t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

第2回AKracing杯決勝戦試合結果 白鳥翔プロが優勝!

日本プロ麻雀連盟主催「AKracing杯」の第2回大会が9月1日より開催されている。本記事では9月23日開催の決勝戦試合結果についてまとめていく。

AKracing杯の大会概要、他出場者の情報などについては下記の記事を参照いただきたい。

YouTube配信

出場者

白鳥翔
和久津晶
伊達朱里紗
日吉辰哉

試合結果

1回戦

席順

東家:白鳥翔
南家:伊達朱里紗
西家:日吉辰哉
北家:和久津晶

東場の展開

東1局、日吉が2s中のシャンポンで先制リーチ。そこに親の白鳥が2-5sで追いついてリーチ。伊達は8s単騎の役なしテンパイで一旦ダマるも5mを引いてオリ。

白鳥と日吉のめくり合い、ここはアガり出ず。2人テンパイでの流局となった。

東1局1本場、和久津が東ポンからトイトイを狙う。伊達が3sチーから南バックの仕掛け。和久津は結局4-7mの両面テンパイに取る。

伊達も南バックでテンパイ。2人のめくりあいは和久津に軍配。伊達が和久津に1000放銃となった。

東2局、親の伊達が発ポンから仕掛け。マンズのホンイツへ向かう。日吉はチートイドラドラの白単騎でテンパイしダマテン。さらに伊達もダブ東をポンして3m6mのシャンポンテンパイ。

さらに白鳥もドラを切りとばして5-8sでリーチ。そこに日吉がツモ切り追っかけリーチ。3者のめくり合い、勝ったのは白鳥。日吉が赤5sを掴んで8000放銃となった。

東3局、和久津が自風の南ポンから発進。マンズのホンイツへ向かう。伊達は7p単騎でテンパイし一旦ダマ。白鳥は白と三色バックの仕掛け。ここは日吉から7pが打たれて伊達がイーペーコーのみ1300のアガりとなった。

東4局、親の和久津はタンヤオトイトイでの仕掛け。さらに4pをアンカンして積極的な姿勢。5m8mのシャンポンで先制テンパイ。伊達は中盤仕掛けてカン8mの一通でかわしに行く。

日吉はドラ単騎の役なしテンパイもダマ。ただ8mを引いてきてオリ。白鳥は終盤仕掛けて6-9mでテンパイ。これにテンパイした日吉が9mを打ってしまい8000放銃。白鳥トップ目で南入した。

南場の展開

南1局、伊達が1mポンからマンズのホンイツで仕掛ける。白鳥は白をポンして速度を合わせる。伊達はペン7mで先制テンパイ。ただ白鳥は伊達からマンズが余ったことでヤメ気味。

そこに和久津がカン8mでテンパイしリーチ。さらに白鳥も4-7mでテンパイ。3者のめくり合いもここはアガり出ず。白鳥が最終巡目で6mを打てず。和久津と伊達の2人テンパイで流局。

南2局1本場、親の伊達が6-9mで5巡目先制リーチ。これにマンガンをテンパイした白鳥から6mが出る。裏2枚の12000で伊達が一気にトップ目に立つ。

南2局2本場、白鳥が自風の北ポンから仕掛け。日吉が発を暗刻にしてツモり三暗刻の1s西シャンポンで先制リーチ。ここは和久津から西が出て3200のアガりとなった。

南3局、和久津が1-4mで先制リーチ。白鳥が赤5sを切りとばして2-5mで追っかけリーチ。日吉と伊達は場にション牌の南を引いてオリ。白鳥と和久津のめくり合いは白鳥に軍配。白鳥が和久津から3900のアガり。

南4局、白鳥は発ポン、伊達はカン6pから西バックでアガりに向かう。2回戦の北家を巡った立ち回り。伊達は8s単騎のテンパイ。そこから69pノベタンに変化。

白鳥も3-6mでテンパイを入れる。ここは日吉から3mが出て白鳥が2000のアガり。白鳥がトップで終了した。

1回戦結果

1着:白鳥翔   44600
2着:伊達朱里紗 43300
3着:和久津晶  23600
4着:日吉辰哉    8500

2回戦

席順

東家:伊達朱里紗
南家:和久津晶
西家:日吉辰哉
北家:白鳥翔

東場の展開

東1局、日吉が5sポンからソーズのホンイツ。そこから西もポンして1-4sテンパイ。しかし和久津はソーズを切りとばしてピンズのホンイツへ向かう。

親の伊達がそこに2-5mでリーチ。その直後、日吉が4sをツモって2000-4000。

東2局、伊達が中ポンから仕掛け。白鳥は発を手牌に暗刻で3sチーから3-6sで先制テンパイ。これに親の和久津が放銃し2000。

東3局、親の日吉が発ポン。白鳥は6-9mの役ありでテンパイしダマ。日吉はダブ東が鳴けず、しぶしぶ5-8sテンパイを取る。その仕掛けを見て白鳥がツモ切りリーチ。ここはなんとか日吉がアガりきり500オール。

東3局1本場、和久津にドラ自風の北がトイツ。これが白鳥から鳴ける。だが白鳥が先に4-7sでリーチ。これに和久津が7sを勝負して8000を放銃。

東4局、親の白鳥が5-8sで先制リーチ。そこに和久津がドラを切って8s西のシャンポンで追っかけリーチ。ここはテンパイした日吉から西が打たれる。和久津が8000のアガりとなった。

南場の展開

南1局、日吉が高目一通の4-7sで先制リーチ。ここは日吉が安目の7sをツモって700-1300のアガり。

南2局、親の和久津が7s単騎でテンパイし一旦ダマ。その後西単騎で先制リーチ。これに伊達が回って西を打つ。2000のアガり。

南2局1本場、白鳥が終盤喰いタンで仕掛けてマンガンの3-6mテンパイ。和久津も形式テンパイを取る。結局、白鳥と和久津の2人テンパイで流局。

南2局2本場、和久津が発ポンから仕掛け。伊達はドラドラの手牌で南ポンから仕掛け。さらに白鳥も白をポンしてペン7mテンパイ。和久津は5-8sでテンパイ。ここは和久津がドラの8sをツモって3200オールのアガり。

南2局3本場、白鳥が役ありの4-7pでテンパイしダマテン。これをあっさりツモって1300-2600のアガり。

南3局、終盤に伊達がカン8sでテンパイし先制リーチ。白鳥も5-8sの役ありテンパイを入れてダマ。さらに親の日吉が1-4mでリーチ。白鳥はこのリーチを受けてオリ。伊達と日吉の2人テンパイで流局。

南3局1本場、白鳥が6-9sのダマテンを4巡目に入れる。これを伊達からアガって3900。

南4局、白鳥以外の3人はほとんど役満条件のオーラス。ラス親の白鳥が6-9pでテンパイしダマ。これを伊達からアガって18000。これで3者の条件がほぼ無くなった。

南4局1本場、白鳥はオリ、他3者は国士無双狙い。そして全員ノーテンで流局。白鳥が優勝を決めた!

トータルスコア

1位:白鳥翔   76600
2位:和久津晶  28400
3位:日吉辰哉    8700
4位:伊達朱里紗   6300

白鳥翔プロ、優勝おめでとうございます!

その他タイトル戦の試合結果はこちら


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事