天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

神域リーグ選手紹介!「BOOGEY VOXX」所属・Fra

2022年5月より新たな麻雀リーグである「神域Streamerリーグ」通称・神域リーグが開催される。

Mリーガーを監督に迎えて行う一大イベントとなっており、監督を除いて12名の選手がドラフトで選出された。

本記事ではそのうちの1人、チームゼウス3巡目指名 Fraについて解説。VTuberとしての活動実績や麻雀の実績などについてまとめていく。

他チームの選手の詳細は下記を参照。

基本プロフィール

誕生日:10月29日
身長:197cm
種族:フランケンシュタイン

活動実績

音楽活動

BOOGEY VOXX(ブギーボックス)はアンデッド2人による音楽ユニット。2020年3月6日より活動を開始している。

メンバーはボーカル担当のキョンシー・Ciとラッパーのフランケンシュタイン・Fraの2名で構成される。

カバー曲を週1で公開する傍ら、オリジナル曲も積極的に投稿している。2021年3月には1stアルバム『Bang!!』をリリース。

同月、全国ワンマンライブツアー『#デッドマーチ01』も開催するなど、個人勢としては異例のレベルの音楽活動をしている。

麻雀

音楽分野ではかなりの活躍を見せていることが分かった。では麻雀は?

BOOGEY VOXXのチャンネルではゲーム配信もアップロードされているが、麻雀は神域リーグ以前では1回もない。

他チャンネルに出演しているときに麻雀でのコラボを行っているときはあったが、いずれにせよ経験が少ないことは間違いないだろう。


神域リーグに選ばれて以降は練習配信なども行っており、リーグにかける意気込みが見られる。


神域リーグで選ばれたメンバーの中で、唯一よく知らなかったのがこの人。

本人のYouTubeチャンネルではなく、他のチャンネルに出演しているところを拝見して、面白い人だということは存じていたがその程度。

活動もよく知らないし、麻雀をやっているイメージはもっとない。それでも神域リーグに選ばれたということは、麻雀以外の能力を買われてのことだと思う。

とにかく麻雀を楽しんでやっていただけることを切に願う。

神域リーグ

神域リーグでは鈴木たろう監督率いるチームゼウスに3巡目で指名を受ける。

監督としては面白い人だということと、痛風であることに共感しての選出らしい。

チームメンバー

鈴木たろう

神域リーグ「チームゼウス」の監督を務める。

日本プロ麻雀協会の最高タイトル「雀王」の3連覇など、数々のタイトルを獲得してきたトッププロ。2020年11月に、日本プロ麻雀協会から、最高位戦日本プロ麻雀協会へ移籍した。

まるで4人の手牌が透けているのではないかと思うような、常人では不可能な打牌選択から「ゼウスの選択」と呼ばれる。

鴨神にゅう

世界最強麻雀AIを標榜する個人勢VTuber。ほぼ毎日のように麻雀配信を行っている。

雀魂の公式大会「四象戦秋の陣」にて2020年優勝。ネット麻雀「天鳳」でも8段を経験するなど、実力は疑うところがない。

監督である鈴木たろうとは大晦日コラボを行った縁がある。

天開司

今大会を主催している個人勢VTuber。バーチャル債務者の肩書きで活動している。麻雀だけでなく、競馬やポーカーなどその他のギャンブルも行う。

雀魂の公式番組を持っており、麻雀の普及活動にも余念がない。

個人成績

神域リーグでの選手個人の成績については下記を参照。個人スコアなどの表彰対象と、放銃率・和了率などのデータを掲載している。

試合結果一覧

試合結果についてはこちらのページのリンクを参照。出場選手や実際の試合展開について記載している。

 

神域リーグ記事一覧はこちら

神域リーグに関する記事をこちらで一覧にしてまとめている。神域リーグの情報について知りたい方はこちらのページも参照いただきたい。

 


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!