天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

Mリーグ2021 1月25日 64日目試合結果 パイレーツ小林連投も首位陥落

f:id:cjr14137:20220125222640p:plain

本記事ではMリーグ2021の試合結果をまとめていきます!

前日までの試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

ABEMAプレミアムならMリーグの全試合&お楽しみコンテンツが見放題!

YouTube配信 

本日は無し。

MリーグチームのYouTubeチャンネルについては以下の記事にまとめています。

前日までのポイント状況

1位:U-NEXTパイレーツ                 +304.8pts
2位:KADOKAWAサクラナイツ    +264.1pts 
3位:渋谷ABEMAS                           +152.3pts
4位:EX風林火山        +137.7pts
5位:セガサミーフェニックス        +90.8pts
6位:KONAMI麻雀格闘倶楽部    -30.4pts 
7位:赤坂ドリブンズ            -74.2pts 
8位:TEAM雷電                               -865.0pts

1位パイレーツと8位雷電が入った本日の試合。パイレーツは首位を守れるか?雷電はトップを取って8位脱出の手がかりとするか?そこが見所か。

本日の出場チーム

EX風林火山
セガサミーフェニックス
TEAM雷電
U-NEXTパイレーツ

第1試合の出場選手

東家:茅森早香
南家:勝又健志
西家:小林剛
北家:本田朋広

全体の展開

東場の展開

東1局

勝又が赤ドラの手を喰いタンで仕掛けて3-6sテンパイ。親の茅森、絶好のドラのカン7pを引き入れてリーチ。だが、本田も追いついてピンフドラ1で追っかけ。

3者のめくり合いは本田の勝ち。1300-2600をツモアガり。

東2局

親番の勝又がタンヤオのカン6pをテンパイするもダマテン。その後、茅森がタンヤオ赤赤ドラの大物手をリーチ。本田もタンヤオドラドラ赤の手をダマテンに。

またも3人の戦いとなり、今度は勝又が制する。1000オールのアガりで連荘した。

東2局1本場・2本場

1本場は勝又小林本田の3軒リーチとなるが、その3人のテンパイで流局。2本場、小林が赤5pを切り飛ばして広く構えると、これをきっちりものにする。

1000-2000のアガりに供託を加えて、6600点の収入になる。

東3局

本田が配牌ドラ暗刻の手。だが、ラス目の茅森が4巡目にドラ単騎のリーチを敢行。しかし、これが本田の手牌に全てある状態。

親番小林はダブ東をポンするが、テンパイが入らない。そうこうしているうちに本田が発バックのテンパイ。ツモり三暗刻の形だ。

ここに安全牌のない小林が放銃。本田が8000のアガりを決める。

東4局

小林がカン2sテンパイを入れるが、良形を求めてテンパイ外し。次巡にフリテンの1-4mに変化。迷うところだが小林はフリテンリーチを敢行。これをツモりきって700-1300で南入した。

南場の展開

南1局

本田がドラの2mをポン。だが結局全員テンパイにできず流局。

南2局1本場

茅森が赤赤ドラの手で先制リーチ。だがこれも空振りに終わり、茅森の1人テンパイで流局。

南3局2本場

茅森がツモり三暗刻の5p5mのシャンポンテンパイ。一旦これをダマテンに受けると、次巡に2pを引き入れて、トイトイや四暗刻狙いのシャンテン戻し。

だが、親番の小林が発ポンからアガりきって500オール。茅森の手をつぶして連荘。

南3局3本場

茅森が西、発と仕掛けてソーズのホンイツへ向かう。他3者は警戒しながら手を進めるが、茅森がツモアガって2000-4000。茅森が2着目に浮上しオーラスへ。

南4局

茅森がドラの中をポンして3-6-9sのテンパイ。ツモかトップの本田を直撃ならまくりのこの手、序盤の小林の3sを一度見逃す。

この3-6-9sはしばらく出ず、終盤にもう一度小林が今度は9s切り。今度はアガって2着を確定。本田が僅差のオーラスでトップを守った。

第1試合の最終順位

1位:本田朋広  32700(+52.7)
2位:茅森早香  31700(+11.7)
3位:勝又健志  20800(-19.2)
4位:小林剛      14800(-45.2)

本田が逃げ切ってトップを獲得。この勝利は雷電としては16戦ぶりのトップだった。茅森はギリギリまでトップを狙ったが、最後はきっちりアガって2着を確保した。

第2試合の出場選手

東家:二階堂亜樹
南家:小林剛
西家:黒沢咲
北家:魚谷侑未

全体の展開

東場の展開

東1局

黒沢がピンフ赤ドラの手で先制リーチ。黒沢の河がかなり強く、魚谷がテンパイしたところで3sを押して追っかけリーチ。

だがこの3sが黒沢のアタリ牌。黒沢が8000のアガりでスタート。

東2局

親番の小林が白暗刻の手をリーチ。これを終盤にツモアガって2600オールで連荘。

東2局1本場

亜樹が7巡目にピンフイーペーコーの先制リーチ。これを一発で赤5mをツモアガって3000-6000。トップが亜樹に変わる。

東3局

親の黒沢がカン4mの三暗刻でテンパイ。一手変わりの四暗刻などを見てダマテンに。すると魚谷がドラの白をポンしてマンズのホンイツをテンパイ。

魚谷が33445667mから4mを打って5-8mに構え、黒沢に放銃かと思われたが、なんと6mを打って34m待ちに構えて放銃回避。おそらく小林の仕掛けを警戒しての打牌であろう。

2人が4mを引き合う勝負となったが、これを黒沢が制する。2600オールをツモって連荘。

東3局1本場

小林が3-6p待ちで先制リーチ。親番の黒沢、8p→6pと払っていく途中でのリーチとなり、6pを一発で打ってしまうかと思われたが、きっちり現物を抜いてオリ。

すると魚谷が追っかけリーチ。これに小林が放銃して3900。トップ目の黒沢としてはラッキーな展開に。

東4局

亜樹が246pのリャンカンから6p切ってモロ引っかけの6巡目先制リーチ。これをあっさりツモって1000-200でトップ目に立ち、南入した。

南場の展開

南1局

親番の亜樹が7巡目に先制リ-チ。ラス目の魚谷が追っかけリーチに行くが、亜樹が競り勝ち4000オール。一気にリードを奪う。

南1局1本場

連荘した亜樹が今度は白ポンからトイトイのテンパイを入れる。これを終盤ツモアガり。ツモったことで三暗刻がつき、2局連続の4000オール。かなりトップが見えてきた。

南1局2本場

ラス目の魚谷が南暗刻の赤ドラの手をダマテンに。これを亜樹から直撃し5200。亜樹の親が流れた。

南2局

魚谷が2枚目の発をポンして5-8sテンパイ。亜樹は南暗刻+イーペーコーの赤5s単騎で仮テン。変化によってはこの赤5sが出るところだったが、小林が8sを掴んで放銃。魚谷が3900のアガり。

南3局・南3局1本場

南3局は最終盤に親の黒沢がリーチするがアガりは出ず。黒沢と亜樹の2人テンパイで流局。

南3局1本場、黒沢がアンカンからドラを増やしての5巡目先制リーチ。これをツモって3200オールのアガり。一気に亜樹に近づく。

南3局2本場

小林が白ポンからソーズのホンイツに向かう。カン5sテンパイとなり、赤5sをツモって小林が2000-4000のアガり。これで小林が3着に浮上。

南4局

2着目の黒沢が発暗刻のカン6sをダマテンに。これを魚谷からアガって2着をキープ。亜樹が5万点超えのトップを獲得した。

第2試合の最終順位

1位:二階堂亜樹 53800(+73.8)
2位:黒沢咲        30400(+10.4)
3位:小林剛           8100(-31.9)
4位:魚谷侑未       7700(-52.3)

2試合の合計ポイント

EX風林火山                      +54.6
セガサミーフェニックス -40.6
TEAM雷電                        +63.1
U-NEXTパイレーツ           -77.1

チーム順位

1位:KADOKAWAサクラナイツ    +264.1pts 
2位:U-NEXTパイレーツ                 +227.6pts
3位:EX風林火山        +192.3pts
4位:渋谷ABEMAS                           +152.3pts
5位:セガサミーフェニックス        +50.2pts
6位:KONAMI麻雀格闘倶楽部    -30.4pts 
7位:赤坂ドリブンズ            -74.2pts 
8位:TEAM雷電                               -801.9pts

雷電は本田1着、黒沢2着で久々にチームポイントをプラスした。これを手がかりになんとか6位争いに絡めるように頑張ってほしい。

1位パイレーツはここ最近ツイていた小林の連投となったが、4着-3着でポイントをマイナス。この結果サクラナイツが首位に躍り出た。

明日の対戦チーム

赤坂ドリブンズ
TEAM雷電
U-NEXTパイレーツ
KADOKAWAサクラナイツ

Mリーガー紹介記事

Mリーガーの紹介記事をまとめています。

Mリーグを見て、興味を持っていただいた方はこちらもぜひご覧いただければと思います。

top3776.hatenablog.com


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!