天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。麻雀勉強やMリーグの記事もありますので是非参考に。読者登録、twitterフォローお願いします。 twitter名:t-yoko

Mリーグ2021 12月13日 試合結果 パイレーツ瑞原が個人2連勝!ABEMAS松本は個人3連勝!

f:id:cjr14137:20211213212906p:plain

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

第1試合の出場選手はこちら

東家:EX風林火山 二階堂亜樹
南家:UーNEXTパイレーツ 瑞原明奈
西家:渋谷ABEMAS 多井隆晴
北家:KADOKAWAサクラナイツ 岡田紗佳

東場の展開

東1局、多井が1巡目にダブ東を切る。親番の亜樹が2巡目で重ねる前に切るファインプレーとなった。この多井がピンフドラ1でリーチし一発でツモ。裏1枚で3000-6000とした。

東2局、親の瑞原がダブ東を仕掛ける。そこに亜樹が先制リーチ。さらに岡田も回りながらテンパイを入れ、終盤に追っかけリーチ。

瑞原が鳴いて手を進めるが、結果亜樹が岡田に放銃。2600の失点となった。

東3局、親の多井がダブ東をポン。5s9sのシャンポン待ちでテンパイとする。
待ちを変えながらツモを続けるとアガり逃しの形となった。しかし、そのまま流局し1人テンパイとなった。

東3局1本場、瑞原が赤2枚で喰いタンの仕掛け。しかし6巡目に亜樹がチートイツを白単騎でリーチ。これをツモって1600-3200のアガりを決めた。

東4局、瑞原がカン2pを鳴いてチャンタ三色のテンパイ。親番岡田がリーチをかけると、亜樹がリーチの現物である9sで瑞原に放銃。2000点のアガりで南入した。

南場の展開

南1局、終盤に瑞原がドラ3のカン5sでリーチをかける。しかし、この宣言牌の発を鳴いて亜樹が500オールで連荘。このリーチをさばいた。

南1局1本場、親番の亜樹がリーチ。468mのリャンカンからのリーチで亜樹はカン5mを選択。しかし、それが裏目に出た。7mをツモりそのまま流局。亜樹の1人テンパイとなった。

南1局2本場、瑞原が3455678sのソーズ3面待ちでリーチ。これを5sで一発ツモ。リーチ一発ツモタンヤオピンフ、裏が1枚で3000-6000。一気にトップ目に躍り出た。

南2局、またも瑞原が先制リーチ。しかし、ここに亜樹も2-5mの同テンで追っかけリーチ。このリーチ対決の軍配は亜樹。2000-4000をツモアガり。

南3局、亜樹が4-7mのノベタンでテンパイするがリーチのみの手牌のためダマテンとした。すると瑞原がタンピン赤赤をテンパイ。これをダマテンに受けると多井が放銃。8000点の失点となった。

南4局、亜樹が発を暗刻にしテンパイ。2-5m待ちでリーチとした。多井もツモり三暗刻のテンパイでリーチするがアガれず。親の岡田はテンパイを入れることができず、終了となった。

第1試合の結果はこちら

1位 パイレーツ     瑞原明奈 36900(+56.9pt)
2位 EX風林火山 二階堂亜樹 26900(+6.9pt)
3位 ABEMAS         多井隆晴  22500(-17.5pt)
4位 サクラナイツ 岡田紗佳 13700(-46.3pt)

瑞原が個人連勝となるトップ獲得!
多井は瑞原に振り込んだマンガンが大きく3着に終わった。

サクラナイツ1戦目試合後感想戦はこちら。

youtu.be


第2試合の出場選手はこちら

東家:KADOKAWAサクラナイツ 堀慎吾
南家:渋谷ABEMAS 松本吉弘
西家:EX風林火山 松ヶ瀬隆弥
北家:UーNEXTパイレーツ 小林剛

東場の展開

東1局、松ヶ瀬がピンフの先制リーチ。しかし、それをかいくぐって小林がタンヤオチートイドラドラ赤のテンパイを入れる。これをツモアガって、3000-6000でスタート。

東2局、今度は松ヶ瀬がチートイドラドラのテンパイ。そこに小林の仕掛けと堀のリーチが入る。結果松ヶ瀬が4sを勝負し、堀に放銃。5200のアガりとなった。

東3局、小林、松本、堀の3者が仕掛け、松ヶ瀬が終盤にリーチと4者が参加する局となった。結果、堀以外の3人がテンパイで流局。

東3局1本場、松本が高め一通のリーチ。ここに堀がメンホンチートイのイーシャンテンから高めの9mを放銃。8000点の失点となった。

東4局、親番小林が一通赤赤ドラの片アガりマンガンで仕掛ける。そこに松本がドラドラのリーチで対抗。小林が勝負した牌が松本に放銃。松本がトップ目で南入した。

南場の展開

南1局、小林が南をポンしてテンパイ。しかし、親番堀がリーチ。小林は4sを切りきれずオリに回る。終盤に松ヶ瀬がテンパイし、堀と松ヶ瀬の2人テンパイ。

南1局1本場、親番堀が中を仕掛けて大三元が見える手牌。そこに松本が6-9sで9s高目のチャンタでリーチ。小林はタンピン形の手牌から9sを打ち出して一発放銃。松本が8000のアガりとなった。

南2局、堀が南バックの仕掛け。しかし、先に松ヶ瀬がテンパイを入れて先制リーチ。
その後堀もテンパイし、2人でのめくり合い。勝ったのは堀。1300-2600のアガりとなった。

南3局、小林がタンヤオの仕掛け。親番松ヶ瀬もイーシャンテンとなるが、その前に堀が白をポンしてテンパイ。終盤松ヶ瀬もリーチにいくが、堀がツモって2人をかわす。500-1000のアガりでオーラスへ。

南4局、堀がカン3mのテンパイを取らず、その後5-8sのピンフテンパイでダマに受ける。松ヶ瀬はドラドラ赤赤の手牌が入っていたが8sを堀に放銃。2000のアガりで終了。

第2試合結果はこちら

1位 ABEMAS 松本吉弘         43400(+63.4pt)
2位 サクラナイツ 堀慎吾     24600(+4.6pt)
3位 パイレーツ 小林剛         21000(-19.0pt)
4位 EX風林火山 松ヶ瀬隆弥 11000(-49.0pt) 

松本が個人3連勝となるトップを獲得!
2着にはオーラスできっちり2着争いを制した堀が入った。

サクラナイツ2戦目試合後感想戦はこちら。

youtu.be


第1試合と第2試合の結果をまとめた本日の結果

1.EX風林火山        +394.1pts
2.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +326.1pts
3.U-NEXTパイレーツ                  +73.4pts 
4.渋谷ABEMAS                            +47.1pts
5.KADOKAWAサクラナイツ    +42.2pts
6.セガサミーフェニックス        -66.6pts
7.赤坂ドリブンズ            -279.9pts
8. TEAM雷電                               -536.4pts

ABEMASとパイレーツがポイントをプラスし、順位を一つずつ上げた。その結果サクラナイツが5位に順位を落とした。

風林火山はさらにポイントを減らし、400ポイントを切る結果に。2位の麻雀格闘倶楽部との差が近づき面白くなってきた。

サクラナイツの試合後インタビューはこちら。

youtu.be

EX風林火山控え室カメラはこちら。

youtu.be


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!



前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com