t-yokoのMリーグ/麻雀タイトル戦速報ブログ

t-yokoが運営する麻雀ブログです。Mリーグや最強戦・その他タイトル戦の記事を掲載していますのでぜひご覧ください。2022年10月、月間12万PV達成。twitterフォローもお願いします。

天鳳5段奮闘記 #143 押したり引いたり

 

7/24結果:1着1回、2着2回、4着1回

 

ラスも引きましたが、久々にトップも取れました。

現状の押し引きだとラスは引かないんですけど、トップも難しいんですよね。

延々と2着が増えそうです。今回は普段より1歩踏み込んでみたのがうまくいきました。

 

ただこれで調子に乗ると放銃マシーンとなるので注意せねば。

 

1半荘目

f:id:cjr14137:20210724200356p:plain

 1半荘目は3放銃で飛んでしまい、勝負が決してしまいました。

唯一避けられそうな放銃がこれだったんですよね。

 

自分の手は白ドラ1のテンパネで3900点。下家のリーチ宣言牌は6sでした。

6sでリーチを打ってきたということは単純な2-5sの可能性は低いです。

ということで2sを打ったわけですが、複合形の変則待ちでしたね。

 

ただ、自分も3900点に供託のリーチ棒合わせて4900点のテンパイですからね。

これは押した方がいいように思います。

 

6sが宣言牌で、ここまで通った牌を見ると、5-8sが本命だと思っていました。

2sじゃなくて8sだったらオリていたと思います。

 

 

2半荘目

東2局

f:id:cjr14137:20210724200512p:plain

ほぼ横並びの点数状況。

自分の手は3面チャン2つのドラドラの手で最高のイーシャンテンです。

しかし、対面からリーチが入っています。

 

このくらい手がいいと、いくらイーシャンテンとはいえテンパイになりやすい、かつ

アガりの価値も高いということで恐れず押した方が得です。

 

 

f:id:cjr14137:20210724200517p:plain

7pも押してテンパイです。対面の河に6pが早いので 7pはそこそこ安全そうです。

 

ただ、ここで迷ったのがリーチを打つかなんですよね。リーチを打たなければ、

リーチの現物である9mが相当拾えそうです。でも3面チャンなら思い切ってリーチを

打ってマンガン、うまくいけばハネマンにするというのも十分ありです。

 

自分はダマにしましたが、リーチした方がちょっと良かったかなと思います。

ラス回避だとダマでもそんなに悪くないですが、大会みたいなトップ取りであれば、

こういう有利そうなめくり合いはきっちりリーチです。

 

 

南2局

f:id:cjr14137:20210724200522p:plain

一応のトップ目ですが、2つ仕掛けて親のリーチに安パイ0。

片スジで通れば3sと合わせて3枚通る6sを連打していきました。

 

こうなることを考えて、白か中のどっちかだけ鳴いて、どっちかを頭として残した方が

良かったですね。1000点を2000点にしてもあんまり状況は変わらないですから。

 

 

 

f:id:cjr14137:20210724200508p:plain

 ただ、コロコロと回しているうちにテンパイしました。

3-6p待ちはリーチに対してはかなり安全なのでオリ打ちを狙えそうです。

 

8mはワンチャンスでしかないので、正直めっちゃ怖いですが、最悪マンガン振っても

すぐにラスに落ちるというわけでもないのでギリギリ押し切りました。オリるとしたら

3sを打って、その後気合いで2sを抜くしかなさそうです。

 

結果、この手をアガりきり2着になりました。

 

3半荘目

東4局

f:id:cjr14137:20210724200651p:plain

 残りツモが2回で5-8pのテンパイを入れました。

もう少し巡目が早ければリーチですが、さすがにこの巡目ではアガりも薄いかと

考えてダマにしました。

 

しかし、今見直すとリーチで良かったかもしれません。自分の目から6p7pが

4枚ずつ見えていて、5-8pの場況は相当いいです。形テン料も欲しいので大体の牌

はオリませんし、それならリーチした方が良かったかな、と思います。

 

ダマにしたおかげで簡単に5pで出アガリできましたが、若干損した気分です。

 

 

 

 

南2局

f:id:cjr14137:20210724200701p:plain

トップ目とは僅差の2着目で迎えた親番。

自分の手はタンヤオ模様で、赤5sが1枚。ドラ受けもあり好形です。

そこに自風の東を持ってきました。

 

これ結構難しいところで、タンヤオを見ているなら6mは相当手牌に置いときたいんで

すよね。ただ、巡目も7巡目になり、東をポンしての2900点のテンパイも悪くないかと

思って東を残しました。

 

ドラの7sとか引いた場合は改めて東を落としてタンヤオドラドラに移行する予定

です。

 

 

 

f:id:cjr14137:20210724200706p:plain

 最終的にはこの形でテンパイ。スジの3mと東のシャンポンなら十分いい待ちです。

即リーチしました。

 

結果、追いかけリーチを打った対面から東が出て7700の大きなアガりとなりました。

 

 

南3局

f:id:cjr14137:20210724200711p:plain

 トップ目での南3局。

自分の手は4pと7mのくっつきのイーシャンテンでしたが、親からリーチ。

そこに赤5pを持ってきてテンパイ。フリテンの3-6-9p待ちです。

 

フリテンなのでリーチしないのは確定ですが、この7mを押してよいものか?

ここは果敢に押してみました。親リーチに対してピンズが結構安全そうで、かつ

この形からならフリテンではない良形のピンズ待ちに変化する可能性も高いです。

 

この形で待つというよりは、この後の変化を見て押しました。

 

 

f:id:cjr14137:20210725084554p:plain

最終的には2pを引き入れて2-5pに変化してのロンアガり。

これでかなりトップになりました。

 

 

 今のところは押したり引いたりうまくいっている感じです。

うっかりした訳の分からん放銃だけ減らして、しっかりテンパイのときは、相手のリー

チにもぶつけていくことを心がけようと思います。

 

 

それでは。

 

 

天鳳民のt-yokoが麻雀のメジャーな情報からニッチな情報までいろいろまとめているブログです。Mリーグ・最強戦・その他タイトル戦など様々な情報をまとめていますので参考になれば幸いです。

Mリーグ

Mリーグの記事については上記のページでリンクをまとめています。Mリーグ2022-2023シーズンの情報もこちらのページから確認できます。

Mリーガー選手紹介

Mリーグを戦う32名のMリーガーについて、雀風やプロ人生をまとめた解説記事を書いています。興味のある方はぜひご覧ください。

Mリーガーランキング

Mリーガーを獲得タイトル数に応じてランキング付け。果たして最強は誰になるのでしょうか?興味のある方はご覧ください。

神域Stremaerリーグ

Mリーグオフシーズンの2022年5月から9月に、Mリーガーと配信者による麻雀のリーグ戦が行われています。神域リーグに関する記事は下記にまとめていますのでこちらを参照ください。

麻雀タイトル戦試合結果

こちらの記事で2022年度に開催されているタイトル戦の試合結果をまとめた記事を一覧にしています。タイトル戦の結果を知りたい方はこちらの記事を参照ください。

麻雀初心者向け記事

麻雀初心者のための記事一覧です。ゲームの進め方や符計算の方法などの記事を掲載しています。

ゲームの進め方

まずは麻雀を始めるにあたって、どのようにゲームを進めればいいのか、というのが一つの壁です。どのような順番でゲームを進めていけばいいのかを一通りまとめた記事になります。

点数計算の仕方

麻雀の新規参入の一つのカベとなっているのが、この「符計算・点数計算」です。麻雀の複雑な符計算や点数計算について1からまとめていますので、覚えるときの参考にしてください。

麻雀ニュース/雀魂ニュース

Mリーグ以外の麻雀界のニュースについては「麻雀ニュース」、ネット麻雀の最大手の一つ「雀魂」のイベント関連のニュースなどは「雀魂ニュース」にまとめています。

天鳳6段奮闘記

ブログの記事を作成しているt-yokoが普段打っている麻雀の反省をまとめた記事が「天鳳6段奮闘記」です。記事の本数が多いので、上のリンクからご覧になってください。

私のいろいろなミスが載っていますから、それをヒントにあなたの麻雀の実力向上にお役に立てていただければと思います。

最新記事