会社電通。

チーム名の雷電とは史上最強の相撲取りと呼ばれる、伝説の力士「雷電爲右エ門(らいでんためえもん)」から命名。

雷電のような強さと礼儀を兼ね備え、雷のごとく電光石火の攻撃を目指す、という意味がある。

チームの特徴として全員の副露率が非常に低く、メンゼン派の雀士で構成されている。

また、Mリーグのチームの中で唯一ファイナルに進出したことがないチームである。

監督:高柳寛哉

監督は電通第9ビジネスプロデュース局に所属している高柳寛哉。

チームメンバー

萩原聖人

Mリーグ2018ドラフト1位指名

生年月日:1971年8月21日 
出身地:神奈川県茅ヶ崎市
血液型:B型
所属団体:日本プロ麻雀連盟

俳優として一流でありながら、麻雀プロとしてもMリーガーにも選ばれた2足のわらじを履いたプロ。

もともとはアマ最強として鳴らしていたが、Mリーグができるにあたり2018年に日本プロ麻雀連盟に所属し麻雀プロとなった。なのでプロ歴は短い。

雀風としてはかなりの手役派。あえて損な打牌をしてでも手役を追い求め、手牌の最高点を追求する麻雀。

瀬戸熊直樹

Mリーグ2018ドラフト2位指名

生年月日:1970年8月27日
出身地:千葉県
血液型:O型
趣味:クラップダンス
所属:日本プロ麻雀連盟14期生

これまでに連盟のトップタイトルである鳳凰位を3期獲得、さらに十段位を3連覇。
また、最高位戦日本プロ麻雀協会のタイトルである發王位も1期獲得するなど、超一流の実績を残している。

2021年12月12日には2021最強戦優勝するなど、雀力の衰えるところを知らない。

雀風としてはかなりのオカルトで清々しいほどの流れ論者。打ちスジはかなりのメンゼン派で押しが強く、常にギリギリまで踏み込む麻雀を打つ。

黒沢咲

Mリーグ2018ドラフト3位指名

生年月日:10月6日(年齢非公表)
出身地:東京都
血液型:A型

父親が会社の社長というお嬢様。麻雀の打ちスジも「セレブ打法」と呼ばれ、鳴きをほとんど使わず、高打点のアガりを狙うという麻雀。

麻雀プロ最強と呼び声高い、渋谷ABEMASの多井隆晴プロの天敵。

YouTube活動

黒沢は2020年6月よりYouTubeチャンネルを解説。
麻雀の動画ももちろんあるが、黒沢プロのプライベートな面を動画にしたものが多い。

チーム雷電のチームメイトも時たま出演しているので、萩原、瀬戸熊、本田のファンの方も一度見てみてはいかがだろうか。

本田朋広

Mリーグ2021ドラフト指名

生年月日:1983年10月3日
出身地:富山県
血液型:A型
所属プロ団体:日本プロ麻雀連盟

自身で雀荘を経営しながら麻雀プロとしても活動していた。連盟の北陸支部に所属し、地方プロの星ともいうべき存在。

EX風林火山のドラフト会議指名選手オーディションに参加しており、かなり惜しいところまでいったものの落選。

ただ、オーディション前から目をつけていた雷電からの指名を受けてMリーガーとなった。

雀風はバランス型だがメンゼン派で雷電のチームカラーとマッチしている。

Mリーグでの戦績

2018シーズン

レギュラーシーズン:7位敗退

総合ポイント:-227.5    

個人成績

レギュラーシーズン

黒沢咲           +116.9    
萩原聖人          -61.0    
瀬戸熊直樹    -283.4

2019シーズン

レギュラーシーズン:5位

総合ポイント:-80.1   

セミファイナル:6位敗退

持ち越しポイント:-40.0    
セミファイナルのポイント:-46.8    
総合ポイント:-86.8    

個人成績

レギュラーシーズン

黒沢咲          +150.5    
瀬戸熊直樹    +20.9    
萩原聖人       -251.5

セミファイナル

黒沢咲           +45.7    
萩原聖人          -1.2    
瀬戸熊直樹    -91.3

2020シーズン

レギュラーシーズン:6位

総合ポイント:-210.5    

セミファイナル:6位敗退

持ち越しポイント:-105.2    
セミファイナルのポイント:-240.9    
総合ポイント:-346.1 

個人成績

レギュラーシーズン

黒沢咲         +193.3    
瀬戸熊直樹   +57.0    
萩原聖人      -460.8

セミファイナル

黒沢咲           -31.0    
瀬戸熊直樹    -94.2    
萩原聖人     -115.7

2021シーズン

レギュラーシーズン:8位敗退

総合ポイント:-1256.1

個人成績

レギュラーシーズン

黒沢咲          -148.8
本田朋広    -307.8
萩原聖人      -394.0
瀬戸熊直樹  -405.5 

他チーム紹介はこちら!

Mリーグに参戦している全8チームの紹介記事をまとめている。興味のある方はこちらもどうぞ。

他のMリーガーについての紹介はこちら!

Mリーグ2022を戦っている32名のMリーガーについて、解説記事を書いている。興味のある方は是非こちらもご覧いただきたい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!