t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

Mリーグ2022-23開幕戦第2試合感想 伊達プロが今シーズン初役満・四暗刻達成!

開幕戦第2試合のメンバーは以下の通り。

東家:瑞原明奈(U-NEXTパイレーツ)
南家:本田朋広(TEAM雷電)
西家:近藤誠一(セガサミーフェニックス)
北家:伊達朱里紗(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

昨年度の活躍で言わずと知れたゴールデンルーキーとなったKONAMI麻雀格闘倶楽部の伊達朱里紗プロ。去年の活躍がフロックではなかったと証明するために今年は重要な一年だといえるでしょう。しかしそんな懸念をはねのけて、伊達プロが見事な活躍を見せてくれました。

東1局、東1局1本場は親番の瑞原プロが6000オール、3200オールとツモアガってまずは一気にリード。その後、東場ではあまり大きな点数移動が起こらず、瑞原プロがほぼ5万点を持ったトップ目で南入します。

このまま瑞原プロがトップで終了する流れかと思われましたが、南1局に伊達プロが近藤プロとの2軒リーチを競り勝ち、3000-6000をツモアガり。これで一気に瑞原プロに近づきます。

そして運命の南2局。伊達プロは2度テンパイを取れるチャンスがあったものの、それを取らずに一撃で決める手を目指して手を組んでいきます。

そして25p2m、5pと2mツモなら四暗刻のテンパイというとんでもない手が完成します。これに近藤プロも仕掛けて対抗しますが、伊達プロが5pをツモって四暗刻達成!今シーズン初の役満で一気に全員を置き去りにします。

南3局では本田プロに8000放銃となってしまいますが、そのまま逃げ切り58800点持ちのトップ獲得。今シーズンの第1戦から素晴らしい活躍を見せてくれました。

大活躍だった昨シーズンよりさらに活躍してくれるのではないか、という期待を持たせてくれるには十分な一戦となりました。このままの勢いで勝ち続けてほしいところです。

詳細な試合結果はこちら

感想の一覧はこちら


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事