天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

2023年2月開催、日本プロ麻雀協会"VTuberプロテスト" 続報が入ってきましたのでまとめます。

日本プロ麻雀協会では2023年2月にVTuberを対象としてプロテストを実施する予定となっています。

そして本日、協会の公式Twitterにてプロテストに関する新たな情報が発表されました。

内容については上記のツイート内の画像を見ていただければ分かりますが、要するにVTuberの方が実際にプロになったとしたらどうなるか、という情報が公開されています。

実際、VTuberの方が麻雀プロになったとして、現実世界では麻雀を打つことはできませんから、どういう活動をすることになるのかは気になっていました。

ツイートによれば、雀魂を使った大会を新たに立ち上げ、そこにVTuberが参加するとのこと。

現在でも他団体であるRMUでは雀魂を用いたタイトル戦が行われています。これにVTuberとして参加するような形ということになるのでしょうか。

また参加できる大会が限られるということもあるのでしょうが、VTuberの麻雀プロの中でランク付けをするとのこと。これで麻雀プロVTuberに目鼻がついてきた感じがします。

加えて、ボイスチェンジャーの使用についても解禁の方向で改正されています。

VTuberでボイスチェンジャーを使っている人は無視できない割合を占めています。例を挙げるならば、現在、第一線で活躍されている麻雀VTuberである鴨神にゅうさんなどもボイスチェンジャーを使用されています。

VTuberという文化をプロ組織に取り入れるのであれば、その部分も尊重されるべきではないか、とは思っていたので、ボイスチェンジャーの使用が認められたことは素直に喜ばしいことだと思います。

まだプロテストが行われるのは半年以上後のことですが、どのような形に落ち着いていくのか、これからしっかり見届けていきたいですね。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!