t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

麻雀最強戦2022「男子プロ理詰めの極致」試合結果

2022年6月19日、麻雀最強戦2022「男子プロ理詰めの極致」が開催された。その試合の過程、および結果について本記事でお届けする。

基本ルール

A,B卓でそれぞれ東南半荘戦1回勝負で上位2名が勝ち抜け。その後、勝ち抜けた4名で決勝を行い、トップがファイナル進出。

・喰いタンあり、後付けあり
・赤なし、一発裏ドラあり
・カンドラカン裏あり
・トビなし
・ラス親のアガり止め、テンパイ止めなし

A卓メンバー

東家:朝倉康心
南家:園田賢
西家:村上淳
北家:鈴木たろう

A卓の展開

東場の展開

東1局、親の朝倉が1人テンパイで流局。

東1局1本場、村上がドラドラでタンヤオの仕掛け。だが発を仕掛けていた朝倉が園田からアガって1500でさらに連荘。

東1局2本場、園田がドラの中を重ねて自風の南と中のダブルバックで仕掛ける。

この手をテンパイを取りにいったたろうから打ち取り3900。

東2局、親の園田にダブ東暗刻の配牌。これを3巡目にリーチしそのまま6巡目にあっさりツモ4000オールで一歩抜け出す。

東2局1本場、園田がドラ色のマンズのホンイツで仕掛け。3-6mで先制テンパイ。

そこに速度を合わせて村上もタンヤオで仕掛ける。だが園田がそのままツモアガり。2600オールで大きなリードを作る。

東2局2本場、村上が9p単騎のチートイツで先制リーチ。これに3者が回ることになる。この間に村上が9pツモ。1600-3200のアガり。

東3局、朝倉は喰いタンの仕掛け。だが村上が北7sのシャンポンで先制リーチ。

さらにたろうがそこに6-9mで追っかけリーチ。このリーチに村上が6mを一発で掴む。三色がついて12000のアガり。

東4局、親のたろうが西と8sのシャンポンで先制リーチ。西が2枚切れだが場況の良さそうな8sに賭けた。

ここにラス目の村上が追いついて3-6pでリーチ。2人のめくり合いはたろうの勝ち。8sツモで2000オールのアガり。

東4局1本場、朝倉はソーズのホンイツ一直線。だがたろうが先にテンパイ。3-6sで一旦ダマ。

ここに村上がカン4sでリーチ。たろうはしばらくテンパイを維持していたがドラまたぎの8pを引いてオリ。

ここは村上が4sをツモアガり2000-4000。村上が3着に上がり南入した。現状の点棒状況が下記。

園田賢   40300
鈴木たろう 26900
村上淳   16600
朝倉康心  16200

南場の展開

南1局、親の朝倉がキツいところを次々引き入れ6000オールが見えるのイーシャンテン。

たろうはマンズのホンイツで仕掛け。園田は中バックで仕掛け。朝倉にプレッシャーをかける。

だが朝倉がきっちり仕上げて5-8pで先制リーチ。さらにたろうが6-9mでテンパイし1mプッシュ。

そこに村上も3-6mで追っかけリーチ。これを朝倉が一発で掴み、村上に3900放銃。

南2局、親の園田はブラフで遠いホンイツの仕掛け。だが村上がドラのカン7sで先制リーチ。

しかし、ここはアガりは出ず。村上の1人テンパイで流局。

南3局1本場、村上が東を1枚スルー。中盤に2枚目を鳴いて1m5pのテンパイ。

そこから3-6pに変化。これを園田からアガって1500。

南3局2本場、園田がピンフの役あり1-4-7sでテンパイ。これをダマると村上からあっさり1sを捉える。2000のアガり。

南4局、園田が8pポンから強気に終わらせに行く。この園田の仕掛けを見てたろうは差し込みに向かう。しかし、園田はまだまだ遠い。

村上は形テンを見つつ、朝倉のリーチ後にアガることを考えての仕掛け。そして園田が4s3mのタンヤオでテンパイ。

村上は完全に形テン狙い。たろうはなんとかカン6mでテンパイ。三色で役もついた。

この6mを村上が掴むがたろうはアガらず。チーして9pを切り、園田のアガりを狙う。

だがそうこうしているうちに朝倉がラス牌の5sを引き入れてツモれば逆転のリーチ。

しかし、園田がツモアガり。300-500で園田が1着、たろうがきっちり2着を維持した。

A卓結果

1位:園田賢   42200
2位:鈴木たろう 25400
3位:村上淳   23400
4位:朝倉康心    9000

B卓メンバー

東家:茨城啓太
南家:山田独歩
西家:石川遼
北家:齋藤豪

B卓の展開

東場の展開

東1局、独歩がソーズのホンイツを見ながらの仕掛け。石川がイーペーコードラ2の5200をテンパイしダマ。

独歩は中単騎のテンパイ。さらに6-9sに変化。石川は7s、8sと押し。

斎藤も5-8pでテンパイしダマ。さらに親の茨城はカン7mでリーチ。

ここは石川が5-8p変化からツモアガって2000-4000。まずは一歩リード。

東2局、親の独歩がドラ2のカン4sで先制リーチ。ここに茨城が押し返していき、チーテンの5m単騎。

これを独歩からアガり1000点。独歩の勝負手を潰した。

東3局、親の石川が1-4mで先制リーチ。これに茨城、斎藤はオリ。独歩は一通のイーシャンテンで押していく。

独歩はドラ3pを掴んでいよいよオリ。そのまま石川が1mをツモって2600オール。これはかなり大きなアガりだ。

東3局1本場、親の石川が中をポンしてカン8pで先制テンパイ。

そこに独歩が発単騎のチートイツでリーチ。これを最後のツモ番で見事ツモアガり。1600-3200のアガり。

東4局、独歩が2巡目で国士のイーシャンテン。そして7巡目に東待ちのテンパイ。

そこに茨城が9sが余ったのを見て、東を持ってられないと考え、2枚切れの東を打ってしまい32000。

茨城の状況が相当悪くなった。下記の点棒状況で南入。

山田独歩 57100
石川遼  38500
齋藤豪  18700
茨城啓太  -14300

南場の展開

南1局、親の茨城が4-7sで先制リーチ。独歩が現物を切りつつ5m単騎のチートイツでテンパイ。

独歩はション牌の東を引いてオリ。ここは茨城が7sをツモって裏1枚。4000オールのアガり。

南1局1本場、またも茨城が先制リーチ。カン3s待ち。終盤粘っていた齋藤が3-6mで追っかけ。

さらにトップ目の独歩までもが69s南の3面待ちでリーチ。3者のめくり合いとなったがここはアガりは出ず。茨城、独歩、齋藤の3人テンパイで流局。

南1局2本場、石川が白中仕掛けて2-5pでテンパイ。齋藤はカン3sでリーチ。

さらに独歩もイーペーコーの3m単騎でテンパイ。3人のめくり合いは石川に軍配。

齋藤から3900ロンに加えて、供託も回収。独歩と石川の勝ち抜けがかなり見えてきた。

南2局、茨城が4-7pで先制リーチ。ラス牌のドラの4pをツモりあげて2000-4000。ここからハネ満2回をアガればまだ2着がある。

南3局、齋藤がカン6mでテンパイ。打点を見て一旦ダマテン。そしてカン4mのイーペーコーに変化してリーチ。

これをツモって2000-4000。2着目の石川と12000点詰める。

南4局、齋藤は一通と三色の両天秤のイーシャンテン。だが独歩が中を切って役なしカン8pでテンパイ。

独歩は発を引いて万が一の国士放銃を見てオリ。齋藤は形テンを見て打っていくが、テンパイが入らない。

齋藤は最後のツモ番でギリギリテンパイを入れる。齋藤と石川の2人テンパイで流局。

南4局1本場、齋藤の手牌にドラの発トイツ。これを5m発のシャンポンで先制リーチ。なんとこのシャンポンが山に4枚。

しかしこれはツモれず。茨城と齋藤の2人テンパイで流局。

南4局2本場、独歩が喰いタンで終わらせにかかる。石川も中バックで仕掛ける。

するとこの仕掛けを見て独歩がアシストに回る。さらに齋藤は速度を合わせて仕掛ける。

独歩は4-7pテンパイ。石川も中バックテンパイ。さらに齋藤も3-6sでテンパイ。

ここはアガりは出ず。独歩、石川、齋藤の3人テンパイで流局。

南4局3本場、親の齋藤が配牌でくっつきのイーシャンテン。そのまま3巡目には2-5-8sで先制リーチ。

石川もここは片アガりの三色でテンパイ。2pならアガり。2人のめくり合い、齋藤に軍配。2600オールツモで一気に石川と並び。

南4局4本場、またも齋藤の手が良い。齋藤が3-6mで先制リーチ。石川も攻めざるを得ない。喰いタンで仕掛けていく。

石川はなんと6mを重ねて2-5pでテンパイ。2人全ツッパでめくり合い。

このめくり合い、石川の勝ち。独歩から2pが出てのロンアガり。石川がギリギリ2着を守り切った。

B卓結果

1位:山田独歩 42200
2位:石川遼  35300
3位:齋藤豪  26900
4位:茨城啓太 -4400

決勝メンバー

東家:山田独歩
南家:石川遼
西家:園田賢
北家:鈴木たろう

決勝の展開

東場の展開

東1局、親の独歩が4-7mで先制リーチ。そこに園田も4-7pで追っかけリーチ。

ここは独歩に軍配。園田が独歩に2900放銃。

東1局1本場、園田がソーズのホンイツで仕掛け。3副露でもまだテンパイではないという仕掛け。

結局、園田はテンパイせず。独歩の一人テンパイで流局した。

東1局2本場、独歩が西をアンカン。石川は白ポンから躱し手。だがたろうが3-6sで先制リーチ。

ここに親の独歩が押していき8000放銃。たろうがトップ目に立つ。

東2局、たろうがペン3mチー、中ポンと仕掛けていく。だが園田が8m2pのシャンポンでリーチ。ここは園田のツモアガり。2000-4000のツモ。

東3局、石川がドラを切っての先制リーチ。これに親の園田が反応。鳴いて5-8sのテンパイを入れる。

さらに独歩も3-6pで追っかけリーチ。3者のめくり合いは引き分け。独歩、石川、園田の3人テンパイで流局。

東3局1本場、たろうが発をポンしてカン2sテンパイ。園田も仕掛けてタンヤオでテンパイを入れる。

その後、テンパイ形に変化はあったもののアガりは出ず。たろうと園田の2人テンパイで流局。

東3局2本場、たろうが2-5-8mで先制リーチ。これを一発でツモって裏裏。3000-6000に供託を加えて一気に均衡を破った。

東4局、独歩が5-8sで先制リーチ。そこに親のたろう、石川の2人が押し返していく。

粘っていた園田がテンパイを入れてカン4mで追っかけリーチ。

このリーチで石川はオリ。たろうはイーシャンテンでまだ攻める。だがこの局アガりは出ず。独歩と園田の2人テンパイで流局。下記の点数状況で南入。

鈴木たろう 42200
園田賢   25800
山田独歩  16200
石川遼   13800

南場の展開

南1局1本場、園田がトイトイを狙っての仕掛け。しかし親の独歩が発をポンして3-6m先制テンパイ。

さらに石川がドラを重ねての3-6mでリーチ。3-6mの引き合いは石川の勝ち。2000-4000のツモアガりで石川が戦線復帰。

南2局、たろうがマンズのホンイツで仕掛け。独歩は打点を求めてドラの白単騎でリーチ。

その後、たろうはカン5mでテンパイ。親の石川は行きたい局面だが、3mと白を打ち切れないということでオリ。

たろうも5sを引き、4mを切って一旦回るが4m引き直して今度は5sプッシュ。テンパイを取りにいった。

するとこの5sを石川がポン。これでたろうにハイテイが回り、なんとこのハイテイツモが白!これでたろうはオリて、独歩の1人テンパイで流局。

南3局1本場、なんとたろうの配牌に白暗刻。カン7sでテンパイしダマテン。

独歩が終盤2-5pでリーチ。さらに親の園田もカン8pで追っかけリーチ。これでたろうはオリ。

だがたろうが7sを引き直して6m9mで再度テンパイ。そこからさらに6sを引いてオリ。独歩と園田の2人テンパイで流局。

南3局2本場、独歩はカン7sテンパイからテンパイを外して打点を見る。

その間に園田が3-6mで先制リーチ。ここにテンパイした独歩が放銃。2000点だが供託の回収が大きいアガりとなった。

南3局3本場、たろうが発をポンしてアガりに向かう。だが独歩が3-6-9mで先制リーチ。

これをそのままツモって2000-4000。たろう以外の全員に現実的な条件が残るオーラスを迎える。

園田:マンガンツモ条件
独歩:ハネマンツモ条件
石川:ハネマンツモ条件

南4局、たろうは守備的な打ち回し。6巡目あたりでもうオリに回る。園田と石川はチートイツに向かう。

独歩は一通と三色の両天秤。園田がトイトイに向かい、5s南のシャンポンでテンパイ。園田がツモならマンガンで逆転。

5sは独歩に流れてしまい、園田の逆転の条件がなくなる。そこで石川が4sを重ねてチートイドラドラのテンパイ。9m単騎でリーチ。

ツモれば石川の逆転トップ。独歩も一発ツモ裏裏にかけてリーチ。しかしここで石川が9mをツモ。

3000-6000のアガりで石川が大逆転勝利となった。

決勝結果

1位:石川遼   32300
2位:鈴木たろう 29300
3位:園田賢   21500
4位:山田独歩  16900

石川遼、最強戦ファイナル進出!

前回以前の結果

ファイナル出場決定者については以下のページを参照いただきたい。

次回の最強戦

麻雀最強戦2022「タイトルホルダー頂上決戦」が6月25日に開催。出場者については下記のページを参照。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事