天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

神域リーグ選手紹介!「漢気麻雀」歌衣メイカ

2022年5月より新たな麻雀リーグである「神域Streamerリーグ」通称・神域リーグが開催される。

Mリーガーを監督に迎えて行う一大イベントとなっており、監督を除いて12名の選手がドラフトで選出された。

本記事ではそのうちの1人、チームアトラス3巡目指名・歌衣メイカについて解説。VTuberとしての活動実績や麻雀の実績などについてまとめていく。

他チームの選手の詳細は下記を参照。

基本プロフィール

年齢:18歳
身長:164㎝
性別:男性かつ女性

活動実績

2018年2月25日から活動を開始した個人勢のVTuber。ゲーム実況を中心に描いてみたや歌ってみたなど幅広い動画を投稿している。

投稿を始めた段階では女性アバターを使用していたが、2020年から女性アバターはクリエイター・プロデューサーとして使用し、メイン動画や配信は男性アバターで行っている。

活動開始した2018年にキズナアイが開催したマリオカートの大会「キズナアイ杯」に参加し見事優勝。

またVTuberのクラッシュ・ロワイヤル大会で準優勝するなど、ゲームに関してかなりの経歴を持っている。

漢気麻雀

麻雀配信に関しては、アバターが男性になった2020年に初配信。

このときからやっている歌衣メイカの配信独特の麻雀ルールが「漢気麻雀」だ。


簡単にルールを説明すると、ハネ満以上の手しかアガれず、自分がアガれない場合は他者のハネ満以上のアガりに差し込む、というものだ。

通常の麻雀とは違い、自分の手を育てる楽しみがあり、差し込みも意味があるので勝ち負けより皆で盛り上がれる点が優れている。

このルールで多様な方とコラボしており、このルールを発明したという功績は歌衣メイカの麻雀界への大きな貢献といえよう。

雀魂V_IH

2020年11月に開催された雀魂バーチャルインターハイ、歌衣メイカは同神域リーグのメンバーでもある天開司らと共に『漢気塾高校麻雀部』として出場。


この大会で所属チームは見事優勝を果たし、麻雀での初タイトルを獲得した。

この大会に参加することがきっかけで麻雀を学ぶようになり、麻雀の駆け引きにおける面白さを感じ、より麻雀にハマるようになった。

神域リーグ

神域リーグでは村上淳プロ率いるチームアトラスから3巡目指名を受け入団。

チームメンバー

村上淳

神域リーグ「チームアトラス」の監督を務める。

2001年に最高位戦に入会。しばらくタイトルに恵まれなかったが、2010年に最高位を獲得したのを皮切りに、日本オープンや最高位戦Classicなど多くのタイトルを獲得しているトッププロ。

手を長くメンゼンで持ち、リーチで高打点を作る。そのリーチの多さ・強さから「リーチ超人」と呼ばれる。

ルイス・キャミー

にじさんじ所属の女怪盗VTuber。結構な頻度で麻雀の配信を行っており、麻雀への力の要れ具合が分かる。

日本プロ麻雀連盟に所属する齋藤豪プロ扮する「牛さん」を師匠としており、オーソドックスな麻雀を打つ。

白雪レイド

段位:雀聖2

FPSを中心としたゲーム配信を行っている「Neo-Porte」という事務所所属のVTuber。麻雀に限らず、様々なゲームのレベルが高い。

麻雀の実力は文句なしだが、運に恵まれずぶち切れている白雪レイドの切り抜きを見て以来、個人的にはどうもその芸人的イメージが固定されている。

個人成績

神域リーグでの選手個人の成績については下記を参照。個人スコアなどの表彰対象と、放銃率・和了率などのデータを掲載している。

試合結果一覧

試合結果についてはこちらのページのリンクを参照。出場選手や実際の試合展開について記載している。

 

神域リーグ記事一覧はこちら

神域リーグに関する記事をこちらで一覧にしてまとめている。神域リーグの情報について知りたい方はこちらのページも参照いただきたい。

 


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!