t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

雀魂四象戦2022 -秋の陣- 決勝戦試合結果 激闘を制してかりうさんが優勝!

2022年9月23日、雀魂四象戦2022 -秋の陣- 決勝戦が開催されました。本記事ではその試合結果をまとめていきます。

YouTube配信

出場者

やんぐa
治朗
吉澤嘉代子推し
かりう

大会ルール

半荘3回戦を行い、最も合計スコアの高かったものが優勝となる。競技的なルールは雀魂段位戦のルールに則る。

・30000点持ち30000点返し
・喰いタン、後付けあり
・赤アリ
・ウマ5-15
・トビなし
・アガりやめ、テンパイやめなし

試合結果

一回戦

席順

東家:吉澤嘉代子推し
南家:やんぐa
西家:治朗
北家:かりう

試合展開

東1局はかりうが1300-2600ツモで開局。東2局は吉澤嘉代子推しが1300-2600ツモ。そこそこの打点で局が進む。東4局、吉澤嘉代子推しがホンイツで仕掛けてアガりきり、2000-3900をツモアガり。一歩リードしてトップ目で南入した。

南1局、やんぐaがホンイツトイトイドラ3でテンパイするも、かりうが必死の仕掛けでかわす。流局を挟んで南2局1本場、吉澤嘉代子推しと治朗がめくり合い。ここで吉澤嘉代子推しが競り勝ち、トップ目からさらに7700を加点。

さらに南3局でも吉澤嘉代子推しがやんぐaから8000。南4局も吉澤嘉代子推しが3900をアガり、57700の大トップを獲得した。

一回戦のポイント

吉澤嘉代子推し +42.7
やんぐa     +6.2
治朗      -17.7
かりう     -31.2

二回戦

席順

東家:やんぐa
南家:治朗
西家:吉澤嘉代子推し
北家:かりう

試合展開

東1局、治朗が1000-2000ツモでスタート。東2局ではかりうが赤5mを含めた5mトイツ落としから2000-4000をツモる見事なアガり。

東3局、やんぐa・吉澤嘉代子推し・かりうの3者のめくり合いに発展。ここはやんぐaが吉澤嘉代子推しから8000直撃。さらに南1局では親番を迎えたやんぐaがかりうから18000。5万点を超えたトップ目になった。

南3局では治朗が吉澤嘉代子推しから8000。吉澤嘉代子推しは1回戦の浮きがほとんど吹き飛んだ。最後は吉澤嘉代子推しが治朗から8000。3回戦で全てが決まる平たい状況になった。

二回戦のポイント

やんぐa      +35.0
治朗      +13.5
かりう     -17.4
吉澤嘉代子推し -31.1

二回戦までの合計

吉澤嘉代子推し +11.6
やんぐa      +3.8
治朗      -4.2
かりう     -11.2

三回戦

席順

東家:吉澤嘉代子推し
南家:かりう
西家:やんぐa
北家:治朗

試合展開

東1局、かりうがなんとダブルリーチ。これをツモって2000-3900でトータルトップに躍り出る。さらに東3局1本場ではかりうが吉澤嘉代子推し・治朗とのめくり合いを制し、3000-6000をツモ。一気にリードを広げる。

かりうが5万点超えのトップのまま南場でも局が進んでいく。南3局、ここで誰がアガるかで勝負が決まる超重要な一局。流局で3本場まで繰り返される南3局。最後にアガったのはかりう。1000点に供託3900を合わせた大きな大きなアガり。

南4局、親の治朗はアガり続けるしかない。やんぐaはかりうからマンガン直撃条件。吉澤嘉代子推しはかりうからハネ満直撃条件。

かりうはペン7pの役なしテンパイで一旦ダマ。その後イーペーコーの役ありに変化してダマ続行。これをやんぐaから打ち取って2600。最後はかりうが自力でアガって優勝を決めた!

三回戦のポイント

かりう     +42.7
やんぐa      +7.0
吉澤嘉代子推し -13.0
治朗      -36.7

最終結果

かりう     +31.5
やんぐa      +10.8
吉澤嘉代子推し -1.4
治朗      -40.5

かりうさん、優勝おめでとうございます!

四象戦とは

オンライン麻雀ゲーム「雀魂」内の段位戦において、ランキング上位のみが参加することができる大会。

概ね3ヶ月に一度開催されており、年間4回行われる。夏の朱雀・秋の白虎・冬の玄武・春の青龍と四神をモチーフとした大会となっている。

2020年度大会は上位100名、2021年度大会は上位200名が参加。さらに2022年度より上位500名が参加できるようになっている。

予選は参加者がランダムにマッチングし半荘戦を行う。指定された日程間であれば何度でも打つことができ、連続5戦のポイント上位64名が本戦へ進出する。

本戦では64名によるトーナメント戦を行う。1回戦は64名が4名×16卓に分かれて半荘2回を行う。それぞれの卓で上位2名が2回戦へ進出。

これを32名→16名→8名→4名となるまで行い、最終的に勝ち上がった4名で決勝戦を行う。

決勝では半荘3回戦を行い、最も合計スコアの高かったものが優勝となる。


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事