t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

麻雀最強戦2022「著名人最強決戦」試合結果

2022年8月7日、麻雀最強戦2022「著名人最強決戦」が開催された。その試合の過程、および結果について本記事でお届けする。他試合の結果は下記を参照。

基本ルール

A,B卓でそれぞれ東南半荘戦1回勝負で上位2名が勝ち抜け。その後、勝ち抜けた4名で決勝を行い、トップがファイナル進出。

・喰いタンあり、後付けあり
・赤なし、一発裏ドラあり
・カンドラカン裏あり
・トビなし
・ラス親のアガり止め、テンパイ止めなし

A卓メンバー

東家:片山まさゆき
南家:本郷奏多
西家:森川ジョージ
北家:福本伸行

A卓の展開

東場の展開

東1局、親の片山が5巡目にチートイツでテンパイし1p単騎で即リーチ。同巡に森川が2-5mでテンパイし追っかけリーチ。ここはすぐに森山が1pを掴み放銃。裏2枚で片山が12000のアガりで開局。

東1局1本場、本郷が2-5pのメンタンピンで5巡目先制リーチ。そこに福本が上手く回って3s9sの役ありシャンポンテンパイ。福本は一旦ダマテンに受けて、次巡にツモ切りリーチ。

このめくり合いは福本に軍配。本郷が3sを掴んで2600を放銃となった。

東2局、親の本郷が3-6sで先制リーチ。なんとドラの3sを一発でツモアガり6000オール。3sの放銃を3sで取り返した。

東2局1本場、福本は初打2sながらソーズのホンイツに組み直す。森川は6-9m4-7pのシャンテンから6mが脇に流れてなかなかテンパイが入らない。

森川が9mを引いて4-7sでリーチ。これを一発でツモって1300-2600のアガり。

東3局、片山の配牌がドラ3。福本は北をアンカン。本郷はマンズのホンイツで仕掛ける。1-4mで先制テンパイ。

ピンズの一色へ向かった森川から4mが出て3900のアガりとなった。

東4局、森川は配牌で10種11牌。ただ西が山に最初からない。さらに北も山から無くなりテンパイができなくなった。片山がカン3mの役なしでテンパイしダマテン。

その後片山は2m6mを空切りしてカン3mでリーチ。森山は終盤にオリ。本郷が3mを止めきって片山のアガりがなくなる。すると親の福本が5-8mで追いついてリーチ。ここはアガりは出ず。福本と片山の2人テンパイで流局した。

東4局1本場、親の福本が6-9mで先制リーチ。森川は3-6sでテンパイするも9sを切って一旦リーチに回る。本郷・片山はオリ。

森川は無筋の8sを切って押し返していく。だがテンパイできずに終盤にオリ。結果福本はツモれず、1人テンパイで流局。

東4局2本場、森川はバラバラの手牌からソーズのホンイツへ向かう。片山は中ポンから供託を狙う。親の福本はドラ8sを重ねてシャンテンを一気に戻して1p切り。

福本は3pを引いてカン2pを狙って1pを残す。だが結局はタンヤオを見て1p切り。唯一無二の手順。片山がその間にカン3pで先制テンパイ。

福本は5sをポンして3p8sの喰いタンでテンパイ。片山と福本のめくり合いとなるがここはアガりは出ず。本郷が最終手番でテンパイを入れて、片山・福本・本郷の3人テンパイで流局。

東4局3本場、トップ目の本郷が発を暗刻にしてかなり進めやすい手牌。そこに森川が2-5mで先制リーチ。他3人が回る間にこれをツモって700-1300ツモ。以下の点数状況で南入した。

本郷奏多   37800
片山まさゆき 30100
福本伸行   23400
森川ジョージ   8700

南場の展開

南1局、森川が1-4mで5巡目先制リーチ。そこに親の片山が追いつき3-6sで追っかけリーチ。この2軒リーチに困った福本から3sが出てしまう。片山が2000のアガりで連荘。

南1局1本場、福本が1巡目から南をポンして仕掛ける。福本が2-5pでテンパイ一番乗り。南も加カンして攻めっけたっぷり。

本郷はラスト1枚のドラ4pを引き入れて4-7sテンパイを取れる形になったが、ション牌の中を打たずにオリ。森川はドラの4p単騎でリーチもこれは山にない。

ここは福本がツモアガり。1300-2600のアガりを決めた。

南2局、片山が東ポンからチャンタとホンイツを見た仕掛け。片山が3-6pでテンパイするがこれが山に1枚。だがその後4pを引いて14p北の3面待ちに変化。

さらに福本が3-6pでリーチし2人のめくり合い。ここは最後の1巡で福本が北を掴んで放銃。片山が8000のアガり。

南3局、福本はマンズのホンイツ。親の森川はイーシャンテンから中々進まない。森川は喰いタンで仕掛けてカン5sでテンパイを取る。

福本はソーズを引いて回る。結果、森川の1人テンパイで流局し連荘成功。

南3局1本場、片山はタンヤオの形。本郷は自風の北トイツで親の森川は厳しい。福本は発を仕掛けて6p南のシャンポンテンパイ。

片山がカン4pで役ありテンパイを入れてダマテン。本郷も北をポンして3-6pでテンパイ。片山はドラを引いてオリ。森川は3s単騎でテンパイしリーチに行くも、次巡福本が2pをツモ。400-700のアガりでオーラスへ。

南4局、森川は国士狙い。西中が足りないイーシャンテンまで進むと、片山が国士の進み具合を感じてオリに回る。

親の福本が2-5mでテンパイしリーチ。すると森川が中待ちの国士無双テンパイ。このめくり合いは福本が制する。森川が2mを掴んで12000放銃。

南4局1本場、福本が白ポンから仕掛け。森川はひとまず役満ツモ条件が出る2本場を見てチートイツのテンパイを取る。

本郷は2s8mのシャンポンテンパイ。さらに片山が6-9pのテンパイ。本郷が6pで打つと福本に100点負け。片山も本郷に打つと5200で福本に負けてしまう。

このめくり合い、本郷に軍配。福本が7mを掴んで本郷に6400放銃。片山と本郷の2人が決勝進出となった。

A卓結果

1着:本郷奏多   41600
2着:片山まさゆき 37900
3着:福本伸行   26000
4着:森川ジョージ -5500

本郷奏多、片山まさゆきの2名が決勝進出。

B卓メンバー

東家:大村朋宏
南家:瀬川瑛子
西家:香川愛生
北家:加藤哲郎

B卓の展開

東場の展開

東1局、全員の配牌にメンツがない立ち上がり。瀬川が手牌に中暗刻にしてカン6pで役ありダマ。さらにカン8pに待ちを替えてダマ続行。それをそのままツモって700-1300のアガり。

東2局、親の瀬川が白トイツドラメンツ含めた2メンツと好配牌。白の1枚目はスルー。加藤は自風の西を2鳴き。瀬川が2-5pで先制リーチ。

加藤はドラを押せばテンパイも一旦1mを切って回る。香川もカン3pでテンパイの形だが5mを押さずに回る。加藤は8pポンからドラの1p単騎でテンパイを入れる。

香川もカン3pのダマテンを入れる。だがここは勝とうが2pを掴んで瀬川の4800のアガり。

東2局1本場、加藤は四暗刻も見える形。ただ1pが切れてチートイツ一本に決める。全員がゆったり打つ展開。大村が東と発のシャンポンで先制リーチ。

瀬川はフリテンの2-5-8pでテンパイしダマテン。だが3sを引いてオリ。大村が一人旅となり東をツモ。裏1枚で2000-4000のアガり。

東3局、全員が配牌が良くぶつかりそうな1局。親の香川がダブ東ポンから仕掛ける。大村が4-7mで先制リーチ。2着目の瀬川は白を切ってオリ。他2人はある程度押し返していく。

加藤はドラの4mを重ねて5-8sで追っかけリーチ。しかし、次巡に大村が7mをツモ。700-1300のアガり。

東4局、親の加藤が中盤間に合わないとみて喰いタンの仕掛け。瀬川はカン8sで役なしでテンパイしダマテン。そして1巡回して6pと9pをスライドさせてリーチ。

香川は手牌に発を暗刻にして押し返していく。加藤もカン6pでテンパイ。香川は2-5mノベタンでテンパイしてダマ。

加藤は現物の7pを切ってカン4pに待ち変え。その瞬間に瀬川が6pを引く間の悪さ。そして香川が3-6mのテンパイに待ちを変えると加藤が3mを掴む。これを押し切って香川に放銃。加藤は8000の失点となった。以下の点数状況で南入。

大村朋宏 35700
香川愛生 29900
瀬川瑛子 26700
加藤哲郎   7700

南場の展開

南1局、親の大村はチャンタ含みの進行。加藤はドラを固定して高く手牌を育てる。瀬川は6mをチーして5-8pのテンパイ。

しかし南場と東場を勘違いしており、東を暗刻で役があると勘違い。役なしで誤ロンをしてしまい、瀬川がチョンボ。卓外に12000を払ってこの局がやり直しとなった。

南1局2回目、瀬川はリーチのみのテンパイを取れる形だったが、ピンフを着けようとイーシャンテン維持。加藤は南を暗刻にして三色まで見たイーシャンテン。

瀬川が中盤に4-7sで先制リーチ。大村はチートイツのイーシャンテンで粘る。加藤もしっかり押していく。香川の3mを鳴いて1-4sのテンパイ。

大村は加藤の鳴きを見てオリ。瀬川と加藤のめくり合い、軍配は加藤。瀬川から1sを打ち取り3900のアガり。

南2局、加藤はチャンタ系。香川は配牌にピンズ10枚。香川は結局マンズのメンツを作ってペン3pで先制リーチ。

このリーチに現物のなかった大村が3pを打ち出していき放銃。香川が2600のアガりとなった。

南3局、加藤は白中トイツでチャンタ系。ピンズを引いてホンイツに向かう。大村はマンズのホンイツ。加藤は鳴きを入れずにメンホンチートイ。

大村は加藤を見て絞りを入れる。香川も南を引いて絞る。瀬川は終盤にひとまずテンパイを入れる。加藤はテンパイを入れられず、瀬川の1人テンパイで流局。

南4局1本場、瀬川は倍満ツモ条件でメンホンで進める。香川は場風の南トイツだが南が出ない。瀬川はひとまずテンパイだが裏裏条件なので一旦ダマ。

香川は南バックでテンパイ。瀬川はなぜか3-6-9pでテンパイした後、1巡回してツモ切りリーチ。9pをツモれば一通で条件クリア。このリーチに香川はオリ。

瀬川は6pをツモるが裏裏条件のためツモらず続行。親の加藤はテンパイを入れられず。流局で終了し、大村と香川が決勝進出となった。

B卓結果

1着:大村朋宏 32100
2着:香川愛生 30500
3着:瀬川瑛子 14800
4着:加藤哲郎 10600

大村朋宏、香川愛生の2名が決勝進出。

決勝メンバー

東家:片山まさゆき
南家:本郷奏多
西家:大村朋宏
北家:香川愛生

決勝の展開

東場の展開

東1局、親の片山は配牌でイーシャンテン。3s5sのシャンポンでテンパイしダマ。そして1-4sに変化して先制リーチ。これを一発でツモって4000オールでスタート。

東1局1本場、今度は大村が配牌イーシャンテン。2巡目に2-5mで先制リーチ。これをそのままツモって700-1300のアガり。

東2局、親の本郷がダブ東を仕掛けてドラ雀頭の手牌。本郷は3-6mで先制テンパイ。香川はきっちりこの仕掛けに受ける。

片山は白をアンカンし攻めていくと1pがダブドラに。さらに3mを暗刻にしてのカン7sテンパイ。大村は6-9pでテンパイするが発を打たずに回る。

大村は4pを鳴いて形テン。結局アガりは出ず、片山と本郷の2人テンパイで流局。

東2局1本場、親の本郷はソーズのホンイツ。片山はカン3mの役ありテンパイを入れてダマ。香川は3mを引いてきてきっちりオリ。

片山は3-6mに変化してリーチ。さらに本郷もメンホンの4-7sで同巡追っかけリーチ。ここは片山が一発ツモ。2000-4000のアガり。

東3局、香川はドラドラでタンヤオの仕掛け。4-7pで先制テンパイ。そこに親の大村が4-7sでリーチ。このめくり合いは大村の勝ち。4000オールのツモアガり。トップ目の片山に迫る。

東3局1本場、香川が1m単騎のチートイツドラドラで先制リーチ。これをあっさりツモって3000-6000。香川もトップ争いに参入。

東4局、親の香川が2-5sで先制リーチ。他3人が中盤からオリて一人旅となったがアガることはできず。香川の1人テンパイで流局。

東4局1本場、大村が3-6mでテンパイし役なしだがダマテン。その間に本郷がカン6mでリーチ。このリーチを受けて大村はオリ。片山もテンパイを取れる形だが一旦回る。

結局、本郷の一人旅となるがアガれずに1人テンパイで流局。香川の親が流れて南入となった。点数状況は以下の通り。

片山まさゆき 36800
大村朋宏   26800
香川愛生   24400
本郷奏多   10000

南場の展開

南1局2本場、親の片山が発ポンから4-7mでテンパイ。そこに大村が1-4pでリーチ。香川は喰いタンで粘る。本郷はオリ。

香川は4m片アガりのテンパイ。片山は6m3pのシャンポンに待ち変え。3人でのめくり合い、大村に軍配が上がる。1300-2600のツモアガりで片山と大村がほぼ並ぶ。

南2局、大村が中を手牌に暗刻のテンパイ。香川が7s8pでリーチ。片山は宣言牌を鳴いてテンパイ。ラス目の本郷は押すしかない状況で大村に8000放銃。

南3局、片山が5-8mで先制リーチ。そこに本郷が3s4sのシャンポンで追っかけ。香川はテンパイも2軒リーチを受けて回る。

ここは片山に軍配。本郷が8mを掴んで片山に5200の放銃。大村と片山の差が一気に詰まってオーラスへ。

南4局、片山は700-1300ツモか3900出アガり。本郷はダブル役満。香川は親でアガるのみ。香川はかなりタンピン系のいい手牌。

大村は南がトイツ。これを中盤に仕掛けてイーシャンテン。片山は4-7mで先制リーチ。どこからでも逆転の手牌。香川はドラを押して4p2mのシャンポンでテンパイ。

そしてテンパイを取りにいった大村から8pが打ち出される。片山に3900の放銃。片山がトップで終了。最強戦ファイナル進出を決めた。

決勝結果

1位:片山まさゆき 44100
2位:大村朋宏   39700
3位:香川愛生   21900
4位:本郷奏多    -5700

片山まさゆき、最強戦ファイナル進出!

前回以前の結果

ファイナル出場決定者については以下のページを参照いただきたい。

次回の最強戦

次回は8月14日「女流プロ最強新世代」。出場者については下記を参照。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事