t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

麻雀最強戦2022「女流プロ令和の乱」試合結果 内田みこ、ファイナル進出決定!

2022年9月17日、麻雀最強戦2022「女流プロ令和の乱」が開催された。その試合の過程、および結果について本記事でお届けする。

基本ルール

A,B卓でそれぞれ東南半荘戦1回勝負で上位2名が勝ち抜け。その後、勝ち抜けた4名で決勝を行い、トップがファイナル進出。

・喰いタンあり、後付けあり
・赤なし、一発裏ドラあり
・カンドラカン裏あり
・トビなし
・ラス親のアガり止め、テンパイ止めなし

A卓メンバー

東家:中田花奈
南家:和久津晶
西家:豊後葵
北家:内田みこ

A卓の展開

東場の展開

東1局、豊後が中とドラの発トイツ。親の中田はダブ東の仕掛け。中田が4-7mで先にテンパイ。これに豊後がイーシャンテンから放銃し2900。

東1局1本場、豊後が発ポンから仕掛け。内田は一通バックの仕掛け。豊後は12mのシャンポンでテンパイ。これに中田が放銃し2000。

東2局、中田がドラの南トイツでマンズのホンイツ。中盤に9mポンで1-4-7mで先制テンパイ。この仕掛けに他3者はマンズを切らない。結果アガりは出ず、中田の1人テンパイで流局。

東3局1本場、内田が終盤に14p8sの変則3面でリーチ。ここも流局、内田の1人テンパイ。

東4局2本場、和久津が自風の西をポンからスタート。中田が6-9mで先制リーチ。そのリーチ宣言牌を鳴いて、和久津が2-5mテンパイ。さらに親の内田が同巡ペン7mで追っかける。

めくり合いをする間もなく、中田が2mを掴んで和久津のアガり。2000+供託3000点が大きい。

南場の展開

南1局、和久津がダブ南ポンから仕掛け。内田はカン3mチーから喰いタンの仕掛け。和久津が3-6mでテンパイ一番乗り。親の中田も手牌に発暗刻で9sポンから速度を合わせる。

内田も5-8mテンパイで追いつく。ここは中田が和久津に打ち込み2000の放銃。

南2局、中田がカン8pで純チャンの6巡目先制リーチ。そこに内田が仕掛けてカン3mテンパイ。2人のめくり合い、内田は7mを引いてオリ。内田はなんとか回ってテンパイを取り、内田と中田の2人テンパイで流局。

南3局1本場、内田と中田の配牌にドラの白トイツ。中田はドラを雀頭にして4-7sで先制リーチ。これをツモって2000-4000。中田がトップ目でオーラスに突入。

南4局、2着目和久津が8mポンから中バックのテンパイを入れる。これがアガれない間に親の内田がカン3pでリーチ。和久津はギリギリまで押すが中を豊後に回収されアガりがなくなる。ここで内田が3pツモ。2000オールで内田がわずかにトップ目に浮上。

南4局1本場、和久津は1000-2000ツモ、豊後はハネ満ツモ条件。和久津はマンズのホンイツ。中田が3-6mのピンフでテンパイしダマ。

和久津は9mチーから発進。和久津は南中のシャンポンテンパイ。中は2枚切れで南をツモれば逆転。豊後はドラの6s単騎でツモって裏か一発に賭けてのリーチ。

しかしここは誰にもアガりは出ず。中田と豊後の2人テンパイで流局し、内田と中田の2人が勝ち上がりを決めた!

A卓結果

1着:中田花奈 32300
2着:内田みこ 28900
3着:和久津晶 23500
4着:豊後葵  15300

B卓メンバー

東家:川原舞子
南家:中月裕子
西家:仲田加南
北家:清水香織

B卓の展開

東場の展開

東1局、仲田が東をポンして1-4mでテンパイ。これをそのままツモって300-500。

東2局、仲田が中をポンしてまたも軽いアガりに向かう。1-4sですぐにテンパイ。これに清水の浮いていた1sが出て1000。

東3局、清水が白を2鳴きして動く。カン2pで先制テンパイ。同巡に川原が5-8mでリーチ。ここは清水が2pを引いて300-500。A卓に続き、小場で局が進んでいく。

東4局、親の清水がドラの9pをアンカン。するとなんと新ドラも9pでドラ8の大物手。清水が5-8pで先制リーチ。中月はこれに5mを押してカン3sの三色ダマテンパイを入れる。

中月は4mを引いてさすがにオリ。ここはアガりきれず、清水の1人テンパイで流局。

東4局1本場、仲田が東ポンから仕掛け。中月は白ポンからピンズのホンイツ。清水は7s単騎の役ありテンパイを入れてダマ。中月は9p西のシャンポンでテンパイ。

川原もカン4pの役なしテンパイでダマ。清水は3-6pノベタンに振り替わってリーチ。このめくり合いは中月の勝ち。清水から5200をロンアガり。以下の点数状況で南入。

中月裕子 30900
仲田加南 25600
川原舞子 22200
清水香織 21300

南場の展開

南1局、清水にドラ4sトイツの配牌。清水がドラポンから発バックのテンパイ。この仕掛けは喰いタンにそこそこ見える。中月から発を打ち取ることができ、8000のアガり。

南2局、清水にまたもドラドラ。自風の西をポンして仕掛けていく。仲田も中ポンして仕掛ける。仲田がカン4pで先制テンパイ。そこからカン2pに待ち変え。

清水は356pの3面待ちでテンパイ。仲田は5pを引いて3p4p待ちに変化。川原が4-7mでリーチ。このめくり合いは清水に軍配。2000-4000ツモで抜け出す。

南3局、川原が2-5mで先制リーチ。仲田はリーチを見て三色で仕掛けてカン7mのテンパイを入れる。ここは川原がツモアガり。なんと裏3枚を乗せて3000-6000のアガり。

南4局、仲田はハネ満ツモ、中月は倍満ツモ条件。川原は白ポンから局を終わらせにいく。川原はツモが効いて2-5pであっさりテンパイ。しばらくアガれなかったが、終盤ツモって300-500。清水と川原が決勝進出!

B卓結果

1着:清水香織 34800
2着:川原舞子 32300
3着:仲田加南 17300
4着:中月裕子 15600

決勝メンバー

東家:川原舞子
南家:清水香織
西家:中田花奈
北家:内田みこ

決勝の展開

東場の展開

東1局、内田がカン6mチーから東バックとホンイツを見て発進。中田は白をポンして8s中のテンパイ。内田は東を鳴いて2-5sでテンパイ。この2人の戦いは中田に軍配。川原から1000を打ち取って内田のチャンスを潰した。

東2局、中田にドラドラの配牌。自風の南トイツも1枚目はスルーしてさらなる高打点を狙う。清水は3p5mのシャンポンテンパイも変化を見て一旦ダマ。そこからカン2pの役ありに変化してダマ続行。

清水は1巡回してツモ切りリーチ。そこに川原が1-4-7mで追っかけリーチ。ここは清水から1mが一発で出て川原の8000アガり。

東3局、内田が中ポンから仕掛け。清水は2-5pの役なしテンパイで三色変化を見てダマ。内田は6-9pでテンパイ。清水は3-6sのピンフに変化してダマ続行。

親の中田は1p7mでリーチ。ここは清水が6pを押していき内田に放銃。1000点のアガり。

東4局、川原が4-7mで先制リーチ。そこに清水が追いつきリーチをかけるも、宣言牌が7m。一発で放銃で3900。以下の点数状況で南入。

川原舞子 36900
内田みこ 27000
中田花奈 25000
清水香織 11100

南場の展開

南1局、親の川原に東と中トイツ。東1枚スルーから中の1枚目を鳴き、マンズのホンイツへ向かう。中田は2-5sでマンガンの先制リーチ。

内田は中田のアガり牌の5sを重ねて1-4mで追っかけリーチ。このめくり合いは内田に軍配。中田が4mを掴み1300放銃。

南2局、親の清水が発ポンから仕掛け。内田がカン6pで先制リーチ。そこに清水は押し返していき4-7sでテンパイしめくり合い。ここは清水が6pを掴んで放銃。内田が2600のアガり。

南3局、全員が牽制し合いテンパイが入らない展開。清水が終盤チャンタのペン7sでリーチ。中田がドラの白と8mのシャンポンでテンパイしダマ。

中田は7sを打ち出すも、清水は5200をアガっても最終局がキツいので見逃し。するとハイテイで8mが内田から打ち出される。中田が大きな7700のアガり。

南3局1本場、中田はドラの発を重ねてチートイツのイーシャンテン。清水は国士無双に進み、イーシャンテンまで手を進める。内田がカン7pで強く先制リーチ。

ここは清水も中田もテンパイを入れられず。内田の1人テンパイで流局。

南4局2本場、中田は1000-2000ツモ、清水は三倍満ツモ、親の内田はアガり続けるだけ。川原は手牌に南を暗刻にする。親の内田が3-6mで先制リーチ。川原は3-6pのノベタンテンパイで追いつく。

このめくり合い、内田に軍配。4000オールのツモアガりで内田がトップに躍り出る。

南4局3本場、川原は1300-2600ツモ、中田はハネ満ツモ条件。内田は2-5pで5巡目先制リーチ。これで決めに行った。中田はメンホンチートイのイーシャンテン。

しかしここは内田がツモりきり1300オール。全員のマンガンツモ条件を消すアガりを決めた。

南4局4本場、川原はハネマンツモ、中田は倍満ツモ条件。内田は手牌に南暗刻で3-6sテンパイのダマ。これをツモって1000オール。これでハネ満ツモも消した。

南4局5本場、川原は発と中を暗刻にしてのメンホン。ペン7sでテンパイも一発か裏1条件で一旦テンパイ外し。しかし次巡川原は7sを引く。リーチだったら一発がついてまくりだった。

だがここはフリテンの6-9sでリーチ。6sツモなら倍満、9sツモでも裏1条件。川原は9sをツモアガり。だが裏は無情にもドラ5m。ハネ満ツモまでで内田がファイナル進出を決めた!

決勝結果

1位:内田みこ 42300
2位:川原舞子 42200
3位:中田花奈 19700
4位:清水香織 -4200

内田みこ、ファイナル進出決定!

前回以前の結果

ファイナル出場決定者については以下のページを参照いただきたい。

次回の最強戦

次回最強戦は10月16日開催「男子プロ王者の帰還」。出場者は以下を参照。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事