t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

麻雀最強戦2022「男子プロ因縁の抗争」試合結果

2022年7月17日、麻雀最強戦2022「男子プロ因縁の抗争」が開催された。その試合の過程、および結果について本記事でお届けする。

基本ルール

A,B卓でそれぞれ東南半荘戦1回勝負で上位2名が勝ち抜け。その後、勝ち抜けた4名で決勝を行い、トップがファイナル進出。

・喰いタンあり、後付けあり
・赤なし、一発裏ドラあり
・カンドラカン裏あり
・トビなし
・ラス親のアガり止め、テンパイ止めなし

A卓メンバー

東家:古本和宏
南家:原佑典
西家:白鳥翔
北家:松本吉弘

A卓の展開

東場の展開

東1局、松本が4mポンからマンズのホンイツの仕掛け。白鳥はソーズのメンホン。原にドラの発トイツ。

松本は1m3mでテンパイ。そのテンパイ打牌を鳴いて原もマンガンの1-4-7pテンパイ。松本は7sを引いて回り、さらに7pを引いてオリ。きっちりオリた結果、原の1人テンパイで流局した。

東2局1本場、親の原が3-6sで先制リーチ。古本は5p単騎のチートイツをテンパイしダマテン。だが6sを引いて回る。

松本がイーシャンテンでこれに押していく。古本も9sが通り片スジになった6sを押して親に放銃。3900のアガりとなった。

東2局2本場、原にダブ東とドラの中がトイツ。ただこの2つのトイツが全く鳴けない。

中盤に東が白鳥から出てようやくイーシャンテン。しかし松本が6-9mで先制リーチ。古本はペン3sのテンパイが入りダマテンで押す。

さらに原もテンパイし5m中のシャンポン待ち。中なら18000のテンパイ。古本は途中でオリ。白鳥がカンして原のハイテイを消す。結果、松本と原の2人テンパイで流局。

東2局3本場、松本が9sポンからソーズのホンイツ。だが白鳥が松本に絞りつつテンパイを入れ1-4sで先制リーチ。

松本は白を暗刻にして2-5mでテンパり返す。この2mは白鳥のリーチの現物。原から2mが出て2600ロン。

東3局、親の白鳥は喰いタンで仕掛けて連荘狙い。カン7sで先制テンパイ。原はカン3sでテンパイしダマテン。

白鳥は食い延ばして4-7sに待ちを変化。この7sがチートイツのテンパイを入れた松本から出る。白鳥が1500のロンアガり。

東3局1本場、松本が1-4mで4巡目先制リーチ。これに良形のイーシャンテンから白鳥が放銃。2600のロンアガり。

東4局、白鳥が2-5mで先制リーチ。チートイツのイーシャンテンだった原だが1m引いてオリ。白鳥が2mをそのままツモって裏裏で2000-4000ツモ。以下の点数状況で南入した。

原佑典:28200
白鳥翔:28100
松本吉弘:27400
古本和宏:16300

南場の展開

南1局、親の古本が東ポンからカン2mテンパイ。これに原が打ち込んで2000。

南1局1本場、白鳥が9pポンから白バックとトイトイを見て仕掛ける。松本はこの仕掛けに字牌を絞る。古本がドラのペン7mで先制リーチ。

これに白鳥はオリ。古本があっさりツモって2000オール。一気に点数が平たくなった。

南1局2本場、原にドラの3mが暗刻のイーシャンテン。ただ松本が3-6mで先制リーチ。さらに古本が5-8mで追っかけリーチ。

このめくり合いは松本に軍配。古本が3mを掴んで松本に2600放銃。

南2局、松本が中ポンから局消化を目指す。1-4pのノベタンで先制テンパイ。親の原が1-4sでリーチ。だがすぐに原が4pを掴んでしまい、松本の1000点アガり。

南3局、松本はトップ目で親の白鳥が2着のため配牌からオリ。親の白鳥はドラドラでゆったりシャンテン戻し。

白鳥は5-8mでテンパイしダマテン。これに古本が放銃し7700のロンアガり。これで大勢は決したか。

南3局1本場、白鳥が9sポンからチャンタの仕掛け。松本が中ポン。古本はマンズのチンイツで仕掛け。

松本はカン2pで先制テンパイ。白鳥は途中でオリ。原が終盤にペン3mでリーチ。このリーチに白鳥はスジの3mではなく1pを打ってオリるファインプレー。松本もオリ。結果アガりは出ず、原の1人テンパイで流局。

南4局2本場、原は1000-2000ツモ、古本はハネマンツモで決勝進出。原は5-8mの5mで3900と高目8mで8000のテンパイ。5mはツモか直撃、8mは出アガりOK。

原はドラをさらに引いて5mでも出アガりOKになる。これに松本が5mを打ってしまい8000放銃。原が松本をまくって決勝進出となった。多井の解説では原が少考の連続で、松本は原がまだノーテンでは、と考えたのではないかとのこと。

A卓結果

1着:原佑典  33700
2着:白鳥翔  32700
3着:松本吉弘 21900
4着:古本和宏 11700

原佑典、白鳥翔が決勝進出!

B卓メンバー

東家:藤島健二郎
南家:猿川真寿
西家:岡崎涼太
北家:尻無濱航

B卓の展開

東場の展開

東1局、猿川がドラ3のテンパイでペン3m4巡目先制リーチ。これをあっさりツモって裏1の3000-6000。まずは一歩リード。

東2局、藤島はホンイツで手を進める。尻無濱は西をポンして2-5pテンパイ。猿川は1-4sでテンパイしてリーチも、宣言牌が2p。猿川が尻無濱に1000放銃。

東3局、親の岡崎がダブ東ポンから仕掛ける。藤島が1mをアンカンするも新ドラが東で岡崎がダブ東ドラ3。すぐにカン7pのテンパイを入れる。

藤島はカン8mでテンパイするもテンパイ打牌が7p。岡崎に12000放銃となった。

東3局1本場、尻無濱が自風の南ポンから仕掛ける。カン8pで先制テンパイ。これを猿川からアガって1300。

東4局、親の尻無濱が1sポンからソーズのホンイツで仕掛ける。9s単騎で宣せテンパイ。チャンタ白ホンイツのマンガンテンパイ。

藤島はフリテンの2-5-8sでリーチ。だがすぐに9sをすぐに掴んでしまい、尻無濱に12000放銃。藤島は3s58mならアガりがあったかもしれないだけに悔しい放銃となった。

東4局1本場、猿川がカン6mで先制リーチ。藤島が2-5sで追っかけリーチ。2人のめくり合いはアガりは出ず。藤島、猿川の2人テンパイで流局。点数状況は以下の通り。

尻無濱航  35800
猿川真寿  35200
岡崎涼太  32500
藤島健二郎 -5500

南場の展開

南1局、猿川は西ポンからトイトイで仕掛ける。岡崎は中ポン。2-5pで岡崎が先制テンパイ。だが親の藤島が1-4pでリーチ。

猿川も9sをポンして5m北のテンパイを取る。3者のめくり合いは岡崎の勝ち。300-500のツモアガり。藤島はかなりキツくなった。

南2局、岡崎はダブ南と中が配牌トイツ。9sポンから仕掛けていく。尻無濱がこの仕掛けに回るとチートイツのテンパイが入る。5s単騎でリーチにいく。

猿川は発バックで仕掛けていく。岡崎が5-8sでテンパイ。このめくり合いは岡崎に軍配。8sをツモって700-1300のアガり。

南3局、尻無濱が9sポンからホンイツで仕掛ける。猿川もピンズのホンイツで鳴いていく。猿川が5pの裸単騎でテンパイ。北との選択で尻無濱が北を持っていると読んだか。

藤島がペン3mの一通でリーチ。ホンイツをテンパイした尻無濱が3mを打って8000放銃。

南4局、猿川が自風の西ポンから終わらせにいく。岡崎も北をポン。岡崎がカン3pで先制テンパイ。さらに食い延ばして3-6pに変える。

猿川も4-7sでテンパイ。2人ともアガって終わらせにいく。岡崎が7sを打って猿川がロン。2600のアガりで猿川と岡崎が勝ち上がりを決めた。

B卓結果

1着:岡崎涼太  38300
2着:猿川真寿  36000
3着:尻無濱航  25600
4着:藤島健二郎     100

岡崎涼太、猿川真寿が決勝進出!

決勝メンバー

東家:猿川真寿
南家:原佑典
西家:岡崎涼太
北家:白鳥翔

決勝の展開

東場の展開

東1局、原が2-5-8mで先制リーチ。同巡に白鳥が5-8mで追っかけリーチ。親の猿川が放銃しそうだったが、2mを引いて頭に振り替えて5pの片アガりテンパイ。

このめくり合い、猿川が勝ち。白鳥が5pを掴んで1500放銃で2軒リーチをかわす。

東1局1本場、猿川が中ポンから仕掛ける。猿川が1-4mで先制テンパイ。さらに打点を見て2mと発のシャンポンに受け変える。この選択が大当たり。発をすぐにツモって2600オールのアガり。

東1局2本場、岡崎がドラドラで喰いタンの仕掛け。他3人はチャンタ模様。岡崎が5-8mでテンパイも3人はオリて岡崎の1人テンパイで流局。

東2局3本場、白鳥が東トイツのドラドラも東が打たれない。中盤に東をポンして手が進む。岡崎が手牌に発暗刻でペン3pのテンパイを入れる。

猿川は7mポンして形テン。親の原が3pを押して岡崎が2000のアガり。

東3局、白鳥が4mポンから喰いタンで仕掛けて5-8pテンパイ。さらに同巡原が白をポンして1p5mのテンパイ。

原は3-6pに待ちが変わる。岡崎がテンパイするも宣言牌が3p。岡崎が原に1000放銃。

東4局、猿川が発ポンから局消化を狙う。親の白鳥はタンヤオに変化させてジックリ進める。原がテンパイするもテンパイを外す。すると岡崎が2-5mでリーチ。

このリーチを岡崎が一発ツモ。1300-2600のアガり点数状況は以下の通り。

猿川真寿 34300
岡崎涼太 32400
原佑典  17100
白鳥翔  16200

南場の展開

南1局、白鳥が6-9mで先制リーチ。イーシャンテンの原がこのリーチに3sをアンカンしていく。猿川は2-5pでテンパイしリーチの現物でダマ。

さらに岡崎が2-5-8mで追っかけリーチ。続いて原もテンパイしリーチ。しかし原の宣言牌が8mで岡崎に一発放銃。岡崎が8000のアガりとなった。

南2局、トップ目の岡崎が2-5mで先制リーチ。親の原が押していくが先に岡崎がツモ。2000-4000で一気に岡崎がトップに近づいた。

南3局、親の岡崎が中バックで仕掛けてテンパイ。白鳥がそこに6枚山の4-7pでリーチ。岡崎はしっかりオリ。ここはアガれず白鳥の1人テンパイで流局。

南4局1本場、猿川は倍満出アガり、原は役満直撃条件。トップの岡崎が喰いタンで仕掛け。4-7mで先制テンパイ。白鳥はテンパイを入れられず流局。岡崎がトップで終了。岡崎がファイナル進出を決めた!

決勝結果

1位:岡崎涼太 51400
2位:猿川真寿 30300
3位:白鳥翔  14200
4位:原佑典    3100

岡崎涼太、ファイナル進出決定!

前回以前の結果

ファイナル出場決定者については以下のページを参照いただきたい。

次回の最強戦

次回は7月23日「男子プロ魂の一打」。出場者については下記を参照。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事