天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

5月14日(土)19:00より「雀魂北斗戦2022」が開催!

麒麟戦出場者とプロ雀士のチームで行われる交流戦「雀魂北斗戦2022」が5月14日に開催されることが雀魂公式Twitterより発表された。

雀魂は日本だけでなく、英国、中国にもサーバーを有している。

今大会はそれぞれのサーバーにおける麒麟戦出場者による3チームと、プロ雀士による特別チームの計4チームによって争われる。

本年度の麒麟戦については下記のページを参照いただきたい。

麒麟戦出場者ということで、日本サーバーからは以下の4名が大会に出場する。

鴨神にゅう
てんてん。。
ずらまる
raindea

また、プロ雀士チームの出場者は以下の4名。いずれも雀魂の最高位である魂天を獲得している実力者だ。

渋川難波
木原浩一
細谷拓真
中神翔平

他2チームの出場者については未だ発表がないため、分かり次第情報を追加する予定。

チーム1人につき1半荘、計4半荘を戦い、合計ポイントの大会チームが優勝となる。
大会ルールは以下の通り。

・30000点持ち、35000返し
・赤あり
・トビなし
・オーラス親はトップの場合、自動でアガりやめ、テンパイやめはなし。同点は追いつき優先。
・場所決めと親決めはゲーム側にて決定

優勝チームには1年間有効な称号とトロフィーが賞品として授与される。

実況・解説は麻雀VTuberの咲乃もこと、麻雀プロ初の魂天である綱川隆晃が務める。

麻雀の世界大会は中々開かれることがないため、今回のような交流戦は面白い試みであるといえる。

個人的には英国や中国の麻雀プレイヤーがどのような麻雀を打つかにも注目したいと思う。

北斗戦の試合結果はこちら。

▼北斗杯配信はこちら▼

 


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!