t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

神域リーグ第6節試合結果 アトラス2ラス、アキレス2トップで一気に差を詰める!

神域リーグ第6節は7月19日(火)18:00より開催されます。本記事ではその試合結果についてまとめていきます。

過去の試合結果および試合のルールについては下記の記事を参照してください。

パブリックビューイング開催

本日の試合はパブリックビューイングが行われています。第6節以降についても行われる予定ですので、詳細は上記の記事を参照ください。

YouTube配信

▼過去のアーカイブはこちら▼

実況・解説

実況:松嶋桃
解説:鈴木たろう

前節までの順位

1位:チームアトラス +210.6
2位:チームゼウス    +82.6
3位:チームヘラクレス   -46.7
4位:チームアキレス  -246.5

第1試合

出場選手

東家:村上淳
南家:Fra
西家:天宮こころ
北家:因幡はねる

試合展開

東場の展開

東1局、親の村上はチートイツ狙い。天宮が中盤に1m9pで先制リーチ。これがなんと山に4枚。

村上はこのリーチに回りながらメンツ手で復活。6-9sで追っかけリーチ。だがここはアガりは出ず。村上、天宮の2人テンパイで流局。

東1局1本場、因幡がカン4mチーから喰いタンで仕掛ける。さらに天宮も喰いタン。天宮が5-8sで先制テンパイ。

Fraは手牌に南暗刻でカン6mでテンパイしダマ。そこから6-9mに変化しリーチ。因幡がこれに放銃するかと思われたが一旦オリ。

ただ天宮の仕掛けにも挟まれ、因幡が結局放銃。Fraが因幡から2600ロン。

東2局、因幡が西ポン、1mポンしてバラバラの遠い仕掛け。中ぶくれの3p単騎で先制テンパイ。トイトイをどうしても拾いたい形。

因幡が3p4pのシャンポンに変化。4pは残り山に1枚。ここはアガれず、Fraと因幡の2人テンパイで流局。

東2局1本場、因幡が赤5mを切りとばして一色狙い。村上が一通のカン8mで先制リーチ。この8mを止めて因幡が4s8mのシャンポンで追っかける。ただここもアガりは出ず。因幡と村上の2人テンパイで流局。

東3局2本場、親の天宮が発ポンから仕掛ける。だが村上が1s東のシャンポンで先制リーチ。天宮もカン4sでテンパイ。ここは因幡がトイツにしていた東を打ってしまい、村上に5200放銃。

東4局、村上が1m6sのシャンポンでテンパイしダマ。それをそのままダマでツモって400-700のアガり。村上トップ目で南入。

南場の展開

南1局、天宮がドラペンチャンを裏目るもカン4sで先制リーチ。ここに因幡が2-5pで追っかけリーチ。このめくり合いは天宮に軍配。因幡が4sを掴んで2600放銃。

南2局、天宮が白ポンから仕掛けてペン3mで先制テンパイ。そこからドラの1mを重ねて1m8s待ちに変化。さらにドラをツモって2000-4000のアガり。ドラゴンガールの面目躍如のアガり。

南3局、親の天宮がドラ2赤1の手で場風の南を暗刻にする。仕掛けていくが中々テンパイが入らず。その間にFraが1-4sで先制リーチ。

ただ同巡に天宮も3p5pのシャンポンでテンパイしめくり合い。ここはFraの勝ち。500-1000のツモアガり。

南4局、トップ目の天宮が役ありの1-4mでテンパイしダマテン。これをそのまま終盤ツモって1300-2600。天宮がトップを獲得した。

最終結果

1位:天宮こころ 37900(+57.9)
2位:村上淳   30000(+10.0)
3位:Fra       25300(-14.7)
4位:因幡はねる    6800(-53.2)

第2試合

出場選手

東家:天開司
南家:松本吉弘
西家:郡道美玲
北家:村上淳

試合展開

東場の展開

東1局、村上がソーズのホンイツで仕掛ける。親の天開は喰いタンで仕掛けてカン6sで先にテンパイ。結局、アガりは出ず天開の1人テンパイで流局。

東1局1本場、天開がリャンメン3面待ちのイーシャンテンからテンパイできず。終盤にポンテンを取る。天開の1人テンパイで流局。

東1局2本場、松本が自風の南、天開が役牌の中を仕掛ける。松本は残していたドラを重ねて4-7sのテンパイ。これを村上からアガって8000。

東2局、村上がマンズのホンイツで仕掛け。カン3mで先にテンパイ。そこに郡道がカン5mでリーチ。村上は2m北のシャンポンに変化してめくり合い。ここは郡道が赤5mをツモって2000-4000で勝負あり。

東3局、親の郡道がダブ東のポンから仕掛ける。6-9mの先制テンパイを入れる。松本はピンズのホンイツで仕掛け。村上が5pでリーチに来るも、郡道がそのままツモって4000オール。

東3局1本場、天開が発バックの仕掛け。松本はマンズのホンイツで仕掛け。天開が1p6pでテンパイ一番乗り。天開は4-7pに変化。

ただ天開はドラの3mを引いてオリ。さらに郡道もトップ目ということでオリ。松本が白単騎でテンパイし、その後3-6-9mに待ち変え。ただここはアガり出ず、松本の1人テンパイで流局。

東4局2本場、親の村上がチャンタで仕掛ける。松本はソーズのホンイツで仕掛け。天開司は終盤、喰いタンで仕掛けて2-5mテンパイ。

村上も1s片アガりテンパイ、松本は終盤ピンズを払わずペン7pテンパイ。天開は7sを引いてオリ。村上と松本の2人テンパイで流局。

東4局3本場、村上はダブ東トイツも1枚目をスルー。天開がチャンタで仕掛けてペン7pの先制テンパイ。郡道もトップ目で仕掛けて3-6pテンパイ。

そして天開はドラを引いてオリ。村上も仕掛けて5-8mでテンパイ。ここは村上がツモって1000オールで連荘成功。

東4局4本場、村上が1mをアンカンして攻め気たっぷり。ただ終盤まで誰にもテンパイはいらず。松本が2p3pでテンパイしダマテン。村上も5-8pでリーチ。このリーチに他3人はオリて村上の1人テンパイで流局。

東4局5本場、郡道が白ポンから仕掛ける。村上が5p7pのシャンポンでリーチ。ここも流局し村上の1人テンパイで流局。

東4局6本場、松本が中盤タンヤオで仕掛ける。5-8pで先制テンパイ。郡道もタンヤオの67pでテンパイするが、6888pに赤5pを引いて待ちを替え、8pを松本に放銃。松本の2000点のアガり。

南場の展開

南1局、親の天開が白ポンから仕掛ける。郡道は喰いタンで仕掛けて457sで先にテンパイ。さらに松本が3-6pでリーチ。

天開も3-6mでテンパイするが、松本が7sを掴んで郡道に放銃。郡道が3900のアガり。

南2局、郡道がダブ南ポンから発進。親の松本はペン7sで3巡目にテンパイするがテンパイを外す。郡道が5-8sで先制テンパイ。さらに村上がチートイツテンパイ、松本も6-9pでリーチ。

郡道はリーチを受けてオリ。天開は鳴きの三色で粘り1s片あがりテンパイ。村上はマンズを引いてオリ。天開は3s白に待ちを替えるも、すぐに1sを引く裏目。

さらに天開が8pを引いてオリると白がその瞬間に松本から白が出るという展開。しかしこの白を鳴いて8p3sでテンパり返すと、この8pをスジで郡道が打ってしまい展開が8000のアガり。

南3局、天開がマンズのホンイツで仕掛け。東地獄単騎で先制テンパイ。松本がチートイツの3s単騎でリーチ。天開は5sを止めて単騎待ち続行。

そこに親の郡道が2-5sでリーチ。天開はここでオリ。郡道と松本の2人テンパイで流局。

南3局1本場、天開が134mで先制リーチ。だが村上が中待ちの国士無双テンパイ。さらに松本も3-6pでリーチ。このめくり合いは天開に軍配。天開の2000-4000ツモ。

南4局、松本が喰いタンの仕掛け。郡道が中を仕掛けて3m69pで先制テンパイ。ここに親の村上が6pを打ち込み1000点のアガり。郡道が2着死守、展開が初のトップを獲得した。

最終結果

1位:天開司  38000(+58.0)
2位:郡道美玲 29000(+9.0)
3位:松本吉弘 22100(-17.9)
4位:村上淳  10900(-49.1)

第3試合

出場選手

東家:鴨神にゅう
南家:ルイス・キャミー
西家:渋谷ハジメ
北家:郡道美玲

試合展開

東場の展開

東1局、親の鴨神が白ポンから仕掛け。ルイスがペン3sで4巡目先制リーチ。これに渋谷が粘っていき3s6pのシャンポンでテンパイ。このめくり合いは渋谷に軍配。6pをツモって2000-4000のアガり。

東2局、親のルイスはダブ東トイツだがこれが持ち持ち。これが鳴けない間に郡道が2-5-8pで先制リーチ。これをツモって郡道が2000-4000。

東3局、親の渋谷が3sポンから喰いタンの仕掛け。56sでテンパイ。さらにルイスも東をポンして5-8mテンパイ。このめくり合いは渋谷の勝ち。ルイスが渋谷に1500放銃。

東3局1本場、郡道が配牌からチートイツイーシャンテン。渋谷は発ポンから仕掛け。郡道がドラの8s単騎で先制リーチに行くとこの8sが山に3枚。これをあっさりツモって3000-6000のアガりで一気に郡道がトップ目。

東4局、ルイスがソーズのホンイツで仕掛け。鴨神もソーズの一色。だが郡道が6-9pで先制リーチ。ルイスはペン7sのテンパイを入れるがこれは山にない。

ここで渋谷がワンチャンスの9pを打ってしまい、郡道に12000の放銃となってしまった。

東4局1本場、渋谷が5m7mのシャンポンで先制リーチ。他の足止めをしている間にこれをそのままツモって1300-2600のアガり。郡道が5万点超えのトップ目で南入。

南場の展開

南1局、親の鴨神がカン7pで先制リーチもこの7pは山にない。だが形の良いイーシャンテンになったルイスから7pが出てしまい、12000のアガりとなった。

南1局1本場、渋谷がカン6sで先制リーチ。この山に1枚しかない待ちをツモって裏を乗せて2000-4000ツモ。

南2局、鴨神がマンズのホンイツで仕掛け。親のルイスは発ポンから仕掛けて3-6mで先にテンパイ。ルイスがこれをそのままツモって1000オールのアガり。

南2局1本場、渋谷はピンズのホンイツで進める。鴨神が3-6mで高目三色の先制リーチ。渋谷もカン2pでテンパイしめくり合いに。

この2pを鴨神がアンカンするも次巡には渋谷が3-6pに待ち変え。この6pを鴨神が掴んでしまい、渋谷が8000のアガりとなった。

南3局、郡道が4-7mでダブルリーチ。これをそのままツモって2000-4000。

南4局、鴨神が中ポンから3着確定のアガりを目指す。渋谷が36p14mでリーチも鴨神がきっちりアガりきり500-1000。郡道がトップを獲得した。

最終結果

1位:郡道美玲  56500(+76.5)
2位:渋谷ハジメ 32000(+12.0)
3位:鴨神にゅう 13100(-26.9)
4位:ルイス・キャミー -1600(-61.6)

トータルポイント

1位:チームアトラス +109.9
2位:チームゼウス    +99.0
3位:チームアキレス    -103.1
4位:チームヘラクレス    -105.8

出場選手一覧はこちら

個人成績一覧はこちら

神域リーグ記事一覧はこちら

神域リーグに関する記事をこちらで一覧にしてまとめている。神域リーグの情報について知りたい方はこちらのページも参照いただきたい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事