t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

麻雀最強戦2022「女流プロ最強新世代」試合結果 優勝は杉浦まゆ!

2022年8月14日、麻雀最強戦2022「女流プロ最強新世代」が開催された。その試合の過程、および結果について本記事でお届けする。

基本ルール

A,B卓でそれぞれ東南半荘戦1回勝負で上位2名が勝ち抜け。その後、勝ち抜けた4名で決勝を行い、トップがファイナル進出。

・喰いタンあり、後付けあり
・赤なし、一発裏ドラあり
・カンドラカン裏あり
・トビなし
・ラス親のアガり止め、テンパイ止めなし

A卓メンバー

東家:後藤咲
南家:蒼井ゆりか
西家:鳥井ゆう
北家:高津柚那

A卓の展開

東場の展開

東1局、蒼井に配牌で白発トイツ中1枚という大三元チャンス。白も暗刻にしてひとまずホンイツへ進める。高津は純チャンを目指す。

蒼井は中単騎の小三元ホンイツの先制テンパイ。鳥居は自風の西を暗刻にして仕掛けていく。鳥居は4-7mのテンパイ。ここは蒼井が7mを掴んで鳥居に放銃。2000のアガりで蒼井のチャンス手を潰した。

東2局、高津は東と中が配牌トイツ。高津は中ポンから仕掛ける。3副露して4-7sで先制のテンパイ。これに他3者は回る。鳥井と蒼井が形テンを取るが、終盤に高津がツモって500-1000のアガり。

東3局、高津が配牌イーシャンテン。親の鳥井はソーズのホンイツ形。高津が4-7sノベタンではなく、ドラのカン3s待ちを選んで先制リーチ。

鳥井はリーチに押していき、発単騎のホンイツでテンパイ。鳥井と高津のめくり合いとなり、勝ったのは鳥井。高津から発を打ち取り、18000のアガり。一気に鳥井が抜け出す。

東3局1本場、高津はドラで自風の南トイツ。56sから切り出して、南を暗刻にして7pポンとホンイツへ進めていく。鳥井はこの仕掛けにピンズをバシバシ打ち出して攻めていく。

鳥井はマンズの一色、後藤はソーズのホンイツ。高津は山4枚の9p北のシャンポンでテンパイ。後藤は6-9sのテンパイ。さらに蒼井は発を鳴いて3-6mでかわしに行く。

蒼井は発を加カンして強気の選択。蒼井、高津、後藤の3人のめくり合い。ここは高津が3mを掴んで、蒼井に1600の放銃となった。

東4局、蒼井は配牌で東トイツ。しかしこれは2枚ともスルーしチャンタ含みの進行。鳥井はマンズのホンイツへ一直線。親の高津はドラのペン7m待ちで先制リーチ。

鳥井は回りながらカン7mの役なしでテンパイしダマ。ここに後藤が上手く回って6-9pで追っかけリーチ。このリーチに高津が一発で放銃し裏2枚で8000。高津は非常に厳しい。

鳥井ゆう  45500
後藤咲   33500
蒼井ゆりか 23900
高津柚那  -2900

南場の展開

南1局、蒼井は配牌からチートイツイーシャンテン。2巡目に8m単騎で先制リーチ。高津が2-5sで追っかけリーチ。このめくり合いは高津に軍配。1000-2000のツモアガりでひとまず点数をプラスに。

南2局、高津はドラを暗刻にしてイーシャンテンとするがそこからテンパイが入らない。親の蒼井が中盤喰いタンで仕掛け。4-7sでテンパイ一番乗り。

ただアガりは出ず。高津は終盤にテンパイを入れて高津と蒼井の2人テンパイで流局。

南2局1本場、蒼井にドラ暗刻のチャンス手。鳥井はお休み国士。高津はソーズのホンイツ。蒼井はカン4pで先制リーチ。このリーチに他3者はオリ。結局蒼井の1人テンパイで流局。

南2局2本場、後藤が白ポンから仕掛け。鳥井は三色バックの仕掛け。鳥井は2mの片アガりテンパイ。蒼井が終盤5-8sでリーチ。高津は5-8pでテンパイも役なしダマを選択。

さらに後藤も7p9mのテンパイを入れるが、蒼井が4000オールのツモアガり。後藤と高津のアガり逃しの間に大きな一撃を決め、トップ目に立った。

南2局3本場、蒼井の手が進んで白のトイツ落とし。鳥井がその白を鳴いてイーシャンテン。ただ蒼井が喰いタンで仕掛けて5-8sのテンパイ。これを次巡にツモって蒼井が500オールで連荘。

南2局4本場、鳥井にダブ南暗刻の配牌。鳥井が2-5-8mの先制リーチ。この8mが後藤から一発で出てしまい、8000放銃。鳥井と蒼井の2人勝ち抜けにほぼ決まった。

南3局、蒼井が喰いタンで仕掛けて3-6mで先制テンパイ。トップ目の親の鳥井が2-5pでリーチ。これを一発でツモって裏2枚の8000オール。

南3局1本場、後藤にドラの白トイツでハネ満が狙える配牌。だが蒼井が4-7sのピンフでテンパイしダマ。この4sを高津からアガって1000。

南4局、鳥井が白バックで仕掛け。一旦役なしの4-7mテンパイが入る。だがそこに親の高津が5-8mでリーチ。鳥井は当然オリ。他2人もオリて高津の1人テンパイで流局。

南4局1本場、鳥井がカン6mのタンヤオでテンパイしダマ。これが後藤から出て8000。鳥井と蒼井の2人が決勝進出となった。

A卓結果

1着:鳥井ゆう  78500
2着:蒼井ゆりか 33700
3着:後藤咲   -2500
4着:高津柚那  -9700

B卓メンバー

東家:御崎千結
南家:西城凛
西家:杉浦まゆ
北家:辻百華

B卓の展開

東場の展開

東1局、辻の手に発暗刻。8sポンからトイトイ含みの仕掛け。1s7mのシャンポンでテンパイ一番乗り。ソーズのホンイツに見えるこの仕掛けに杉浦から7mが出て5200のアガりで開局。

東2局、辻がドラドラの手牌。西を重ねて仕掛けていく。だが親の西城が4-7mで先制リーチ。そこに御崎が3-6sで同巡に追っかけリーチ。

このめくり合い、勝ったのは西城。高目の7mを御崎が掴んで5800放銃となった。

東2局1本場、西城がカン5mで役なしのテンパイを取っていったんダマ。次巡にカン7mに変化してモロヒッカケの先制リーチ。杉浦は3-6pでテンパイし一旦役なしのダマ。

次巡に杉浦は345555mに2mを引いて5mを送りカン。しかしこのカンで引いてきたのがキツい8m。ここで5mカンでノーチャンスになってしまった7mを打ってしまい西城に2000ロン。オリ打ちが放銃となってしまった。

東2局2本場、西城が3-6sのメンタンピンで先制リーチ。そこに辻が8m中のシャンポンで終盤追っかけリーチ。このめくり合い、西城に軍配。西城の4000オールツモで一歩抜け出す。

東2局3本場、御崎は中トイツだが守備力を気にして1枚目スルー。辻は発1枚目を鳴いて4-7sでテンパイを入れる。2着目からのシビアな仕掛け。この4sが御崎から出て3900のアガりを辻が決めた。

東3局、親の杉浦にドラの発トイツ。これをメンゼンで仕上げて2-5sで3巡目先制リーチ。これをあっさりツモって4000オール。2着目の辻とほぼ並んだ。

東3局1本場、終盤に御崎が5-8pで先制リーチ。これを一発でツモって2000-4000。初アガりで反撃の狼煙を上げる。

東4局、御崎が白を暗刻にしつつ、ドラターツを落としての2-5s先制リーチ。これをツモって裏1枚の2000-4000。2局連続のアガりで2着目となった。

西城凛  39600
御崎千結 21500
辻百華  19700
杉浦まゆ 19200

南場の展開

南1局、辻がカン7sを引き入れて2-5pで先制リーチ。これに西城が2pを一発で打ち出してしまい、12000放銃。一気に勝負は分からなくなった。

南2局、杉浦が6m7mのシャンポンテンパイとなるもテンパイ外し。その間に親の西城がカン4pで先制リーチ。杉浦はひとまずドラ単騎でテンパイしダマテン。

だが杉浦は9pを引いてオリ。勝負はまだ先と見たか。ただ押していけば西城からドラが出ていただけに悔しい展開だった。結局、西城の1人テンパイで流局。

南2局1本場、辻はカン3pでテンパイして役なしダマ。その後、中を暗刻にして2p単騎の役ありダマに変化。さらに辻は2-5-8sに変化。

辻の1人テンパイかと思われたが、杉浦と西城が最後の1巡でテンパイを入れて3人テンパイでの流局となった。

南2局2本場、ドラドラの辻が喰いタンで仕掛けてリャンメン2つのイーシャンテン。だが御崎が中を暗刻にして4-7sで先制リーチ。西城はテンパイしたがカン5pに受けてダマテン。

さらに杉浦がドラを切っての6-9pで追っかけリーチ。すると御崎が一発で9pを掴んで3900放銃。

南3局、親の杉浦はドラの6mが上家の西城から連続で打たれる。これをチーして喰いタンに向かった。2-5mで先制テンパイを入れる。

さらに杉浦は8pをアンカン。ヘッドの5pがドラになって一気に親満のテンパイにパワーアップ。これに辻が強気に5mを打ち出して12000放銃。勝ち急いでしまったか、辻はかなり痛い放銃となった。

南3局1本場、御崎がカン6pでテンパイしひとまずダマテン。三色変化を見たか。6pが打たれるもアガりはせずマンガン変化を見る。

だがろくに変化しないため、御崎はカン6pのままで先制リーチ。これにテンパイした辻が6pを打ち出して2600放銃。

南4局、親の辻が1m1sのシャンポンで先制リーチ。これにテンパイした西城が1sを打ち出していき2000の放銃となった。

南4局1本場、西城が発ポンからアガりに向かう。辻は白をポンしてドラドラの手牌。西城はカン2mでテンパイ。そして辻も3-6mのテンパイ。

杉浦は一応ドラ単騎のテンパイを1回入れるが次巡にはオリ。西城と辻のめくり合い、軍配は辻。西城が3mを掴んで5800放銃。杉浦以外の3人が混戦模様。

南4局2本場、杉浦が役なしの1-4sでテンパイしてダマテン。これをそのままツモって300-500。杉浦と辻が決勝進出となった。

B卓結果

1着:杉浦まゆ 39400
2着:辻百華  24200
3着:西城凛  22000
4着:御崎千結 14400

決勝メンバー

東家:辻百華
南家:蒼井ゆりか
西家:鳥井ゆう
北家:杉浦まゆ

決勝の展開

東場の展開

東1局、蒼井が1-4pで先制リーチ。そこに鳥井が西単騎のチートイツで追っかけリーチ。このめくり合いは鳥井に軍配。蒼井から西を打ち取り、裏を乗せての8000のアガりでスタート。

東2局、辻はピンズのホンイツ狙い。鳥井が6-9pで先制リーチ。辻は1pポンして東発のシャンポンテンパイ。蒼井は4-7sでテンパイし追っかけリーチ。

辻は2軒目のリーチを見てオリ…と思いきや6-9p待ちで復活。3人のめくり合い、勝ったのは鳥井。500-1000のツモアガり。

東3局、辻が終盤に4m単騎の役なしダマ。そこに蒼井がカン3sでリーチ。さらに杉浦が3-6mで追っかけリーチ。辻は2軒リーチにオリ。親の鳥井はテンパイを取りきり、蒼井・杉浦・鳥井の3人テンパイで流局。

東3局1本場、鳥井が6-9sで先制リーチ。これに他3人はオリて鳥井の1人テンパイで流局。

東3局2本場、蒼井がカン6mチーからカン4pで先制テンパイ。そこから4-7pに変化。これをあっさりツモって300-500。供託を回収した。

東4局、親の杉浦がメンツ手を壊してチートイツに向かう。鳥井は4p単騎のチートイツでテンパイしダマテン。蒼井もチートイツ地獄待ちの南単騎。鳥井はその後3-6mの高目リャンペーコーに変化。ここは蒼井が辻から南を打ち取り1600で1局消化。

鳥井ゆう  39300
杉浦まゆ  23000
蒼井ゆりか 19300
辻百華   18400

南場の展開

南1局、手牌に南暗刻の鳥井、6sポンからトイトイ含みの仕掛け。蒼井はマンズのホンイツが見えるドラ3の手牌。9mポンから仕掛ける。

鳥井は6-9pでテンパイ一番乗り。これを辻から打ち取り1300でトップ目のまま局を消化していく。

南2局、杉浦が中盤に6-9mで先制リーチ。しかし杉浦にアガりは出ず。親の蒼井がなんとかテンパイを入れて、蒼井と杉浦の2人テンパイで流局。

南2局1本場、鳥井はソーズのホンイツ。杉浦はピンズのホンイツ。鳥井は白をポン。鳥井と杉浦はイーシャンテン。ここに蒼井が3-6pで先制リーチ。

ここで杉浦は南をポンして6-9pのテンパイ。2人のめくり合いとなったこの局、軍配は杉浦。6pをツモって2000-4000。一気に鳥井と並びの状況を作った。

南3局、ラスの辻はソーズのホンイツ。3着の蒼井はドラドラ。だが杉浦が1-4sで先制リーチ。ここは1sをあっさりツモって700-1300。鳥井35700、杉浦36500。

南4局、辻と蒼井は三倍満条件から。ほぼ鳥井と杉浦の一騎打ちの状況。杉浦は2mポンから喰いタンで2p6mのテンパイ。鳥井は4-7sのピンフでダマテン。

ここは杉浦が8sをアンカンすると2pをツモアガり。1600オールのアガりで鳥井を一歩リード。

南4局1本場、鳥井の条件は1300-2600。蒼井は四暗刻に向かう。鳥井は6-9pでテンパイして一旦ドラや三色変化を見る。鳥井は8p単騎でリーチ。ツモれば逆転のリーチ。

しかし、この8pが脇に流れて鳥井の1人テンパイで流局。杉浦が最強戦ファイナル進出を決めた!

決勝結果

1位:杉浦まゆ  41300
2位:鳥井ゆう  36100
3位:蒼井ゆりか 12400
4位:辻百華   10200

前回以前の結果

ファイナル出場決定者については以下のページを参照いただきたい。

次回の最強戦

次回は9月17日「女流プロ令和の乱」。出場者については下記を参照。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事