天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

麻雀最強戦2022「男子プロ理詰めの極致」、「すずめクレイジー」石川遼が大逆転で最強戦ファイナル進出!

本日6月19日、麻雀最強戦2022「男子プロ理詰めの極致」が開催された。詳細な試合結果は下記を参照。

今回の予選は過去に天鳳位を獲得したことのある麻雀プロや、デジタルな思考に定評のあるプロが一堂に会した戦いとなった。メンバーは以下の通り。

A卓メンバー

東家:朝倉康心
南家:園田賢
西家:村上淳
北家:鈴木たろう

B卓メンバー

東家:茨城啓太
南家:山田独歩
西家:石川遼
北家:齋藤豪

A卓では東場で園田が抜け出す展開。残り3者で2位抜けを争う展開となったオーラス、親のたろうが1500をアガらず、園田にアガらせにいく「ゼウスの選択」を見せる。

これが功を奏し、園田のツモアガりで決着。見事たろうが2着に入り、園田と勝ち抜けを決めた。

一方のB卓では独歩の国士無双が飛び出す派手な展開に。放銃した茨城はその時点でかなり苦しくなり、石川と齋藤の戦いとなった。

東場の時点では石川が大きくリードしており、余裕の勝ち抜けかに思われたが、齋藤がオーラスの親で驚異の粘りを見せ、後ひとアガりまで迫る。

だがここで石川も親のリーチに押し返していき、齋藤との3-6m同テンの引き合いを制し、見事2着を確定。独歩と共に勝ち抜けを決めた。決勝の席順は以下の通り。

決勝メンバー

東家:山田独歩
南家:石川遼
西家:園田賢
北家:鈴木たろう

決勝はトップしか意味がない戦い。全員が終盤まで粘るため、かなりのロングゲームとなる。

東場ではたろうが8000を独歩からロンと3000-6000のツモアガりでトップ目。2着には2000-4000をツモった園田が入った。東場終了時点ではこの点数状況。

鈴木たろう 42200
園田賢   25800
山田独歩  16200
石川遼   13800

たろうがかなり有利な状況ではあったが、なんとか他3者も粘っていき、オーラスに全員条件が残った。園田はマンガンツモ条件、独歩と石川はハネマンツモ条件でオーラス。

たろうは流局にかけて守備的な打ち回し。園田はトイトイで仕掛けてツモれば逆転のテンパイもアガり牌が山になくなる。

しかし、石川がドラを重ねてのチートイツでリーチ。ツモれば逆転トップのこの手、見事にツモアガってみせ3000-6000。ラス目からトップへの大逆転で最強戦ファイナル進出を決めた!

決勝結果

1位:石川遼   32300
2位:鈴木たろう 29300
3位:園田賢   21500
4位:山田独歩  16900

前回以前の結果

ファイナル出場決定者については以下のページを参照いただきたい。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!