天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

第12期麻雀グランプリMAX優勝は二階堂瑠美プロ!

本日、第12期麻雀グランプリMAXの決勝戦最終日が行われ、二階堂瑠美プロが優勝した。

訂正:渡辺文哉(誤)→渡辺史哉(正)

これまで前身となる麻雀グランプリのタイトル獲得者を含めて、16名のタイトルホルダーが存在したが、いずれも男性プロであり、二階堂瑠美プロが女流で初の戴冠となった。

決勝戦1日目終了時点での順位は

渡辺史哉  +29.2
二階堂瑠美 +14.1
黒沢咲   -20.6
紺野真太郎 -22.7

ここから瑠美は5回戦でトップ、6回戦で浮きの2着を獲得しトップ目に躍り出る。そこに紺野が5回戦で2着、6回戦でトップを獲得し迫る。

7回戦終了時でも瑠美1位、紺野2位は変わらず。33.1ポイント差で迎えた最終8回戦。

終盤まで優勝がどちらに転ぶか分からない展開だったが、南3局に瑠美が紺野とのめくり合いを制し、1300-2600をツモアガったことが勝負の決め手となった。

オーラスは全員ノーテンで流局。最終結果は

二階堂瑠美 +57.6
紺野真太郎 +34.2
渡辺史哉  -41.2
黒沢咲   -50.6

その他タイトル戦については下記を参照。

麻雀グランプリMAXとは

2005年より新設されたタイトル。2010年に「麻雀グランプリ」をリニューアルし創設された。

・現タイトルホルダー
・主要タイトル獲得の経験を持つ九段
・ポイントランキング上位者の連盟所属プロ

のみが出場できるタイトル戦。ポイントランキングについては、各種タイトル戦の成績によって定められる。

一次予選からベスト8までは1卓につき5回戦を行い、各卓上位2名が勝ち上がり。決勝戦はベスト8勝ち上がりの4名で計8回戦を2日間かけて行い、総合計ポイントトップ者が優勝者となる。

 


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!