天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

雀魂公式大会「雀魂麒麟戦2022」優勝は「めでたし」さんに決定!

雀魂公式大会「四象戦」の優勝者が集い、年間優勝者を決める最後の戦い、雀魂公式大会「雀魂麒麟戦2022」が4月17日に開催された。

出場選手は以下の4名。

雀魂四象戦2022春の陣 優勝 めでたし
雀魂四象戦2021冬の陣 優勝 星降る街
雀魂四象戦2021秋の陣 優勝 キノック老師
雀魂四象戦2021夏の陣 優勝 PDGON

半荘3回戦を行い、最も合計スコアの高かったものが優勝となる。

1半荘目、しばらくは平たい点数状況が続いていたが、南2局3本場にめでたしが16000をアガったことで勝負が大きく動く。

1半荘目はそのままめでたしがトップを獲得。2半荘目もめでたしが連勝するかに思われたが、キノック老師がオーラスの親で大マクリ。見事トップを獲得。

3半荘目の開始時点でめでたし、PDGON、キノック老師の3名には優勝のチャンスが残る状況。

起親のめでたしが12000、7700と連続でアガり一気にリード。しかし、PDGONが南1局1本場にチートイツのリーチをツモアガって4000-8000。一気にトップ目に立つ。

オーラスまで熾烈な争いが続いたが、最後はめでたいがアガりきり、優勝を決めた。

3回戦のトータルは以下の通り。

1位:めでたし   +66.8
2位:PDGON     +48.9
3位:キノック老師 +6.0
4位:星降る街   -121.7

同配信内で次回以降の四象戦について、参加者数を上位200名→500名に本戦出場者を32名→64名に増やすということが発表された。

また、決勝戦のルールについてオーラス親のテンパイやめ、アガりやめを無くすことを発表した。

より詳細な試合結果やルールについては下記のページを参照。

配信のアーカイブはこちら。

四象戦とは

オンライン麻雀ゲーム「雀魂」内の段位戦において、ランキング上位200名のみが参加することができる大会。

概ね3ヶ月に一度開催されており、年間4回行われる。夏の朱雀・秋の白虎・冬の玄武・春の青龍と四神をモチーフとした大会となっている。

麒麟戦とは

年間4回行われた四象戦、それぞれの優勝者である4名を集めて対局を行い、年間チャンピオンを決める大会。

四象戦の決勝と同様、半荘3回戦を行い、最も合計スコアの高かったものが優勝となる。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!