t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 2月18日 78日目試合結果 首位攻防戦は際どくパイレーツが制す

f:id:cjr14137:20220218170401p:plain

本記事ではMリーグ2021の試合結果をまとめていきます!

前日までの試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

前日までのポイント状況

1位:U-NEXTパイレーツ                 +312.7pts
2位:EX風林火山        +281.1pts
3位:渋谷ABEMAS                           +193.9pts
4位:セガサミーフェニックス        +181.8pts
5位:KADOKAWAサクラナイツ    +160.7pts
6位:KONAMI麻雀格闘倶楽部   +94.3pts 
7位:赤坂ドリブンズ            -139.7pts 
8位:TEAM雷電                               -1104.8pts

本日の出場チーム

TEAM雷電
U-NEXTパイレーツ
赤坂ドリブンズ
EX風林火山

第1試合の出場選手

東家:本田朋広
南家:小林剛
西家:鈴木たろう
北家:勝又健志

全体の展開

東場の展開

東1局、発を仕掛けた小林。トップを取るしかない本田から打ち取って5200でスタート。

東2局にたろうが2000をアガると、東3局では小林と本田のリーチ対決となり、小林が本田から8000をアガり、トップ目に立つ。

東4局、勝又が場を見ながら500オールツモ、小林から2900直撃と連荘。だが2本場ではたろうがダマテンのマンガンを入れ、勝又から8000をアガる。

これでたろうが微差だがトップ目となって南入した。

南場の展開

南1局、全員の配牌がいい。ラス目の本田はかなり連荘したかったが、本田のリーチに勝又が追っかけ。そして勝又が一発ツモで2000-4000。本田の親が流れる。

南2局、小林が1人テンパイで流局して1本場。本田がドラドラ赤の手牌をもらって、3巡目にテンパイ。まず4s7mのシャンポンでダマにすると、次巡に6-9mに変化してリーチ。

これをツモって3000-6000。本田にもトップの可能性が出てきた。

南3局、本田が先制リーチも1人テンパイで流局。4者が2万点台でオーラスへ。

南4局、小林が先制リーチだが勝又が終盤に追いついてリーチ。これを一発でツモアガり、勝又が6000オール。これで大勢は決した。

南4局1本場、小林が5巡目リーチであっさりツモって700-1300。たろうをかわして小林が2着浮上。勝又がトップを獲得した。

第1試合の最終順位

1位:勝又健志  43600(+63.6)
2位:小林剛   22900(+2.9)
3位:鈴木たろう 21200(-18.8)
4位:本田朋広  12300(-47.7)

第2試合の出場選手

東家:園田賢
南家:二階堂亜樹
西家:石橋伸洋
北家:黒沢咲

全体の展開

東場の展開

東場は石橋の独壇場。東1局に南単騎のイーペーコーリーチを黒沢から一発で捉え5200。

東2局は黒沢が500-1000をツモ。東3局で石橋が親番を迎えるとまず9m単騎の仮テンをツモって500オール。

1本場、黒沢と亜樹の2軒リーチに挟まれるが、上手く回った上で黒沢の待ちが5枚ワンパイという幸運もあり連荘。

そして2本場、タンピンドラ赤の4-7sテンパイをダマテンに受けてそのままツモって4000オール。終盤、赤5sをツモ切ってアガり率をMAXにする「黒いデジタル」も垣間見えた。

3本場、亜樹がチートイツでリーチにいくが石橋も粘って2-5-8mリーチ。これを亜樹が一発で掴んで7700放銃。

4本場も亜樹から3900をアガって6万点を超えるトップに!

5本場は黒沢が2000-4000、東4局は園田が2000-4000で追いすがるが、石橋が55000点持ちのトップで南入した。

南場の展開

大勢は決したかに思われたが、南1局黒沢がさらに2000-4000。これでトップの座が見えてきた。

しかし、ここからもう一つドラマが始まる。南2局、-900点持ちラス目の親番亜樹がドラ赤赤の配牌を貰う。

これを仕上げてリーチしてツモって6000オール。まず園田をかわして一気に3着目に浮上。

そして次局も白中を仕掛けてドラ赤の4000オール。さらに黒沢をかわして2着目となり、石橋の背中まで見えてきた。

だがここで石橋が命懸けの仕掛け。親リーチが来たら防御力0でガンガン仕掛ける。

特に印象的だったのは57789pから9pを仕掛けて、イーシャンテンからイーシャンテンで8pの受けを増やした場面。

この手でアガりきるんだという石橋の強い意志を感じた。この手が成就し、黒沢から1000点。見事に亜樹の親を流した。

だが亜樹も負けていない。親番を落とした次の南3局で園田から12000をアガり、石橋と6100点差まで詰め寄る。

迎えたオーラス、親の黒沢がドラの北単騎でリーチだが、石橋も同順にピンフのテンパイ。5pを思い切りプッシュすると、次の黒沢のツモが石橋のアガり牌。

2000のアガりで終了。石橋がトップを守りきった。

第2試合の最終順位

1位:石橋伸洋  48500(+68.5)
2位:二階堂亜樹 39400(+19.4)
3位:黒沢咲   16900(-23.1)
4位:園田賢   -4800(-64.8)

2試合の合計ポイント

TEAM雷電              -70.8
U-NEXTパイレーツ +71.4
赤坂ドリブンズ       -83.6
EX風林火山             +83.0

チーム順位

1位:U-NEXTパイレーツ                 +384.1pts
2位:EX風林火山        +364.1pts
3位:渋谷ABEMAS                           +193.9pts
4位:セガサミーフェニックス        +181.8pts
5位:KADOKAWAサクラナイツ    +160.7pts
6位:KONAMI麻雀格闘倶楽部   +94.3pts 
7位:赤坂ドリブンズ            -223.3pts 
8位:TEAM雷電                               -1175.6pts

検討配信

園田賢

鈴木たろう

Mリーガー紹介記事

Mリーガーの紹介記事をまとめています。Mリーグを見て、興味を持っていただいた方はこちらもぜひご覧いただければと思います。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事