t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

麻雀最強戦2022 女流チャンピオン決戦試合結果 終盤の大マクリで菅原千瑛がファイナル進出!

2022年5月1日、麻雀最強戦2022 女流チャンピオン決戦が開催された。その試合の過程、および結果について本記事でお届けする。

本試合は各団体のタイトルを獲得している女流8名のぶつかり合い。どの団体が勝ち上がるかも見物だ。

基本ルール

A,B卓でそれぞれ東南半荘戦1回勝負で上位2名が勝ち抜け。その後、勝ち抜けた4名で決勝を行い、トップがファイナル進出。

・喰いタンあり、後付けあり
・赤なし、一発裏ドラあり
・カンドラカン裏あり
・トビなし
・ラス親のアガり止め、テンパイ止めなし

A卓メンバー

東家:逢川恵夢
南家:藤川まゆ
西家:魚谷侑未
北家:内間祐海

逢川が女流雀王(協会)、藤川が将妃(麻将連合)、魚谷が女流桜花・鸞和戦(連盟)、内間が女流最高位(最高位戦)と各団体のタイトルホルダーが集まった卓となった。

A卓の展開

東場は全員が攻めに来るも脇にかわされるなど、大きな点数移動が中々でない。

そんな中、内間が魚谷とのリーチ対決に勝利し8000。トップ目に立ち、試合を有利に進めるかに思われた。

しかし、南場で魚谷がドラポンから喰いタンで仕掛けると、強気に仕掛けて1局消化しようとした内間から8000を打ち取り、点数状況は僅差に詰まる。

どうなるかと思われたが、次局で内間が8m単騎のチートイツでリーチ。ラス牌の8mをツモりきって1600-3200。

このアガりで再び内間がトップ目に立つと、南3局では内間にダブリーの配牌。この手をリーチせずにキッチリ逢川からアガってオーラス。

藤川は5200出アガり、魚谷は8000出アガりの点数状況。藤川はキッチリ5200のリーチを打つがアガり牌が山にない。

逢川は流局なら2着で決勝進出だが、テンパイが入り軽くプッシュ。

そして条件を満たすために攻めるしかない魚谷から逢川が1000点をアガりきった。

これで内間が1着、逢川が2着で決勝進出。視聴者投票では圧倒的な票を集めた魚谷だが決勝進出はならなかった。

A卓結果

1位:内間祐海
2位:逢川恵夢
3位:藤川まゆ
4位:魚谷侑未

勝ち抜けは、内間祐海逢川恵夢の2名となった。

B卓メンバー

東家:一瀬由梨
南家:東城りお
西家:宮内こずえ
北家:菅原千瑛

一瀬、宮内が最強戦2021ファイナリスト、菅原が桜蕾戦、東城は唯一ビッグタイトルなし。

B卓の展開

東1局、菅原がチートイツで3200のアガりでスタート。東2局で事件。宮内こずえがなんと小四喜テンパイ。

前回の最強戦予選、丸山奏子の小四喜に続いてのアガりかと思われたが、仕掛けていた菅原の5200。菅原がかわしてリードを作っていく。

菅原は東4局の親番でもダマのチートイツで2400。トップ目のまま南入した。

トップ菅原、2着目は一瀬で迎えた南場。東城と宮内が逆転に向かって動くが、一瀬がチートイドラドラのテンパイをダマ。

これを捉えて一気に1着2着と3着4着の間に差ができる。これで一瀬と菅原は協力して局を消化していく体制。

東城の親番をキッチリ菅原が流すなど、結局この点数状況のままオーラスへ。

南4局の親番は菅原。宮内は菅原をまくれる倍満ツモのイーシャンテンまで行くがテンパイせず。

オーラスは全員ノーテンで終了。一瀬と菅原が決勝進出となった。

奇しくもこの2名は視聴者投票ではこの4人の中で3位と4位。投票の結果を裏切る形となった。

B卓結果

1位:一瀬由梨
2位:菅原千瑛
3位:東城りお
4位:宮内こずえ

勝ち抜けは、一瀬由梨菅原千瑛の2名となった。

決勝メンバー

東家:一瀬由梨
南家:逢川恵夢
西家:菅原千瑛
北家:内間祐海

決勝の展開

東場の展開

東1局、一瀬の親リーチと内間の東のみでめくり合い。勝ったのは内間。400-700だが一瀬のチャンス手を潰した。

東2局、一瀬が自風の北を暗刻にしての2-5-8p先制リーチ。親の逢川もドラのカン3mだが追っかけリーチ。

枚数有利の一瀬がキッチリツモアガって2000-4000。一歩リードとなった。

東3局、内間がドラをポンしてのテンパイ。4-7s待ち。

だが親の菅原が4sを止めながら2-5sのダマテンを入れる。これを逢川からアガって1500。内間の8000をかわした。

東3局1本場、菅原が中のポンテン取らず。だがその間に内間が三色狙いの手順をキッチリ仕上げて5-8p先制リーチ。これを安めだが菅原からアガって2600。

東4局、一瀬が6m南のシャンポンで先制リーチ。これに内間が一発で南を掴んで放銃。5200直撃で一瀬がトップ目で南入した。

南場の展開

南1局、内間がペン7pのリーチのみだが先制リーチ。だが逢川も6pプッシュから仕掛けてホンイツのテンパイ。

2人のめくり合いは逢川に軍配。1300-2600のツモアガりで一気に点差を縮める。

南2局、菅原がドラヘッドのカン7mで先制リーチ。親の逢川がガンガン押していってなんとか4s単騎で役ありダマテン。

さらに内間が6-9mで追っかけリーチ。この2軒リーチに逢川も4sを押して6-9sで追っかけリーチ。

三者のめくり合いは内間に軍配。逢川から3900のアガり。

南3局、親番菅原がドラドラのソーズの下がいいと見てのカン3sリーチ。

これをツモって4000オール。一瀬と菅原が30900点で同点トップとなっている。

南3局1本場、菅原が発暗刻を手牌に持ってのトイトイ仕掛け。これを内間から打ち取って7700。これで終盤リードができた。

南3局2本場、内間が3-6pで先制リーチ。親の菅原がオリに苦労したがなんとか流局。菅原トップ目のままオーラスへ。

南4局、菅原アガれば優勝、一瀬は1300-2600か6400出アガり。逢川は三倍満条件、内間はラス親で連荘するだけ。

内間は一発で決めに行こうと三色狙いの打牌だがテンパイにたどり着かない。内間がノーテン、逢川の1人テンパイで流局。菅原が優勝となった。

決勝結果

1位:菅原千瑛
2位:一瀬由梨
3位:逢川恵夢
4位:内間祐海

ファイナル進出は菅原千瑛プロ!

前回以前の結果

ファイナル出場決定者については以下のページを参照いただきたい。

次回の最強戦

次回の麻雀最強戦2022予選はミスター麻雀カップが5月29日に開催。出場メンバーは以下の通り。

A卓

萩原聖人
黒沢咲
本田朋広
鈴木達也 

B卓

二階堂瑠美
滝沢和典
古橋崇志
馬場裕一


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事