天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

「Mリーグ初代王者」赤坂ドリブンズ

2018年から始まったMリーグ。その初代優勝チームが赤坂ドリブンズだ。

本記事では赤坂ドリブンズのチーム紹介を行っていく。Mリーグに興味のある方はぜひ読んでいただきたい。

概要

基本情報

赤坂ドリブンズはMリーグ初年度2018年より発足し、参戦。オーナーは博報堂DYグループ。

チーム名の由来は、博報堂DYグループの所在地である「赤坂」と、博報堂内でよく使われる「データドリブン」というワードからとっている。

ドリブンは「drive」の過去分詞「driven」に由来した言葉で「前進」という意味があり、「勝利へ、そして麻雀界の未来へ進んでいく」という思いが込められている。

公式YouTube

赤坂ドリブンズの公式チャンネルでは、基本的に試合がある日はMリーグの控え室の様子を毎回配信している。

MリーグをAbemaで見ているときに同時に視聴すると、試合に出ている方にチームメイトがどういう反応をしているかを見ることができ、これが面白い。

監督:越山剛

赤坂ドリブンズ監督は越山剛。1996年に博報堂に入社。2014年に最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。

Mリーグの発足に伴い、博報堂がMリーグに参戦する際この経歴に目をつけ、監督として就任する運びとなった。

チームメンバー

鈴木たろう

Mリーグ2018 3巡目指名

生年月日:1973年10月4日
出身地:茨城県水海道市
血液型:B型
所属プロ団体:最高位戦日本プロ麻雀協会

日本プロ麻雀協会の最高タイトル「雀王」の3連覇など、数々のタイトルを獲得してきたトッププロ。2020年11月に、日本プロ麻雀協会から、最高位戦日本プロ麻雀協会へ移籍した。

まるで4人の手牌が透けているのではないかと思うような、常人では不可能な打牌選択から「ゼウスの選択」と呼ばれる。

YouTubeチャンネル

基本的には麻雀関連の配信が主な内容となっている。雀魂の友人戦の配信などが多い。

Mリーグの牌譜検討も行っているが、チャンネルのメンバー限定の場合が多いため、牌譜検討が見たい方はメンバー登録をオススメする。

園田賢

Mリーグ2018 1巡目指名

生年月日:1980年11月25日
出身地:兵庫県神戸市
血液型:A型
所属プロ団体:最高位戦日本プロ麻雀協会

灘校から慶應義塾大学へ進んだ高学歴Mリーガー。Mリーガーになった時点では博報堂の社員であり、麻雀プロと会社員の二足のわらじで生活していた。現在は麻雀プロ一本で活動している。

学生時代、社会人時代で磨かれた数学的能力は麻雀でも遺憾なく発揮されており、できることを全てやる、サボらない麻雀を打つ。

「牌の魔術師」の異名を取り、園田の麻雀は手牌が悪いときほど面白い。Mリーグ以外ではノンタイトルだが、実力は折り紙付きだ。

YouTubeチャンネル

内容的にはかなりしっかり麻雀のことをやっていて、本人の試合があった日は大体牌譜検討の配信を行っている。

それ以外にも麻雀のかなりコアな話を動画にしていますので、麻雀好きにはたまらないチャンネルだ。

村上淳

Mリーグ2018 2巡目指名

生年月日:1975年4月10日
出身地:東京都武蔵野市
血液型:B型
所属プロ団体:最高位戦日本プロ麻雀協会

2001年に最高位戦に入会。しばらくタイトルに恵まれなかったが、2010年に最高位を獲得したのを皮切りに、日本オープンや最高位戦Classicなど多くのタイトルを獲得しているトッププロ。

手を長くメンゼンで持ち、リーチで高打点を作る。そのリーチの多さ・強さから「リーチ超人」と呼ばれる。

一牌の後先まで顔を真っ赤にして考えるその姿勢には、麻雀ファンも感服である。

丸山奏子

Mリーグ2019で指名

生年月日:1993年8月17日
出身地:北海道旭川市
血液型:A型
所属プロ団体:最高位戦日本プロ麻雀協会

2018年に最高位戦に入会。Mリーグに指名された時点では2年目とかなりの若手プロ。ドリブンズの育成枠として指名された。

思い切りの良い麻雀を打つ。Mリーグでの初めての登板で、アガり牌を見逃して4000-8000をツモってトップを取った半荘が印象に残る。

Mリーグでの戦績

2018シーズン

レギュラーシーズン:4位
総合ポイント:-8.7

ファイナル:優勝
総合ポイント:+594.5

個人成績

レギュラーシーズン

園田賢      +123.2    
鈴木たろう +30.1    
村上淳       -162.0

ファイナル

鈴木たろう +339.2
村上淳        +162.1    
園田賢          +97.5

2019シーズン

レギュラーシーズン:7位敗退
総合ポイント:-8.7

個人成績

レギュラーシーズン

村上淳       +366.7    
鈴木たろう -125.6    
丸山奏子    -139.8    
園田賢       -377.6

2020シーズン

レギュラーシーズン:4位
総合ポイント:-8.7

セミファイナル:3位
総合ポイント:+26.6

ファイナル:4位
総合ポイント:-59.7

個人成績

レギュラーシーズン

村上淳    +122.9    
鈴木たろう +6.5    
園田賢       -28.7    
丸山奏子 -103.9

セミファイナル

鈴木たろう +58.4    
園田賢        +52.3    
丸山奏子       -0.9    
村上淳        -81.6

ファイナル

村上淳        +95.7    
丸山奏子     -13.8    
鈴木たろう -38.3    
園田賢      -116.6

2021シーズン

レギュラーシーズン:7位
総合ポイント:-263.8

個人成績

レギュラーシーズン

鈴木たろう +132.0
丸山奏子      +45.0
園田賢           -56.7
村上淳         -384.1 

他チーム紹介はこちら!

Mリーグに参戦している全8チームの紹介記事をまとめている。興味のある方はこちらもどうぞ。

他のMリーガーについての紹介はこちら!

Mリーグ2021を戦っている32名のMリーガーについて、解説記事を書いている。興味のある方は是非こちらもご覧いただきたい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!