t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

Mリーグ2022-2023 11月24日 第63試合・第64試合結果 サクラナイツ・渋川が今期2勝目!

本記事ではMリーグ2022-2023レギュラーシーズン・11月24日の第63・64試合の結果をまとめています。

別日の試合結果については、以下のページにまとめてありますのでこちらからご確認ください。

前日までのポイント状況

渋谷ABEMAS                         +419.7
EX風林火山                            +248.5
KONAMI麻雀格闘倶楽部         +66.3
TEAM雷電                                 -45.8
U-NEXTパイレーツ                 -101.5
KADOKAWAサクラナイツ      -134.1
セガサミーフェニックス        -134.8
赤坂ドリブンズ                     -318.3

本日の出場チーム

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM雷電

第1試合の出場選手

東家:松本吉弘(渋谷ABEMAS)
南家:茅森早香(セガサミーフェニックス)
西家:瀬戸熊直樹(TEAM雷電)
北家:内川幸太郎(KADOKAWAサクラナイツ)

全体の展開

東場の展開

東1局、親の松本が4-7pで先制リーチ。そこにチャンス手の内川が押していき、3-6pで追っかけリーチ。しかしリーチの次のツモ番で松本がツモ。4000オールでまずは一歩リード。

東1局1本場、内川が7s単騎のチートイツでテンパイし一旦ダマ。次巡、西単騎に変化して先制リーチ。他3者はこのリーチに回る。瀬戸熊が終盤に5s5pのシャンポンでテンパイしリーチ。ただここはアガりは出ず、瀬戸熊・内川の2人テンパイで流局。

東2局2本場、瀬戸熊が2-5mで5巡目先制リーチ。内川と親の茅森がこのリーチに粘り、茅森がカン7pのテンパイを入れてダマ。ここもアガりは出ず、2局連続の流局。茅森と瀬戸熊の2人テンパイとなった。

東2局3本場、瀬戸熊が3-6pで2局連続の先制リーチ。内川が一発消しでチーしながら粘る。内川がワンチャンスになった3pを打ち出し瀬戸熊に放銃。瀬戸熊が2900+3000のアガり。

東3局、親の瀬戸熊が三暗刻の2-5mテンパイを入れてダマ。これに茅森が赤5mを打ち出し放銃。瀬戸熊が9600のアガり。

東3局1本場、茅森が中盤過ぎに9mと発のシャンポンで先制リーチ。ここに親の瀬戸熊が終盤4-7pで追っかけ。瀬戸熊がこれをツモって2600オールのアガり。更にリードを広げた。

東3局2本場、内川が6-9sで先制リーチ。同巡松本が3-6mで追っかけリーチ。さらに瀬戸熊が喰いタンで仕掛けて3p単騎のテンパイ。瀬戸熊は次巡に2mを引いてオリ。2人のめくり合いは松本に軍配。1200-2200のアガりで瀬戸熊に迫る。

東4局、茅森がドラ2赤1の手で喰いタンの仕掛け。その仕掛けを見て内川が速度を合わせて発ポンから3-6mでテンパイ。茅森も2副露して5-8pで追いつくも、ここは内川がツモアガり。500オールで連荘に成功。

東4局1本場、内川が終盤に三色確定のカン3pで先制リーチ。しかしこれはアガれず、内川の1人テンパイで流局。

東4局2本場、茅森が東ポンからチャンタの仕掛け。5巡目にはカン8mでテンパイ。これが瀬戸熊からすぐに出て4500のアガり。

南場の展開

南1局、親の松本が白ポンから仕掛け。瀬戸熊が2m単騎のチートイツでテンパイ。その後、地獄の北単騎に待ち変え。さらに河にスジの9s単騎に変化してから先制リーチ。そこに茅森が狙い通り9sを打ち出し3200放銃。

南2局、親の茅森が発をポンしてマンズのホンイツへ向かう。そこに松本がドラのペン7p待ちで先制リーチ。さらに瀬戸熊もチートイツでテンパイしダマ。

瀬戸熊は中盤過ぎに回るが7p単騎で再びテンパイ。さらに茅森が東をポンしてカン2mでテンパイ。しかしここは瀬戸熊・茅森・松本の3人テンパイで流局。

南2局1本場、茅森が東をポンから発進。手牌に白暗刻の瀬戸熊は鳴いて5-8mテンパイを入れてかわしにいく。これを瀬戸熊が目論見通りツモって500-800のアガり。

南3局、松本がカン6sで先制リーチ。これに内川がイーシャンテンから6sを勝負し放銃。松本が5200のアガり。

南4局、茅森はカン4sチーから白バックの仕掛け。アガって3着キープを目指す。茅森は白バックの先制テンパイ。そこに親の内川が4-7sでリーチ。

茅森はション牌の東を掴んでオリ。さらに松本がアガれば逆転のリーチを打つがここは流局。内川と松本の2人テンパイで流局。

南4局1本場、松本が発ポンから仕掛け。瀬戸熊はカン4sの役なしテンパイでダマ。松本もペン7mでテンパイ。茅森も仕掛けて喰いタンでアガりを目指す。

瀬戸熊は赤5sを切って3s単騎のテンパイに受け変え。松本は5sをポンして9m単騎のテンパイ。さらに瀬戸熊は78p待ちのテンパイに変わってリーチ。茅森も2-5sのテンパイとなり3人のめくり合い。

これに勝ったのが松本。500-1000のアガりで松本が瀬戸熊をかわしてトップで終了した。

第1試合の最終順位

1着:松本吉弘  46900(+66.9)
2着:瀬戸熊直樹 42300(+22.3)
3着:茅森早香    5400(-44.6)
3着:内川幸太郎   5400(-44.6)

第2試合の出場選手

東家:萩原聖人(TEAM雷電)
南家:渋川難波(KADOKAWAサクラナイツ)
西家:東城りお(セガサミーフェニックス)
北家:白鳥翔(渋谷ABEMAS)

全体の展開

東場の展開

東1局、白鳥が東ポンから仕掛け。4巡目に5-8pでテンパイするとこれをすぐに東城が掴んで1000点放銃。

東2局、白鳥は国士とチャンタの天秤。白鳥が自風の西ポンから仕掛け。白鳥は終盤南単騎のテンパイ。そこに親の渋川が1-4-7pでリーチ。ここは渋川が4pをツモって1000オール。

東2局1本場、渋川がダブ東ポンから仕掛け。白鳥はカン5pのイーペーコーでテンパイしダマ。そこから5-8pに変化して先制リーチ。

渋川は親満のイーシャンテンで押す。そして渋川も4-7pでテンパイ。2人のめくり合いとなったがここは渋川・白鳥の2人テンパイで流局。

東2局2本場、渋川が発ポンから仕掛け。渋川がカン7pで先制テンパイ。他3者はこの仕掛けを見て丁寧に進める。白鳥が1-4sでリーチにきた。めくり合いとなるが、ここは渋川に軍配。1200オールのアガり。

東2局3本場、渋川がダブ東ポン。しかしイーシャンテンからテンパイに行かない。東城が終盤に4-7mのノベタンでテンパイしダマ。他3者は結局テンパイせず。東城の1人テンパイで流局。

東3局4本場、萩原が3巡目に5-8sで先制リーチ。親の東城が5巡目に追いついてカン4mで追っかけリーチ。2人のめくり合いとなるが制したのは東城。終盤に4mをツモって1400オール+1000のアガり。

東3局5本場、東城が1-4sで先制リーチ。そこにトップ目の渋川が粘ってカン6pでテンパイしダマ。ここはテンパイした萩原から6pが出て渋川のアガり。4100のアガりとなった。

東4局、東城が中盤過ぎ2-5pのテンパイを入れてドラの2mを切ってダマ。2mが鳴かれるかを確認したのだろう。そして次巡にツモ切りリーチを敢行するとこれを一発ツモ。3000-6000で東城がトップ目となり南入。

南場の展開

南1局、親の萩原が4m白のシャンポンで先制リーチ。そこにドラ2赤1の渋川が押していき、2-5pで追っかけリーチ。この2軒リーチは渋川に軍配。萩原から8000ロン+1000のアガりを決めて渋川がトップ目に。

南2局、東城が4巡目に3-6-9pで先制リーチ。これに萩原が放銃し2600のアガり。

南3局、親の東城が3巡目に2-5mで先制リーチ。そこに渋川と萩原が粘る。萩原は喰いタンで仕掛けて3m5mのシャンポンでテンパイ。ここは萩原が2mを掴んで東城に放銃。東城が3900のアガり。

南3局1本場、渋川が9pポンからチャンタと発バックを見た仕掛け。白鳥がカン5mの役なしテンパイでダマ。萩原は5pポンからピンズのホンイツへ。

渋川は14p発のテンパイ。1pと発でアガれる形。白鳥は2人の仕掛けに一旦回って再び1-4pのテンパイを入れる。

白鳥は6pを引いてオリ、萩原はテンパイを入れられず。結局渋川の1人テンパイで流局。

南4局2本場、渋川が自風の西暗刻でカン5mのテンパイでダマ。東城はカン6mの役なしテンパイでダマ。そこに親の白鳥が4-7pでリーチ。

このリーチに渋川と東城はオリ。白鳥の一人旅となり、そのままツモアガり。4000オールのアガりで渋川・東城との点差を詰める。

南4局3本場、東城が1mチーから一通バックの仕掛け。そこに白鳥が6-9sで先制リーチ。さらに渋川がドラを切りとばして4-7mテンパイで勝負。2人のめくり合い、軍配は渋川。白鳥から12000を打ち取り、渋川が5万点超えのトップを獲得した。

第2試合の最終順位

1着:渋川難波 56500(+76.5)
2着:東城りお 40800(+20.8)
3着:白鳥翔  12600(-27.4)
4着:萩原聖人 -9900(-69.9)

チームポイントランキング

渋谷ABEMAS                         +459.2
EX風林火山                            +248.5
KONAMI麻雀格闘倶楽部         +66.3
TEAM雷電                                 -93.4
U-NEXTパイレーツ                 -101.5
KADOKAWAサクラナイツ      -102.2
セガサミーフェニックス        -158.6
赤坂ドリブンズ                     -318.3

試合データ

その他Mリーグの記事はこちら


天鳳6段t-yokoの麻雀ブログでは麻雀に関する記事を毎日更新しています。

この記事が面白いと思っていただけましたら、ぜひフォローをよろしくお願いします!

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事