t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

にじさんじ麻雀杯 第二回花鳥風月戦 試合結果

昨年度行われた、にじさんじ麻雀杯の団体戦「花鳥風月戦」。その第2回が7月3日10:00より開催されることとなりました。本記事で大会結果についてまとめていきます。

YouTube配信

基本ルール

概要

本大会は各チーム3人に分かれて行われる団体戦。全8チームが4チームずつ、2リーグに分かれて試合を行い、各リーグの上位2チームが決勝進出となる。

予選、決勝ともチームの3名が各1回ずつ半荘を行い、チームの素点の合計を競う。ただし、決勝の大将戦のみ点数を2倍にしてカウントする。

優勝賞品

・期間限定称号
・雀魂公式描き下ろしイラスト

役満賞

選べる高級肉ギフト券

対局ルール

・10万点持ちの10万点返し
・ドラ3モード(ドラが最初から3枚表示)
・赤アリ
・ウマオカなし、トビなし
・西入なし
・アガり止め、テンパイ止めなし

特殊ルール

一部の役をアガった場合にボーナス点が設けられる。

チートイツ   +2000点
リャンペーコー +4000点
リンシャンカイホウ +1000点

リンシャンカイホウは前回に引き続きの採用。残り2つの役については"第2回"ということで数字の2と関係ある役にボーナス点がつく仕様となっている。

出場選手

BFP(Banana Flower Plus)

ハナマキア
エリーラペンドラ
闇ノシュウ

ヴィランズ

レオス・ヴィンセント
ジョー・力一
ルイス・キャミー

うなぎ天丼パスタ

鷹宮リオン
レイン・パターソン
郡道美玲

スイートムーンなり!

天宮こころ
ヤン・ナリ
空星きらめ

でび様を囲む会

文野環
でびでび・でびる
社築

ロマン砲撃手ズ


三枝明那
アクシア・クローネ

にじさんじシャトーブリアン食べたい部

アルス・アルマル
桜凛月
舞元啓介

ママと娘。

魔界ノりりむ
花畑チャイカ
椎名唯華

リーグ分け

Aブロック

うなぎ天丼パスタ
スイートムーンなり!
ロマン砲撃手ズ
にじさんじシャトーブリアン食べたい部

Bブロック

BFP(Banana Flower Plus)
でび様を囲む会
ヴィランズ
ママと娘。

Aブロック試合結果

先鋒戦

席順

東家:鷹宮リオン
南家:天宮こころ
西家:叶
北家:アルス・アルマル

東場の展開

東1局、親の鷹宮はドラが3枚。カン2pで先制リーチもこの待ちが山にない。さらに天宮は鷹宮の宣言牌を鳴いてテンパイ。

さらに叶もチートイツで追っかけリーチ。このめくり合いは天宮に軍配。1000-2000のツモアガり。

東2局、叶が白中のダブルバックで仕掛け。中を自力で暗刻にしカン4mの先制テンパイ。さらに中の大ミンカンをするとこれがモロ乗り。

だがここにアルスが158m待ちでリーチ。さらに鷹宮が3m5sで追っかけリーチ。どうなるかと思われたが、ここは天宮以外の3人がテンパイで流局。

東3局1本場、アルスがカン6sで5巡目先制リーチ。終盤にテンパイの入った鷹宮からこの6sを打ち取り5200のアガり。

東4局、鷹宮が2-5-8pで先制リーチ。叶は宣言牌のドラ3mを鳴きつつ喰いタンに移行。これでテンパイまでたどり着くが、テンパイ打牌が8p。鷹宮が叶から8000ロン。

南場の展開

南1局、鷹宮が南バックの仕掛け。天宮が6-9sで先制リーチ。そこに叶も追っかけるが天宮がアルスから9sを捉えて3900のアガり。

南2局、叶が役なしのテンパイ。おそらく東が役がつくとの勘違いの仕掛け。親の天宮はドラの東単騎でリーチするが、この東が叶に暗刻。叶がギリギリテンパイを取り、叶と天宮の2人テンパイで流局。

南2局1本場、叶はメンホン、天宮はチートイツ。鷹宮は白をポンして2-5pのテンパイ一番乗り。叶は仕掛けてペン7sテンパイ。ここは鷹宮が7sを掴んでしまい、叶に8000放銃。

南3局、天宮は自風の北から仕掛ける。鷹宮がカン5sで先制リーチ。次の巡目に天宮も5-8pでテンパイ。2人のめくり合いは天宮に軍配。鷹宮から2000ロン。

南4局、鷹宮がペン7pで先制リーチ。これに叶が放銃し裏ドラが乗って3倍満。一気に鷹宮が2着目に上がって終了となった。

先鋒戦結果

天宮こころ:111400
鷹宮リオン:110700
アルス・アルマル:101100
叶:76800

中堅戦

席順

東家:三枝明那
南家:ヤンナリ
西家:レイン・パターソン
北家:桜凜月

東場の展開

東1局、親の三枝が1-4mで5巡目先制リーチ。このリーチに困ったパターソンが1mを放銃。11600のロンアガり。

東1局1本場、三枝がドラ5の先制4-7sリーチ。これをそのままツモって倍満。8000オールのツモアガり。

東1局2本場、三枝が中ポンから仕掛けるも手牌はバラバラ。ここにパターソンが6-9pでリーチを打つと、三枝が押していき9p放銃。3900のロンアガりとなった。

東2局、親のナリがダブ東ポンから仕掛け。3p9pのシャンポンでテンパイする。

パターソンは自風の南、桜凜月も白をポンして仕掛けていく。パターソンは6s7mのシャンポンでテンパイ。さらに桜凜月も1-4sテンパイ。

ここは三枝が3pを打ち出し、ナリに2900放銃となった。

東2局1本場、パターソンが1m単騎のチートイツで先制リーチ。さらに桜凜月も4p7pのシャンポンで追っかけリーチ。

このめくり合いはパターソンの勝ち。ナリから12000を打ち取る。

東3局、パターソンが発中とポンしていきチャンタのペン7sテンパイ。これをツモって4000オールのアガり。

東3局1本場、三枝が6-9pで先制リーチ。巡目が早かたっため、ここにパターソンが9pをプッシュし三枝のアガり。8000のアガりとなった。

東4局、三枝はトイトイの仕掛け。ナリが喰いタンで仕掛けて5m単騎で先制テンパイ。さらに桜凜月も喰いタンで仕掛けてカン7pテンパイ。

ここは桜凜月が7pをツモりきって4000オールのアガり。

東4局1本場、全員が一向にテンパイが入らないが残り牌5枚で桜凜月が3m8mで先制リーチ。これを一発でツモアガり8000オール。

東4局2本場、三枝が役牌を鳴いて親を流しに行く。そこにパターソンがペン3mで先制リーチ。三枝も5-8mのテンパイを入れるが、3mを掴んでパターソンに放銃。12000のアガりとなった。

南場の展開

南1局、親の三枝が6s7sのシャンポンで先制リーチ。この6sをナリが放銃。3900のアガりで連荘。

南1局1本場、桜凜月が自風の北を鳴いてカン6mテンパイを入れる。そこに三枝が3-6pでリーチ。その後、桜凜月が3-6mに振り替わると、3mをツモアガって300-500。三枝のチャンス手を潰した。

南2局、パターソンが3s9sのシャンポンで先制リーチ。これに3者がオリてパターソンの1人テンパイで流局。

南3局1本場、ナリが終盤に6-9sで先制リーチ。そこに三枝が5-8mで追っかけリーチ。だがここはアガりは出ず。三枝とナリの2人テンパイで流局。

南4局2本場、ナリが自風の西ポンから素点を稼ぎに行く。パターソンはピンズのホンイツで仕掛け。桜凜月が1s7sのシャンポンでテンパイ。1巡回してツモ切りリーチ。

パターソンと三枝もテンパイを入れて、3人テンパイで流局となった。

南4局3本場、桜凜月が7m8mの変則待ちで先制リーチ。そこにナリがチートイツの6p単騎で追っかけリーチ。

このめくり合いは桜凜月に軍配。ナリが8mを掴んで18000を放銃となった。

南4局4本場、桜凜月が78pで先制リーチ。ここにテンパイしたパターソンが7pを放銃。18000のロンアガりとなった。

南4局5本場、パターソンが5-8mで先制リーチ。これをそのままツモって3000-6000。パターソンが素点を稼いで終了となった。

中堅戦結果

桜凜月:159700
三枝明那:107400
レイン・パターソン:97700
ヤンナリ:35200

中堅戦までの得点

にじさんじシャトーブリアン食べたい部:260800
うなぎ天丼パスタ:210400
ロマン砲撃手ズ:184200
スイートムーンなり!:146600

大将戦

席順

東家:アクシア・クローネ
南家:舞元啓介
西家:郡道美玲
北家:空星きらめ

東場の展開

東1局、郡道がカン7mで先制リーチ。これをそのままツモって2000-4000。

東2局、郡道が中ポンからカン4sテンパイ。そこに空星もタンヤオで仕掛けて2m5mのシャンポンテンパイ。このめくり合いに空星が勝ち1000-2000ツモ。

東3局、空星が3-6pで先制リーチ。これをツモって2000-3900のアガり。

東4局、郡道が3-6sで先制リーチ。これにアクシアが放銃し8000ロン。空星が僅差のトップ目、郡道2着で南入した。

南場の展開

南1局、親のアクシアがカン8pで先制リーチ。すると同巡に郡道がリーチの現物待ちの2-5sでテンパイしダマ。これに空星が2sを放銃し3900のアガりとなった。

南2局、郡道が4-7sのノベタンでテンパイし先制リーチ。これが空星から出てしまい8000ロン。

南3局、舞元は8pポンから6s片アガりの喰いタンテンパイを入れる。だが空星がソーズのホンイツで仕掛けると、舞元は中を引いてオリ。

その後、空星は1s2sのシャンポンでテンパイ。そこにアクシアが3m単騎のチートイツでリーチ。結局、このリーチに3人がオリ、アクシアの1人テンパイで流局。

南4局1本場、親の空星はとにかく連荘を狙って喰いタンの仕掛け。2p5pのシャンポンで先制テンパイ。アクシアも最終巡目に2p単騎のチートイツでテンパイするもここはアガりは出ず。アクシアと空星の2人テンパイで流局。

南4局2本場、空星が4巡目3-6sで先制リーチ。アクシアもテンパイするが6sを切らず。6sを残してテンパイを作り直す。結局アクシアはオリ。

その間に郡道が4m6mでテンパイを入れる。郡道は6sを掴んでオリると、空星が6sツモ。6000オールのアガり。

南4局3本場、舞元が中ポンから4-7sテンパイ。これを郡道からアガって7700。うなぎ天丼パスタとにじさんじシャトーブリアン食べたい部の勝ち上がりが決定した。

大将戦結果

空星きらめ:122000
郡道美玲:105700
舞元啓介:92000
アクシア・クローネ:80300

Aブロック最終結果

にじさんじシャトーブリアン食べたい部:352800
うなぎ天丼パスタ:316100
スイートムーンなり!:268600
ロマン砲撃手ズ:264500

Bブロック試合結果

先鋒戦

席順

東家:レオス・ヴィンセント
南家:魔界ノりりむ
西家:ハナマキア
北家:文野環

東場の展開

東1局、文野環が2s6sシャンポンで先制リーチ。ここにハナが一発で放銃し12000のロンアガり。

東2局、またも文野環が先制リーチ。4-7s待ち。ハナもペン3mでテンパイするも、4sを掴んでしまい放銃。5200のアガり。

東3局、親のハナが2sアンカンからスタート。ハナは発を仕掛けてペン3mでテンパイ。そこにりりむが4s9mのシャンポンでリーチ。ここはりりむが引き勝ち、3000-6000のアガりとした。

東4局、レオスがフリテンの1-4-7pでテンパイしダマ。そこに親の文野が喰いタンで仕掛けて3m8pのシャンポンでテンパイ。

そこにレオスがフリテンを解消して3s9pのシャンポンでリーチ。これに文野が3sを放銃し、8000のロン。

南場の展開

南1局、文野が発ポンから仕掛けてカン7mのテンパイを入れる。そこにハナが5-8sのリーチ。このめくり合いはハナの勝ち。裏を乗せて4000-8000のツモアガり。

南2局、親のりりむが6-9mで先制リーチ。この6mをレオスが打ち出してしまい、18000放銃。

南2局1本場、文野が喰いタンの仕掛け。最終的に2-5mのテンパイ。そこにりりむが2s5pのシャンポンでリーチ。ここはハナが2mを打ち出し文野が1000点のアガり。

南3局、文野が発ポンから4-7pでテンパイを入れるとそこからドラ5p単騎に受ける。さらに変化して東単騎のホンイツに受ける。

そこからハナが4m7sでテンパイ。4mを文野が引くと1245m待ちに受け変え。これをりりむから打ち取り3900のアガり。

南4局、文野は喰いタンの仕掛け。レオスがペン3sで先制リーチ。そこにりりむがカン4sで追っかけリーチ。

文野は6p単騎でテンパイ、ハナも6p中のシャンポンでテンパイ。4人テンパイのめくり合い、軍配はりりむ。レオスがりりむに放銃し12000ロン。りりむがトップで終了した。

先鋒戦結果

魔界ノりりむ:134100
文野環:108400
ハナマキア:91500
レオス・ヴィンセント:66000

中堅戦

席順

東家:エリーラペンドラ
南家:花畑チャイカ
西家:ジョー・力一
北家:でびでび・でびる

東場の展開

東1局、力一が白ポンから仕掛けてカン2sテンパイ。これをチャイカからアガって3900ロン。

東2局、力一が白と南をポンしてホンイツの仕掛け。そこにでびでび・でびるがカン8sでリーチ。さらにチャイカがペン7sで追っかけリーチ。

だがそのリーチの直後にでびでび・でびるが8sをツモ。2000-3900のアガり。

東3局、親の力一がドラの9p単騎で先制リーチ。しかしこの9pが山からなくなってしまう。力一の1人テンパイで流局。

東3局1本場、でびでび・でびるが南ポン、エリーラが白東ポンで仕掛ける。だがチャイカが9m単騎で先制リーチ。これをエリーラから打ち取り、チャイカが8000のアガり。

東4局、力一はソーズのホンイツで仕掛け。テンパイ取れるところで無理矢理大三元・小三元を狙いにいく。エリーラが喰いタンで仕掛けて5s2pのシャンポンでテンパイ。

力一は白を鳴いていき発単騎の小三元でテンパイ。この発がでびでび・でびるから出てしまい、12000放銃となった。

南場の展開

南1局、親のエリーラが喰いタンの仕掛け。力一は発ポンから入る。だがでびでび・でびるが4-7mで先制リーチ。そこにチャイカが5p単騎のチートイツで追っかけリーチ。

ここはでびでび・でびるに軍配。1300-2600のツモアガり。

南2局、力一が東と発をポンしてピンズのホンイツへ向かう。だがエリーラが3巡目に8m南のシャンポンでリーチ。

これにでびでび・でびるが5m南のシャンポンで追っかけリーチを打つ。ここはアガりは出ず、エリーラとでびでび・でびるの2人テンパイで流局。

南3局1本場、でびでび・でびるがダブ南ポンからソーズのホンイツの仕掛け。6-9sのテンパイを入れる。さらに変化して5-8sの亜リャンメンに受け変えてエリーラから8000を打ち取る。

南4局、チャイカが3巡目にペン3pで先制リーチ。そこにエリーラがソーズのホンイツを見ながら仕掛けていき、結果ドラの3m単騎でテンパイを取る。

しかしエリーラが3pを掴んでしまい、8000放銃。力一がトップで終了した。

中堅戦結果

ジョー・力一:113100
でびでび・でびる:112900
花畑チャイカ:103700
エリーラペンドラ:70300

中堅戦までの合計点

ママと娘。:237800
でび様を囲む会:221300
ヴィランズ:179100
BFP:161800

大将戦

席順

東家:社築
南家:ルイス・キャミー
西家:椎名唯華
北家:闇ノシュウ

東場の展開

東1局、闇ノシュウが自風の北ポンから仕掛けてあっさりツモ。700-1300のアガりでスタート。

東2局、社が発ポンから仕掛け。親のルイスもそれを見てタンヤオで仕掛ける。社は6-9pでテンパイ、ルイスは5-8mでテンパイ。

さらに闇ノシュウも2人のアタリ牌を抑えて6p5mのシャンポンでテンパイ。このめくり合いは社の勝ち。椎名から9pを打ち取り、2000ロン。

東3局、ルイスはマンズのホンイツで仕掛け。社が5-8sで先制リーチするとこれをそのままツモアガり。3000-6000のアガりとなった。

東4局、社が1-4pで先制リーチに行くとこれを一発でツモアガり。2局連続の3000-6000。

南場の展開

南1局、ルイスがカン3pで先制リーチ。これを椎名から打ち取って5200のロンアガり。

南2局、社は南、椎名は中を仕掛けるが親のルイスが3-6-9sで先制リーチ。

社、椎名共に回るが、椎名が1p9mのトイトイで張り直す。これを闇ノシュウから打ち取り5200ロン。

南3局、闇ノシュウがドラの発ポンから仕掛けてカン3mでテンパイ。そこから直前に通った4m2sに待ちを替えると、社が4mを合わせてしまい8000ロン。

南4局、社がカン4mで先制リーチ。これをツモりきって3000-6000。社がトップで終了。でび様を囲む会とママと娘。が決勝進出を決めた。

大将戦結果

社築:128700
ルイス・キャミー:94500
闇ノシュウ:90500
椎名唯華:86300

Bブロック最終結果

でび様を囲む会:350000
ママと娘。:324100
ヴィランズ:273600
BFP:252300

決勝戦

出場チーム

にじさんじシャトーブリアン食べたい部
うなぎ天丼パスタ
でび様を囲む会
ママと娘。

先鋒戦

席順

東家:鷹宮リオン
南家:アルス・アルマル
西家:文野環
北家:魔界ノりりむ

東場の展開

東1局、親の鷹宮が3-6-9sで先制リーチ。ここに文野が喰いタンで対抗。ここは文野のアガりになり鷹宮から1000点。鷹宮の勝負手を潰した。

東2局、親のアルスが白ポンから仕掛け。1s5sのシャンポンでテンパイ。そこに文野が356p待ちでリーチ。ここはアガりは出ず。りりむもテンパイを取りきり、鷹宮以外の3人がテンパイで流局。

東2局1本場は全員ノーテンで流局。2本場、文野が終盤喰いタンの仕掛け。フリテンの3-6mでテンパイ。鷹宮が3-6sリーチに来るが、ここはそのまま局終了。鷹宮と文野の2人テンパイで流局。

東3局3本場、アルスがカン2pの先制リーチ。これに親の文野が攻めていき放銃。1300のロンアガり。

東4局、終盤文野がペン7pで先制リーチ。これを一発でツモって3000-6000のアガり。

南場の展開

南1局、りりむが4巡目に1-4s先制リーチ。これに親の鷹宮が一発放銃。12000のアガりとなった。

南2局、文野がツモり三暗刻の1p8pで先制リーチ。これに鷹宮がまたも一発放銃。2600のアガりとなった。

南3局、文野が喰いタンの仕掛け。そこにりりむが3-6p、鷹宮が2-5mで同巡に2軒リーチ。このめくり居合いは鷹宮に軍配。りりむが鷹宮に1300放銃となった。

南4局、文野が3m4pで先制リーチ。親のりりむは形テンを目指して鳴き。役なしテンパイで進めていく。ここはなんとか流局し、りりむと文野の2人テンパイで流局。

南4局1本場、鷹宮が1-4sで5巡目先制リーチ。これがアルスから出て5200のロンアガり。文野がトップで終了した。

先鋒戦結果

文野環:117000
魔界ノりりむ:104700
アルス・アルマル:93700
鷹宮リオン:84600

中堅戦

席順

東家:でびでび・でびる
南家:レイン・パターソン
西家:花畑チャイカ
北家:桜凜月

東場の展開

東1局、終盤パターソンが1-4-7mでテンパイし役なしダマ。これをハイテイでツモって1000-2000。

東2局、でびでび・でびるが白ポンから仕掛ける。親のパターソンは喰いタンの仕掛け。ここに桜凜月が2-5sで先にテンパイしリーチ。

これを一発でパターソンが打ってしまい7700のロンアガり。

東3局、親のチャイカは手牌の白暗刻を活かしてドラ2枚で仕掛ける。パターソンも自風の北と役牌の中を仕掛け。

先にチャイカが4p7mのテンパイ。白を大ミンカンするとドラの3pを引いて2-5p待ちに変化。パターソンはマンズのホンイツへ移行。

ここはチャイカが赤5pをツモアガり。4000オール。チャイカがトップ目に立った。

東3局1本場、でびでび・でびるがドラの発をポンから仕掛けていく。パターソンがフリテンの1-4-7sで先制リーチ。

そこに桜凜月が5-8sで追っかけリーチ。親のチャイカもトイトイで無理矢理仕掛けていくと、パターソンが7sツモ。1300-2600のアガり。

東4局、チャイカが高目三色の1-4pで先制リーチ。そこにパターソンがドラの西単騎でリーチ。この2軒リーチにでびでび・でびるが1pを切ってチャイカに放銃。7700のアガりとなった。

南場の展開

南1局、親のでびでび・でびるがドラの1m単騎で先制リーチ。桜凜月が発をポンしてホンイツのテンパイを入れるが、でびでび・でびるがツモアガり。8000オールを決めた。

南1局1本場、桜凜月が2mアンカン、中ポンとマンズのホンイツで仕掛ける。チャイカが134pで先制リーチ。桜凜月も回りながらカン5pでテンパイを入れるが、1pを掴んでしまい、チャイカに12000放銃となった。

南2局、親のパターソンが1-4sで3巡目先制リーチ。ここにチャイカが2-5pで追っかけリーチ。これをパターソンが一発で掴んでしまい、5200のロンアガり。

南3局、親のチャイカが東ポンから動いていく。4p単騎で先制テンパイを入れる。その後3-6sに待ち替え。ここはアガり出ず。パターソン、でびでび・でびるもテンパイを入れて3人テンパイで流局。

南3局1本場、桜凜月がカン6mの先制リーチ。パターソンも喰いタンで仕掛けて2-5mテンパイで追いつく。ここは桜凜月の勝ち。ツモって3000-6000のアガり。

南4局、親の桜凜月が喰いタンで仕掛けて2-5pテンパイ。これを次巡にツモって2000オールで連荘。

南4局1本場、パターソンが5-8pで3巡目先制リーチ。これをでびでび・でびるからアガり8000。チャイカがトップで終了となった。

中堅戦結果

花畑チャイカ:120400
でびでび・でびる:96500
桜凜月:95300
レイン・パターソン:87800

中堅戦までの合計点

ママと娘。:225100
でび様を囲む会:213500
にじさんじシャトーブリアン食べたい部:189000
うなぎ天丼パスタ:172400

大将戦

席順

東家:舞元啓介
南家:椎名唯華
西家:郡道美玲
北家:社築

東場の展開

東1局、親の舞元がドラの8sポンから喰いタンで仕掛ける。カン4pでテンパイ。さらに郡道が5-8pでテンパイしダマテン。舞元への警戒か。

これをそのまま郡道がツモアガり1300-2600。舞元のチャンス手を潰した。

東2局、社が中ポンから仕掛け。舞元がペン3sで先制リーチ。そこに親の椎名がカン4pで追っかけリーチ。社はオリ。

このめくり合いは舞元に軍配。椎名から8000をアガる。

東3局、舞元が中ポンから仕掛け。3-6sで先制テンパイ。これを社が掴んでしまい、舞元の2000アガりとなった。

東4局、終盤親の社が2-5mでテンパイしダマテン。そこに舞元がチートイツでテンパイし1s単騎でリーチ。ここは舞元が一発でツモって2000-4000のアガり。加えてボーナス点4000が入る。

南場の展開

南1局、椎名が4p5pの並びシャンポンで先制リーチ。他3者がオリ、一人旅。終盤に4pをツモって3000-6000のアガりを決めた。

南2局、親の椎名が1-4-7pで先制リーチ。社もピンズのチンイツで押していき5p単騎で仮テン。

郡道、舞元はキッチリオリて1-4-7pを回収しきる。社も5p単騎のまま進み、椎名と社の2人テンパイで流局。

南2局1本場、椎名が67mの変則待ちで先制リーチ。そこに社が2-5pで追っかけるも同巡に7mをツモアガり。椎名が6000オールでトップ目に立った。

南2局2本場、郡道が1-4-7mで先制リーチ。そこに椎名が7p8pのシャンポンで追っかけリーチ。

この2軒リーチに舞元が椎名の現物で1mを打ち、郡道のアガりとなる。12000のアガり。

南3局、椎名がカン4sで4巡目先制リーチ。そこに舞元が8m中のシャンポンで追っかけリーチ。さらに郡道が5-8mで追っかけリーチ。

このめくり合い、中が山に1枚あるだけ。結局アガりは出ず、舞元、椎名、郡道の3人テンパイで流局。

南3局1本場、郡道が6-9mで先制リーチ。これに椎名がトイトイで仕掛けると、6mを放銃。郡道が3900ロンアガり。

南3局2本場、郡道の配牌に白発中が2枚ずつ。イーシャンテンまで進むも社がカン7sで先制リーチ。

郡道も発中シャンポンの小三元でテンパイ。ここは郡道が発を引いてツモアガり。6000オールのアガり。

南3局3本場、郡道が東ポンから仕掛け。3副露してカン3mのテンパイ。これを舞元から打ち取り2900のアガり。

南3局4本場、社がカン2mで先制リーチ。そこに舞元が5-8mで追っかけリーチを打つとこれを郡道が一発で放銃。12000のアガり。

南4局、ラス親の社が3pをアンカンしてイーシャンテン。そして1-4mで先制リーチ。ここは他3者はオリて社の1人テンパイで流局。

南4局1本場、終盤椎名が3p4pでリーチ。だが残り1巡で社も5-8mで追っかけリーチ。ここもアガりは出ず、社と椎名の2人テンパイで流局。

南4局2本場、椎名がカン5mでリーチ。郡道が5m9pのシャンポンでテンパイもダマテン。最後は社はテンパイを入れられず。郡道と椎名の2人テンパイで流局した。

大将戦結果

郡道美玲:126600
椎名唯華:109100
舞元啓介:92400
社築:73900

大将戦はこの点数を2倍して、中堅までの結果と合計する。

決勝結果

ママと娘。:443300
うなぎ天丼パスタ:425600
にじさんじシャトーブリアン食べたい部:373800
でび様を囲む会:361300

優勝:ママと娘。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事