天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。麻雀勉強やMリーグの記事もありますので是非参考に。読者登録、twitterフォローお願いします。 twitter名:t-yoko

Mリーグ2021 1月6日 試合結果 沢崎のトップでサクラナイツがポイント増!

f:id:cjr14137:20220107123206p:plain

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

第1試合の出場選手はこちら

東家:チーム雷電 瀬戸熊直樹
南家:KADOKAWAサクラナイツ 沢崎誠
西家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 高宮まり
北家:UーNEXTパイレーツ 石橋伸洋

全体の展開

東1局、沢崎が5sポンから2000点のテンパイ。ここに高宮のテンパイ打牌が捕まる。2000の加点。

東2局は高宮の1人テンパイで流局。東3局1本場、親番高宮の先制リーチ。瀬戸熊もチートイツでテンパイするが、高宮が1000オールをツモアガり。

東3局2本場、沢崎が北、東、白と3つポンしてソーズのホンイツ。これに石橋が放銃し、12000で手痛い失点に。

東4局、ラス目の親番石橋がピンズのホンイツに向かうが、瀬戸熊がソーズのホンイツで先にアガり、2000-4000。

南1局、親番瀬戸熊がリーチに行くも、5m単騎のチートイツテンパイだった沢崎が赤5mツモで2000-4000。

南2局、石橋が発を仕掛けてテンパイ。瀬戸熊がリーチで対抗するが、石橋のアタリ牌をつかみ放銃。2000点のアガり。

南3局、石橋が先制リーチも瀬戸熊が高目三色の追っかけリーチ。リーチ合戦を瀬戸熊が制し、裏裏で3000-6000。トップ目沢崎と5600点差まで詰め寄る。

南4局、瀬戸熊が仕掛けてアガりにいくが、親の石橋が5-8sでリーチ。沢崎も喰いタンでテンパイし、なんと石橋と同テンの5-8sでテンパイ。

仕掛けていた瀬戸熊から5sが打たれ、沢崎の頭ハネで1000点。ゲーム終了となった。

安い仕掛けも高打点もきっちりアガりきった沢崎がトップを獲得!
大きなアガりを2つ決めた瀬戸熊が2着に入った。

第1試合の結果はこちら

1位 サクラナイツ 沢崎誠     43500(+63.5pt)
2位 チーム雷電 瀬戸熊直樹  34900(+14.9pt)
3位 格闘俱楽部 高宮まり      19300(-20.7pt)
4位 パイレーツ 石橋伸洋        2300(-57.7pt)

サクラナイツ1戦目感想戦はこちら

youtu.be


第2試合の出場選手はこちら

東家:KADOKAWAサクラナイツ 堀慎吾
南家:UーNEXTパイレーツ 瑞原明奈
西家:チーム雷電 黒沢咲
北家:KONAMI麻雀格闘俱楽部 滝沢和典

全体の展開

東1局は流局でスタート。東1局1本場、親番堀が中盤にピンフでリーチ。これをツモって1300オールのアガり。

東1局2本場、滝沢は四暗刻も見える手だが、2枚目の8pをポンしてトイトイのテンパイ。親番堀はドラの白単騎リーチ。滝沢が白をつかんでオリに回り、堀の1人テンパイで流局。

東1局3本場、瑞原が先制リーチ。しかし、役なしをダマテンにしていた滝沢がツモ。500-1000のアガり。

東2局、黒沢が先制リーチ。親番瑞原がドラ3で押していき、黒沢に3900を放銃。

東3局、堀がピンフのみのテンパイをダマテンに受けて終盤にツモ。400-700のアガり。

東4局、瑞原がツモり三暗刻のリーチ。これをきっちりツモアガって2000-4000。全員が僅差で南入した。

南1局も瑞原が2-5-8mの先制リーチ。これをツモって連続の2000-4000。これでトップ目に浮上。

南2局、瑞原がドラポンで12000のテンパイ。堀と黒沢が絵リーチで対抗するが流局。

南2局1本場、滝沢がマンズのホンイツで仕掛けてテンパイ。しかし、アガりきれずに1人テンパイで流局。

南3局2本場、堀がドラトイツで発から仕掛ける。滝沢はダブ南ポンからピンズのホンイツへ。黒沢も仕掛けを入れてテンパイへ向かう。

3人が3人とものテンパイを警戒し合い、ぐるぐると手牌が回る。結局、3人テンパイで流局。

南3局3本場、堀が5sポンから喰いタンのテンパイ。これをツモって500-1000でオーラスへ。

南4局、アガればトップの堀が中暗刻の手で仕掛けて9p単騎のテンパイ。しかし、親番滝沢がリーチ。堀がこれに飛び込んで12000。1着と3着が入れ替わった。

南4局1本場、堀がピンフ高目三色のリーチ。瑞原も追いつきリーチ。黒沢も赤赤で追っかけて3者のリーチ合戦に。

軍配は瑞原。イーペーコーとなる1mツモで逆転トップを獲得した。

第2試合結果はこちら

1位 パイレーツ 瑞原明奈  36700(+56.7pt)
2位 格闘俱楽部 滝沢和典  29100(+9.1pt)
3位 サクラナイツ 堀慎吾  18400(-21.6pt)
4位 チーム雷電 黒沢咲      15800(-44.2pt) 

サクラナイツ2戦目感想戦はこちら

youtu.be


第1試合と第2試合をまとめた本日の結果

1.KONAMI麻雀格闘倶楽部   +260.8pts
2.セガサミーフェニックス        +208.7pts
3.EX風林火山        +132.9pts
4.KADOKAWAサクラナイツ    +127.1pts
5.U-NEXTパイレーツ                  +96.4pts
6.渋谷ABEMAS                            +6.5pts
7.赤坂ドリブンズ            -218.6pts
8. TEAM雷電                               -633.8pts

サクラナイツはあと1歩のところで堀がトップを取り逃し、2連勝とはならなかったが、きっちりポイントを上積みした。

他3チームはわずかにポイントを減らした。雷電がずっと浮上のきっかけをつかめず苦しい。セミファイナルに黄信号からそろそろ赤信号になってしまいそうである。

サクラナイツ試合後メッセージはこちら

youtu.be


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!



前日の記事はこちらから!

top3776.hatenablog.com

他のオススメの記事はこちら!

top3776.hatenablog.com