t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

2022年8月17日開催 第11期天鳳名人戦最終節結果 第12代天鳳位・おかもとが優勝!

8月17日、第11期天鳳名人戦の最終節が行われる。本記事ではその試合内容および結果についてまとめていく。

天鳳名人戦とは

天鳳名人戦はオンライン麻雀ゲーム「天鳳」において、年間を通して行われるタイトル戦。天鳳位を始めとする天鳳プレイヤーとプロ雀士が全11節を戦う。

基本的なルールは天鳳の段位戦に準拠する。ただし持ち点は3万点持ち3万点返し。順位点は50-20-0-▲70。

大会は16名で開始し、第5節終了時場12名が勝ち上がり。第8節終了時に上位8名、第10節終了時に上位4名が勝ち上がる。各節のポイントは持ち越しだが第8節終了時にポイントを半分にする。

YouTube配信

出場者

マークツー
茨城啓太
おかもと
yoteru

実況・解説

実況:小林美沙
解説:醍醐大・朝倉康心

第10節までのポイント状況

マークツー +287.5
茨城啓太  +249.1
おかもと  +160.6
yoteru   +136.8

試合結果

第1試合

東場では大きなアガりが出ないまま進み、トップ目のyoteruが33800点という状況。しかし、最終節開始時点でのトップだったマークツーがラス目のため、マークツーにラスを押しつけようと周りは考える。

南1局、マークツーの親番では0本場は流局連荘だったが、1本場では茨城がきっちりアガって700-1300で流す。さらに南2局でもマークツーが親のおかもとに12000放銃。

ほぼラスが決まりかと思われたが、南2局1本場でマークツーが2000-4000ツモ。南3局では1300-2600の2連続アガりで3着に浮上した。

だが南4局で再びおかもとのダマ7700にマークツーが放銃し、結局マークツーがラスで終了。

第1試合終了時のポイント

茨城啓太  +272.7
おかもと  +230.2
マークツー +203.4
yoteru   +127.7

第2試合

東1局、4位のyoteruが茨城から8000直撃のスタート。さらに東2局1本場でマークツーが茨城から8000。トータルトップの茨城がラスを取りそうな展開。

だが東3局に茨城がマークツーから8000。南場に入る段階で2万点まで戻した。そして東4局、yoteruがさらにアガりを決めて46000点持ちで南入。

南場では南2局でさらにyoteruが4000オールツモ。ほぼトップ確定となった。そこから1本場ではさらに6000オール。2本場で茨城から12000直撃。茨城がトビとなり終了。一気に順位が入れ替わった。

第2試合終了時のポイント

yoteru   +237.6
おかもと  +237.3
マークツー +188.9
茨城啓太  +170.2

第3試合

東1局、おかもとが親がオリたのを見て茨城のリーチに対して、フリテンの6-9mで追っかけリーチ。なんとこれを一発でツモって3000-6000。恐ろしいバランスと手順を見せてきた。

だが東3局ではyoteruが3000-6000ツモでおかもとに一気に迫る。東4局では茨城が序盤にツモった形からフリテンリーチしてツモり直すという技を見せた。結局3人のアガりの割を受けたマークツーがラス目。

南場でもマークツーがラス目で進むが、トータル2位のおかもとが得点を稼いでいく。南2局のおかもとの親番でマークツーがおかもとに12000を打ち込み、マークツーがトビ。おかもとがトータルトップ、マークツーはかなり優勝が厳しい4位に落ちた。

第3試合終了時のポイント

おかもと  +322.2
yoteru   +256.8
茨城啓太  +166.4
マークツー +88.6

第4試合

東1局、4位のマークツーが茨城から8000。さらに東2局で3900オールツモと得点を稼ぐ。だが東3局でおかもとがマークツーから6400、東4局の親番で1000オールのアガりで2着目に。

南場に入ると南1局に茨城が3900オールツモでかなり平たい点数状況に。だが南1局2本場でおかもとがyoteruからダマ7700を直撃。おかもとの優勝がかなり色濃く見えてきた。

マークツーが親番の南2局、3連続で流局し4本場まで積んでいく。ここでyoteruがマークツーの親を流しにかかり、マークツーから2000。

さらに流局を一つ挟んで南3局1本場、yoteruが3900オールをツモアガり、おかもとをまくれる可能性が出てきた。

正念場の南3局2本場、おかもとが白ポンからアガりにいく。どうなるかと思われたが、マークツーが総合3位を狙ってyoteruから1300をアガり、yoteruの親が終わる。

南4局もマークツーがアガり終了。おかもとが第11期天鳳名人戦を制した。

最終結果

おかもと  +346.2
yoteru   +252.0
マークツー +151.6
茨城啓太  +84.2


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事