天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

「バーチャル債務者」天開司を解説!神域リーグ創設者に迫る。

2022年5月より新たな麻雀リーグである「神域Streamerリーグ」通称・神域リーグが開催される。

Mリーガーを監督に迎えて行う一大イベントとなっており、監督を除いて12名の選手がドラフトで選出された。

本記事ではそのうちの1人、チームゼウス2巡目指名・天開司について解説。VTuberとしての活動実績や麻雀の実績などについてまとめていく。

他チームの選手の詳細は下記を参照。

基本プロフィール

年齢:24歳(2022/4/17時点)
身長:178cm
誕生日:1997年6月2日

活動実績

2018年6月2日より活動開始。「バーチャル債務者YouTuber」を名乗り、借金を返すためにVTuberとして活動している。BANsという個人で活動しているVtuberのコミュニティのリーダー。

2019年5月から12月までにじさんじで提供されていた「にじさんじネットワーク*1」というサービスの参加者であり、このときの縁からにじさんじの面々との親交も深い。

ゲーム配信を中心に活動。麻雀はもちろんのこと、最近ではウマ娘などの配信を行っている。

また、飲酒雑談や競馬の同時視聴など債務者キャラを活かした配信もメインコンテンツ。

麻雀配信については活動初期から継続して行っており、雀魂公認プレイヤーとなって以来、特に力を入れて活動している。

初タイトル

2020年11月23日に行われた、雀魂バーチャルインターハイ。

神域リーグのチームアトラス所属・歌衣メイカらとともにチームを組んで参戦し、見事優勝を果たした。これが天開司の麻雀大会初優勝となった。

天開司が優勝インタビューで男泣きしているところにこちらも思わずもらい泣きしてしまう。それほど麻雀に思い入れがあることがよく分かる一幕だった。

雀魂公式番組「社務所通信」

2021年6月9日より放送が開始された雀魂公式番組「社務所通信」。同番組のMCを天開司が務めている。

神域リーグに所属するルイス・キャミーも同じくMCを務めており、プロ雀士やVTuberなどをゲストに迎え、トークや麻雀を楽しむ番組構成となっている。

麻雀を打つだけではなく、こういった面でも普及活動を行っている。

神域リーグ

今回の神域リーグ、主催者は天開司。

麻雀の振興に普段から力を入れている天開司。今回のイベントも普段から懇意にしている多井隆晴プロと以前から相談を重ねて決まったものだという。


多井プロもドラフトの場で言っていたが、天開司が麻雀プロとVTuberの間の橋渡し役となってくれたということでいたく感謝しており、その縁がこの大会につながったといえる。

天開司自身もその発信力などを買われて、鈴木たろうプロ率いるチームゼウスに2巡目指名を受けて入団。

たろうプロも少しだけ忖度が入っているとおちゃらけていたが、天開司はプレーヤーとしても配信者としても、このリーグにいて遜色ない人物であり、指名は英断だろう。

チームメンバー

鈴木たろう

神域リーグ「チームゼウス」の監督を務める。

日本プロ麻雀協会の最高タイトル「雀王」の3連覇など、数々のタイトルを獲得してきたトッププロ。2020年11月に、日本プロ麻雀協会から、最高位戦日本プロ麻雀協会へ移籍した。

まるで4人の手牌が透けているのではないかと思うような、常人では不可能な打牌選択から「ゼウスの選択」と呼ばれる。

鴨神にゅう

世界最強麻雀AIを標榜する個人勢VTuber。ほぼ毎日のように麻雀配信を行っている。

雀魂の公式大会「四象戦秋の陣」にて2020年優勝。ネット麻雀「天鳳」でも8段を経験するなど、実力は疑うところがない。

監督である鈴木たろうとは大晦日コラボを行った縁がある。

Fra

バーチャルアンデッドユニット「BOOGEY VOXX」のラッパーを務めるVTuber。私自身、ほぼこの方の存在を知らず、麻雀の実力がよく分かっていない。

個人成績

神域リーグでの選手個人の成績については下記を参照。個人スコアなどの表彰対象と、放銃率・和了率などのデータを掲載している。

試合結果一覧

試合結果についてはこちらのページのリンクを参照。出場選手や実際の試合展開について記載している。

神域リーグ記事一覧はこちら

神域リーグに関する記事をこちらで一覧にしてまとめている。神域リーグの情報について知りたい方はこちらのページも参照いただきたい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

*1:にじさんじが提供していたコミュニティサービス。にじさんじ所属になるわけではなく、にじさんじでのノウハウを活かしてVTuberを支援するサービス