天鳳6段t-yokoの麻雀ブログ

天鳳6段のt-yokoが麻雀の情報を発信しているブログです。Mリーグや神域リーグなどの記事を掲載していますのでぜひご覧ください。読者登録、twitterフォローお願いします。

麻雀最強戦2022「タイトルホルダー頂上決戦」試合結果

2022年6月25日、麻雀最強戦2022「タイトルホルダー頂上決戦」が開催された。その試合の過程、および結果について本記事でお届けする。

基本ルール

A,B卓でそれぞれ東南半荘戦1回勝負で上位2名が勝ち抜け。その後、勝ち抜けた4名で決勝を行い、トップがファイナル進出。

・喰いタンあり、後付けあり
・赤なし、一発裏ドラあり
・カンドラカン裏あり
・トビなし
・ラス親のアガり止め、テンパイ止めなし

A卓メンバー

東家:小林剛
南家:鈴木優
西家:佐々木寿人
北家:渋川難波

A卓の展開

東場の展開

東1局、鈴木がトイトイなどを見た4mポンから仕掛ける。渋川はピンズのホンイツ。だが寿人がカン3sのリーチのみで先制。

他3者を降ろして、これをそのままツモアガり。1000-2000のアガりとなった。

東2局、渋川が今度はマンズのホンイツで仕掛け。寿人はまたも3-6pで先制リーチ。渋川もカン2mでテンパイするが、寿人があっさり6pをツモ。2000-4000のアガり。

東3局、渋川はソーズのホンイツ。小林は中盤6pをポンして形式テンパイを取る。鈴木はカン4mでリーチ。ここはアガりは出ず、鈴木の1人テンパイで流局。

東4局1本場、親の渋川は789三色の仕掛け。小林も手牌に中暗刻で4sポンから6-9mのテンパイ。ここは小林がツモアガり。400-700のアガり。

南場の展開

南1局、トップ目の寿人が3-6sで先制リーチ。3者は粘るもこれをツモって1300-2600。大きなアガりとなった。

南2局、渋川が東ポンからピンズのホンイツへ向かう。だが寿人が西7sのシャンポンで先制リーチ。寿人の強気が前面に出たリーチだ。これをそのままツモって1300-2600。

南3局、小林が4sポンから喰いタンの仕掛け。鈴木がドラを引き入れてのカン7pで先制リーチ。さらに渋川がカン5mで追っかけリーチ。

加えて小林が鳴いてカン5mのテンパイ。この3者のめくり合い、軍配は渋川。2000-4000のアガりで一気に2着目へ抜け出した。

南4局、小林と鈴木はマンガンツモで2着。小林はチンイツ、鈴木はドラを使ってのリーチを狙う。

寿人はハネ満振込んでもOKなので普通にアガりを目指す。2-5pのピンフでテンパイを入れる。

鈴木は245mか67s待ちの選択。67sでリーチ。しかしここは寿人のツモアガり。700-1300で寿人がトップ、渋川が2位となった。

A卓結果

1位:佐々木寿人 45600
2位:渋川難波  25300
3位:小林剛   16200
4位:鈴木優   12900

B卓メンバー

東家:河野高志
南家:奈良圭純
西家:仲林圭
北家:渡辺史哉

B卓の展開

東場の展開

東1局、仲林が2-5-8pで先制リーチ。親の河野もダブ東を鳴いて1m7sのシャンポンテンパイ。2人のめくり合いは河野の勝ち。7sをツモって1000オール。

東1局1本場、奈良が5-8sで先制リーチ。そこに渡辺が3m9sで追っかけリーチ。その宣言牌を河野が鳴いてテンパイを取りに行くが、出たのが8s。3900の放銃となった。

東2局、仲林が3-6mで先制リーチ。そこに今度は奈良が5-8pで追いかけリーチ。ここのめくり合いは奈良に軍配。500-1000のツモで仲林のチャンスを潰す。

東2局1本場、河野がピンズのホンイツ、仲林がマンズのホンイツで仕掛けてめくり合い。仲林が最後に6pを掴み放銃。河野が3900のアガり。

東3局、渡辺がマンズのホンイツで仕掛ける。終盤6m発のシャンポンでテンパイ。だが親の仲林が喰いタンで仕掛けてテンパイ。これをツモって500オールでかわして連荘。

東3局1本場、奈良が5-8s西のテンパイも西が2枚切れでダマ。そこに親の仲林が1-4pで先制リーチ。

奈良がそのままダマでひょっこりツモアガり。700-1300のアガり。

東4局、仲林が白ポンからピンズのホンイツへ向かう。奈良が45mのシャンポンでテンパイしダマ。その後3-6mに変化。

親の渡辺はチートイツヘ向かう。そのうちに河野から3mが出る。イーペーコーがついて奈良に8000放銃となった。奈良が4万点超えのトップ、他3者が並びで南入した。

南場の展開

南1局、終盤に仲林が5-8pで先制リーチ。これをそのままツモって1300-2600。仲林が2着目に浮上。

南2局、奈良が受けながらメンホンのテンパイを入れる。これに河野が放銃してしまい12000。河野はかなり苦しくなった。

南2局1本場、河野が6-9mで先制リーチ。しかしここはアガりは出ず。河野の1人テンパイで流局。

南3局、渡辺がタンヤオで親を流しにかかる。ラス目の河野はドラのカン6mで先制リーチ。渡辺も5-8mでテンパイし2人のめくり合い。

渡辺は7pを掴んでオリ。河野はラス牌の6mをツモって1000-2000。

南4局、河野は発をアンカンしホンイツへ。6-9pで先制テンパイ。ここに渡辺もカン7pでテンパイしダマテン。

ここは河野が6pをツモって2000-4000。河野がラス目から一気の大逆転を決めた。

B卓結果

1位:奈良圭純 50500
2位:河野高志 20900
3位:仲林圭  16200
4位:渡辺史哉 12400

決勝メンバー

東家:奈良圭純
南家:河野高志
西家:佐々木寿人
北家:渋川難波

決勝の展開

東場の展開

東1局、中々テンパイが入らないものの終盤に河野が5-8mで先制リーチ。渋川が上手くテンパイを入れて河野と渋川の2人テンパイで流局。

東2局1本場、奈良が5m9pのシャンポンで先制リーチ。これをあっさりツモると裏裏を乗せて3000-6000。これで一歩リード。

東3局、河野が発バックの仕掛け。渋川は形テンを取る。奈良もなんとかテンパイを入れるが、間違えてノーテン宣言してしまい、渋川の1人テンパイとなった。

東4局1本場、河野がソーズのホンイツで仕掛け。だが親の渋川が2巡目に1-4mで先制リーチ。このリーチに3者がベタオリするも渋川アガれず。1人テンパイで流局。

東4局2本場、渋川はピンズの染め手。奈良はその仕掛けに回ってチートイツに向かう。河野はドラの8pを入れて勝負手。

寿人もイーシャンテンからテンパイせず。全員ノーテンでの流局となった。点数状況は以下の通り。

奈良圭純  34800
渋川難波  28400
佐々木寿人 18400
河野高志  17400

南場の展開

南1局3本場、渋川は南ポンからかわしに行く。6-9mでテンパイ一番乗り。寿人も三色で仕掛けて4-7mでテンパイ。ここは河野が9mを掴んで放銃。渋川が1000点のアガり。

南2局、親番の河野が2m単騎のチートイツで先制リーチ。ここにドラ3だった寿人が放銃。4800のアガり。

南2局1本場、寿人がダブ南のトイツを持ってホンイツの仕掛け。だが渋川が14758pの5面待ちで先制リーチ。

さらに河野がカン4mで追っかけリーチ。だがここは渋川の勝ち。河野から2600を打ち取る。

南3局、奈良はドラ2だが白をワンスルー。守備も考える。すると親の寿人が3-6p先制リーチ。

終盤渋川が粘って仕掛けて3s8pでテンパイを入れる。しかし、寿人がツモアガり。2000オール。

南3局1本場、奈良はソーズのホンイツ。渋川はチートイツ。ここは渋川が北単騎で先制リーチ。この北が河野から出て3200のアガり。渋川がトップ目でオーラスへ。

南4局、奈良は3900出アガりから。河野は3倍満ツモ、寿人はハネマンツモ条件。ラス親の渋川はノーテンだとまくられる可能性があり、2mポンからアガりに向かう。

奈良は4sの片アガりの3900テンパイ。渋川はテンパイを入れられず。河野がテンパイとなったため、テンパイ宣言。これで渋川がトップで終了となった。

最終局の詳細な状況については下記の記事を参照。

 

決勝結果

1位:渋川難波  35200
2位:奈良圭純  34300
3位:佐々木寿人 18100
4位:河野高志  12400

渋川難波、最強戦ファイナル進出!

前回以前の結果

ファイナル出場決定者については以下のページを参照いただきたい。

次回の最強戦

麻雀最強戦2022「タイトルホルダー頂上決戦」が7月17日に開催。出場者については下記のページを参照。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!