t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

麻雀の副露率の目安はどの程度に設定すべきか

麻雀における一つの大きなデータ。それは副露率です。和了率や放銃率といったデータは単純に和了率は上げたいし、放銃率は下げたい、ということで目標を立てやすいです。

一方で副露率というのは非常に個人差の大きいデータです。例えばトッププロ達が集まる麻雀プロリーグ・Mリーグでは副露率が10%を切るプロもいれば、逆に30%を超えるプロもいます。

しかし、どちらかが強いということはなくいずれのプロもMリーグ内で勝ち越しを上げているのです。すると副露率はどのくらいを目指せばいいのかよく分からない、という人もいると思います。

本記事ではそんな人のために、どのくらいの副露率を目指せばいいのか、その指標について解説してきたいと思います。この記事を読んで麻雀力の向上に役立てていただければ幸いです。

副露率とは

副露率は全体の局数のうち、1回以上鳴いた局の割合を示しています。鳴きとはポンやチーなど相手の牌をもらってメンツを作ることです。

例えば、1半荘を打ったときに10局で終了したとしましょう。その内、3局で鳴きを行っていれば副露率は、3/10×100=30% というわけです。

副露のメリット・デメリット

副露のメリットは自分のツモだけで4メンツ1雀頭を作るよりスピードが速いということです。相手を上回る圧倒的な速度こそが鳴きの最大のメリットといえます。

一方でデメリットも当然あります。それは手が安くなりやすいこと。鳴くことでまず最強の役であるリーチが打てなくなります。また、鳴くことで翻数が下がってしまう役もあります。

また、他のデメリットとして手牌の枚数が少なくなるため、相手からリーチなどを受けたときの守備力は下がります。加えて、相手に牌をさらすので上級者には手牌を読まれやすくなります。

副露率は高い方がいい or 低い方がいい?

先ほどの項でも解説したとおり、鳴くことにはメリットもデメリットもあります。したがって常に鳴いていても、全く鳴かなくてもどちらも良くありません。鳴く局と鳴かない局のバランスが重要になります。

そのバランスの取り方が人それぞれというわけですが、副露率が高めの麻雀の方が比較的初心者や中級者にとって戦いやすい戦型だと考えます。

副露率を高めることで自身のテンパイの回数が増えます。テンパイさえしていれば相手のリーチや鳴きに対してもかなり押し返しやすいため、押し引きが簡単になりやすく大きなミスをしにくいです。

また、テンパイの回数を増やせば自然にアガりの回数も増えます。アガった局は得点が増えるのはもちろんのこと、絶対に失点をしない局でもあるので、アガることで守備にもつながるわけです。

副露率が低い場合、相手に先手を取られるケースが多く、なかなかアガれずにジリ貧になってしまうケースが多いです。

アガる回数を減らして一撃で決めるということになるので、攻撃をしない局に絶対に失点しないという鉄壁の守備力がないと副露率が低い麻雀を成立させにくいです。

ですから、まずは一度鳴き多めの麻雀をやってみて、その上で自身に合っていないと思ったら鳴き少なめの麻雀をやってみるのがよいと思います。

副露率の目安

では具体的にどのくらいの副露率を目指すのがよいのでしょうか。競技麻雀やフリーの雀荘の場合は一旦置いておいて、一般の人が一番打っているであろう天鳳や雀魂などのネット麻雀の段位戦ルールを考えてみましょう。

ネット麻雀では一般にラス回避のルールで戦うことが多いです。ラス回避ルールでは点数の高いアガりはもちろんのこと、アガりの回数が重要になってきます。

アガった局というのは点数を稼ぐと同時に絶対に失点をしない局でもあります。つまりアガりの回数を増やせば攻撃と守備を同時に行うことができるわけです。

また、ネット麻雀では赤アリのルールで行われていることが多く、通常よりドラが多いです。したがって鳴いた後でも手が高くなるケースが多く、鳴いたときの点数が低くなるデメリットがそれほどは大きくありません。

この2つの要素が相まって、ネット麻雀では低くても25%程度、高ければ40%程度の副露率という人が多いです。

まずは自身の麻雀の成績を見直しつつ、副露率が30%程度になるように鳴くことを目指してみましょう。

鳴きの練習

鳴きの練習には、ひとまず鳴いたら手が進むところを全て鳴いてみて、後で見直して要らない鳴きを減らすという手法がオススメです。

まず一度やり過ぎなくらい鳴いて、鳴く感覚を身に染みこませるのが大事です。その上で要らないところを削りましょう。

鳴きをどれくらいするのかというのはもちろん個人差があります。例えば鳴いた後の守備が自分は下手だな、と思えば高い手の時だけ仕掛けてみるなど、自分の力量に応じて鳴きの量を調整します。

鳴きというのはただ鳴くために学ぶのではなく、鳴かないための技術でもあります。リーチが必要な局面ではリーチに向かい、リーチに頼らなくてもいい場面では鳴き、と使い分けをよく学ぶようにしましょう。

その他のデータ解説

本ブログでは和了率や放銃率に関してもその上げ方/下げ方について解説しています。こちらの記事もぜひ参照いただければと思います。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

MリーグをNAGAで牌譜検討!

外部ページのnoteにてMリーグを麻雀AI「NAGA」を用いて解析した記事を販売しております。下記のリンクから無料で公開している記事をご覧になれますので、興味を持たれましたらご購入を検討いただければと思います。

またお得なメンバーシッププランもありますので、よろしければこちらもぜひ!

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事